FXのスプレッド「0.3銭」とは?取引スタイルによっての影響度

FX入門
湊

スプレッドって何ですか?

明日香
明日香

FX各社によってスプレッドは違うんですか?

さくら
さくら

いい質問ね!じゃあ今日は、スプレッドのことやFX各社のスプレッドなどについて詳しく紹介するわ!

具体的には、

  • スプレッドとは
  • FX各社のスプレッド比較
  • スプレッドが狭いおすすめのFX会社
  • 原則固定と変動スプレッドの違い
  • 取引スタイルによってのスプレッドの影響度

という流れで詳しく紹介します。

取引スタイルによってスプレッドの影響度は変わってくるため、是非参考としてください。

スプレッドとは?

スプレッドは、売値と買値の差のことです。

例えば、ニュースで為替レートが報じられる際、「現在の外国為替市場は1ドル100円000銭から003銭の間で取引されています。」と表現されます。

これは、1ドルを売る場合の価格が100円000銭で、1ドルを買う場合の価格が100円003銭という意味です。

以下の画像をご覧ください。

外為どっとコムが提供するレートの画面です。

FX各社によって画面のデザインは異なりますが、上記のような画面でスプレッドを確認することができます。

上記の画像の場合、売値(Bid)100.000銭で買値(Ask)100.003銭のため、売値と買値の差は0.003銭となります。

スプレッドは、FX各社によって異なりますが、差が狭いほど利益を出しやすくトレーダーに有利な取引を行うことができます。

FXには、買値と売値という2つの価格があり、その差がスプレッドであるということを覚えておきましょう。

スプレッドと手数料は同じもの

「手数料は0円」とFX各社のホームページでよく見かけるのではありませんか?

確かに取引時の手数料はかかりませんが、その代わりスプレッド分が差し引かれます。

つまり、実質スプレッドが手数料と言えるのです。

手数料が0円だからといってFX会社を選ぶのではなく、スプレッドの狭さを重要視したほうがよりトレーダーに有利な取引を行うことができます。

銭とpipsの違い

スプレッドの単位は、「銭」と「pips」の2種類あります。

ドル円やユーロ円などの外貨/円の場合は「銭」となり、ユーロドルやユーロポンドなどの外貨/外貨の場合は「pips」と表します。

外貨/外貨を取引する際に、セントやポンドなど通貨の単位が違うため、「銭」だと値動きの単位を表現することが難しくなります。

全世界共通の単位として、「pips」を用いることにより、外貨/外貨の場合でも値動きの単位を表現することができるのです。

FX各社のスプレッド比較一覧表

FX会社 ドル円 ユーロ円 ポンド円 ユーロドル
外為どっとコム 0.2銭
原則固定
(例外あり)
0.5銭
原則固定
(例外あり)
1.0銭
原則固定
(例外あり)
0.4銭
原則固定
(例外あり)
GMOクリック証券 0.2銭
原則固定
(例外あり)
0.5銭
原則固定
(例外あり)
1.0銭
原則固定
(例外あり)
0.4銭
原則固定
(例外あり)
DMM.com証券 0.2銭
原則固定
(例外あり)
0.5銭
原則固定
(例外あり)
1.0銭
原則固定
(例外あり)
0.4銭
原則固定
(例外あり)
トレイーダーズ証券
「みんなのFX」
0.1銭
原則固定
(例外あり)
0.4銭
原則固定
(例外あり)
0.8銭
原則固定
(例外あり)
0.3銭
原則固定
(例外あり)
トレイダーズ証券
「LIGHT FX」
0.1銭
原則固定
(例外あり)
0.4銭
原則固定
(例外あり)
0.8銭
原則固定
(例外あり)
0.3銭
原則固定
(例外あり)

その他の通貨ペアのスプレッドやFX会社のスプレッドをさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【2020年最新版】FX会社をスプレッドで比較
2019年最新版のFX会社スプレッド比較表。主要FX会社のスプレッドを一覧で比較!スプレッドはトレーダーにとって実質的なコストとなります。利益を得るためにもスプレッドは狭いFX会社を選びましょう。

スプレッドが狭いおすすめのFX会社5選

スプレッドが狭いおすすめのFX会社は、以下の通りです。

  • 外為どっとコム
  • GMOクリック証券
  • DMM.com証券
  • トレイーダーズ証券「みんなのFX」
  • トレイダーズ証券「LIGHT FX」

FX初心者の方のために、スプレッドが狭いFX会社を厳選しました。

それぞれのFX会社の特徴を詳しく紹介します。

外為どっとコム

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
0.2
(原則固定、例外あり)
無料 1千通貨
通貨ペア数 サポート体制 キャンペーン
30通貨 平日24時間 最大11.1万

Point1初心者に選ばれている会社

初心者はまず外為どっとコムでFXを始める、と言っても良いほど初心者に選ばれている会社です。初心者にうれしいサービスが充実しているため、安心してFXを始めることができます

Point2数千円からFXが可能

最低でも数万円の資金が必要なFX会社もあるなか、外為どっとコムは数千円からFXを始めることが可能です。初心者の方は、いきなり数万円を用意してFXを始めるのに不安もあると思いますが、外為どっとコムであれば数千円からFXが始められるので安心です。

Point3情報量が豊富

「外為どっとコムといえば情報コンテンツ」と言ってもいいほど、外為どっとコムの情報量の豊富さは際立っています
グループ会社に外為どっとコム総研というシンクタンクを設立しているくらい情報に特化している会社です。
FXでは、マーケットで今何が起きているのかを把握することはとても重要なこと。
外為どっとコムでは、最新のニュースに加え、著名なアナリストが発行するレポートも閲覧可能なので、初心者の方は特に参考になる情報が豊富です。

Point4初心者向けコンテンツが豊富

入門コンテンツやオンラインセミナーなどが充実しており、初心者がFXをマスターするためのコンテンツが豊富です。

Point5この先の相場を自動で予想

外為どっとコムで初心者に特に人気の高いサービスに「ぴたんこテクニカル」があります。これは、「どのタイミングで売買すればいいか?」「今後相場は上昇するのか?」などを自動で予測してくれるサービスです。うまくこのサービスを活用すれば、初心者でも直感的にマーケットの方向性を判断することが可能です。

さくら
さくら
業界最大手でキャンペーンも充実してるし、初心者のFXデビューにおすすめの会社よ。
当サイト限定のタイアップキャンペーン開催中!口座開設後に取引を1回するだけで3,000円貰える
明日香
明日香

3,000円で練習します!

学長
学長
口座開設はもちろん無料。
10分程度で完了するぞ。

DMM.com証券

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
0.2
(原則固定)
無料 1万通貨
通貨ペア数 サポート体制 キャンペーン
20通貨 平日24時間 最大2万

Point1FX口座数国内第1位

DMM.com証券はFX口座数が70万口座を突破し、国内第1位となっている会社です。
※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)
同社のFX取引サービス「DMM FX」では、業界最狭水準のスプレッドで低コストで取引できるのはもちろんのこと、FX取引でポイントがたまり、たまったポイントの現金化もできる「取引応援ポイントサービス」でお得に取引できる点が特徴です。

Point2洗練された取引ツール

取引ツールの洗練されたデザインと高い操作性や、PC版にスマホ版、取引をサポートする補助ツールまで、豊富に用意されている点も人気のポイントです。
さらに取引結果をグラフなどでわかりやすく表示してくれる「取引通信簿」の機能も非常に便利で、損益の推移や自分の取引の傾向などが一目でチェックでき、初心者の取引を強力にサポートしてくれます。

Point3業界最狭水準のスプレッド

DMM FXのスプレッドは業界最狭水準となっています。
2019年10月にFX各社が一斉にドル円のスプレッドを0.2銭に狭小化を図りましたが、DMM FXも追随して0.2銭で提供しています。

さくら
さくら
スプレッドも狭く「取引通信簿」はとても役立つ機能と言えるわ。
FX取引でポイントが貯まるのも嬉しいわね。

GMOクリック証券

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
0.2
(原則固定)
無料 1万通貨
通貨ペア数 サポート体制 特典
20通貨 平日24時間 最大3万

Point1年間取引高7年連続世界1位

GMOクリック証券はFXの取引高で7年連続世界第1位(※1)を達成したFX会社です。
同社のFX取引サービス「FXネオ」では、業界最狭水準のスプレッドで低コストで取引ができるほか、スワップポイントも高水準で高金利通貨の取引にもおすすめです。
※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

Point2評価の高い取引ツール

特に人気なのが抜群に使いやすい取引ツールで、GMOグループならではの高い開発力が活かされた高機能な取引ツールで快適かつスピーディーに取引を行うことができます。特に2018年にチャート機能を強化して新たにリリースされたスマホアプリは非常に完成度が高く、一度は使ってみてほしいアプリです。
また、GMOクリック証券はGMOインターネット株式会社のグループ企業であり、運営する会社にしっかりとした信頼性や資金力があることも大きな強みです。

Point3業界最狭水準のスプレッド

スプレッドは業界最狭水準となっています。
2019年10月にFX各社が一斉にドル円のスプレッドを0.2銭に狭小化を図りましたが、GMOクリック証券も追随して0.2銭で提供しています。

さくら
さくら
取引ツールの使いやすさは文句なし。トレーダーに最も支持されているFX会社と言っても良いでしょう。

みんなのFX

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
0.2
(原則固定)
無料 1千通貨
通貨ペア数 サポート体制 キャンペーン
27通貨 平日24時間 最大5万

Point11千通貨から取引が可能

みんなのFXでは、全通貨ペアを1千通貨から取引可能です。そのため、初心者でも幅広い通貨ペアの取引を少額から始めることができます。

Point2業界最狭水準のスプレッド

スプレッドは米ドル/円で0.1銭(原則固定、例外あり)など、業界最狭水準となっています。

さらに毎月最後の金曜日の夜には4時間限定で人気通貨ペアのスプレッドを大幅に縮小するプレミアムフライデー企画も実施しており、さらに低コストで取引することができます。

Point3高水準のスワップポイント

みんなのFXで特に注目すべきなのがスワップポイントの水準の高さです。同社のスワップポイントは全通貨ペアを通して業界トップレベルの高水準となっており、特に高金利通貨のスワップポイントの高さでは他社を圧倒しています。

そのため、高金利通貨の中長期トレードにも興味があるトレーダーには抜群におすすめの会社と言えます。

LIGHT FX

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
0.2
(原則固定)
無料 1千通貨
通貨ペア数 サポート体制 キャンペーン
27通貨 平日24時間 最大5万

Point11千通貨から取引が可能

LIGHT FXはみんなのFXと同じく、トレイダーズ証券が運営するFX取引サービスです。LIGHT FXはより初心者向けのサービスとなっており、全通貨ペアを1千通貨から取引することができます。

Point2業界最狭水準のスプレッド

スプレッドは米ドル/円で0.1銭(原則固定、例外あり)など、業界最狭水準となっています。

Point3高水準のスワップポイント

みんなのFXと同様、LIGHT FXでも非常に高水準のスワップポイントを強みとしており、高金利通貨の中長期トレードにも最適です。

そのほか、初心者安心のサポート体制や使いやすい取引ツールなどが魅力です。

原則固定(例外あり)と変動スプレッドの違いは?

FX各社が提供するスプレッドには、固定と変動の2種類あります。

  • 原則固定(例外あり):スプレッドは原則固定されているが、例外がある場合は変動する
  • 変動スプレッド:常にスプレッドが変動する可能性がある

スプレッドが固定されているほうが、安定したコストで取引を行うことができます。

スプレッドが狭いだけを見るのではなく、固定なのか変動なのかも確認しておきましょう。

原則固定(例外あり)はどんな時に変動するの?

原則固定(例外あり)のスプレッドが変動するときは、主に以下の通りです。

  • 市場の流動性が低下しているとき
  • 経済指標発表前や突発的事象が起きたとき
  • FX会社のカバー先が少ない

市場の流動性が低下している早朝や祝日など、スプレッドの変動が起きやすくなります。

また、経済指標の発表前も変動しやすくなるため、注意が必要です。

スプレッドが変動する理由や対策を以下の記事で詳しく紹介しているため、ぜひ参考としてください。

スプレッドが変動する3つの理由と2つの対策
スプレッドが変動する3つの理由を紹介。スプレッドが変動した時の対策も徹底解説。

【取引スタイル別】スプレッドの影響度

スプレッドが狭いほどトレーダーに有利な取引を行うことができますが、取引スタイルによって影響度が変わってきます。

短期取引になるほど取引回数が多くなるため、スプレッドの影響を受けやすくなるのです。

以下で、取引スタイルによってどれくらいのコストがかかるのかを検証してみます。

スキャルピング

スキャルピングは、1日に何度も取引を行い、1度の取引で数銭から数十銭を抜き取る短期取引です。

例えば、以下の条件で取引を行ったとします。

通貨ペア 証拠金 スプレッド 取引単位 取引回数
ドル円 10,000円 0.3銭 1,000通貨 100回

上記の場合、取引にかかるコストは1日300円になります。

証拠金に対する割合は、3%です。

トレーダーによっては、無視できる数字ではありませんよね。

FX取引は損失を出してしまう場合もあるため、さらにスプレッド分も加算されることになります。

スキャルピングを行う方は、特にスプレッドの狭さを重要としたほうがおすすめです。

スキャルピングについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考としてください。

スキャルピングとは?基礎からメリット・デメリットまで詳しく解説
スキャルピングとは何かを、初心者の方にもわかる安く解説!スキャルピングのメリットやデメリットは?スキャルピングに最適なオススメの会社やその選び方も併せて紹介!

デイトレード

デイトレードは、1回の取引が数分から数時間で行い、1度に約30銭~50銭を狙いに行く取引手法です。

例えば、以下の条件で取引を行ったとします。

通貨ペア 証拠金 スプレッド 取引単位 取引回数
ドル円 10,000円 0.3銭 1,000通貨 5回

上記の場合、取引にかかるコストは1日15円になります。

証拠金に対する割合は、0.15%です。

スキャルピングと比べると、取引コストが大幅に落ちることがわかります。

デイトレードをする際はのスプレッドの影響度は、それほど大きくないといえます。

デイトレードについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考としてください。

デイトレードとは?始める前に知っておきたい基礎知識
デイトレードについて詳しく解説!デイトレードはどんな人におすすめ?やり方のコツは?デイトレード向けのおすすめFX会社も併せて紹介!

スイングトレード

結論からお答えすると、スイングトレードは1週間に数回程度の取引のため、スプレッドの影響力は低いといえます。

スイングトレードの場合は、どちらかというとスワップポイントが重要です。

スワップポイントは、2国間の通貨ペアの金利差のこと。

スワップポイントのことやFX各社のスワップポイントを比較している記事を以下に張り付けておくので、気になる方は是非ご参考としてください。

【2020年最新版】FX会社をスワップポイントで比較
FX会社のスワップポイントを比較します。スワップポイントを狙った中長期投資の場合、より条件が有利な会社を選ぶようにしましょう。

まとめ:スプレッドが狭いFX会社を選ぶのがおすすめ

本記事では、スプレッドのことやFX各社のスプレッドなどについて詳しく紹介しました。

スプレッドは、売値と買値の差のことです。

FX取引では、1回の取引で手数料はかかりませんが、スプレッドがかかります。

手数料0円と記載されていても、スプレッド分が必ずかかるということを覚えておきましょう。

スプレッドが狭くおすすめのFX会社は、以下の記事を参考にしてくれよな!
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
タイトルとURLをコピーしました