【2019年最新版】FX会社をスプレッドで比較

スプレッドで比較 FX会社を比較
さくら
さくら
スプレッドはFX会社によって違いがあるのよ。
FXは取引手数料が無料な会社がほとんどだけど、このスプレッドが実質的なコストとなっているのでトレーダーにとってはとっても重要なの。
明日香
明日香
コストが少ないほうが、利益が出せるってわけよね。
湊
まずはドル円で取引しよう。どこが良いのかな?

スプレッドって何?

FXでは買う時のレートと売る時のレートがそれぞれ異なる2Way方式を採用しています。スプレッドとは、このレートの差のことを言います。殆どの会社が取引手数料を無料としていますが、スプレッドは実質的な手数料(コスト)と言えるのです。
例えば米ドル円のスプレッドは現在だと0.3銭が業界水準ですが、買ポジションを1万通貨保有した場合、保有した時点で0.3銭分のマイナス、つまりマイナス30円から取引は開始されます。(1万通貨を保有した場合、0.1銭で10円の損益、1銭で100円の損益、10戦で千円の損益、100銭=1円で、1万円の損失が計上されます)

その後、レートが0.3銭上昇するとプラスマイナスは0円の状態となり、更に上昇して0.4銭以上レートが値上がりすると、初めて利益が計上される仕組みとなっています。

このように、スプレッドは実質的なトレーダーにとってのコストと言えるため、なるべく狭いFX会社を選ぶことをおすすめします。

各通貨ペアには、業界最狭水準の定義がある

数年前のスプレッドは、今よりもかなり高い水準にありました。例えば米ドル円の場合、現在の主流は0.3銭ですが、2010年頃だと1銭〜2銭で提示している会社も多く存在していました。更に言うと、取引手数料を徴収する会社も普通にありました。

しかしFXがメジャーな金融商品と認知され、サラリーマンを中心にブームが起きたことで、FX会社各社はスプレッドを狭くすることで顧客を集めるようになったのです。

米ドル円で1銭を下回るスプレッドが世に出た時は、FX業界では1つの時代が終わったような雰囲気に包まれました。その後、スプレッドの狭小化は更なる激化を続け、今の0.3銭に落ち着いたのです。

このように、FXのスプレッドは時代によって主流なスプレッドが変化をしています。また、通貨ペアによってもスプレッドは異なります。
そのため、FX会社を選ぶ際は、今のスプレッドはどれくらいが業界水準なのかを把握するようにしましょう。

スプレッドは広がることがある

FX各社のスプレッドの表記を見ると「原則固定(例外あり)」との表記されています。これは、スプレッドは原則は固定だけど、場合によって広がることもあります、ということを意味しています。

スプレッドは時間帯や相場動向によって変化します。例えば、早朝の商い(取引)が薄い時間帯だと、取引しているプレイヤーが少ないため、FX各社ではスプレッドを広げて提示する傾向があります。取引量が少ないと、ちょっとしたことでも相場が大きく変動するため、FX会社ではスプレッドを広げることでリスクをコントロールしているのです。

また、重要な経済指標が発表されるタイミングの前後や、突発的な地政学リスクが発生した場合でも、スプレッドは広がる傾向にあります。これもFX会社によるリスクコントロールの1つと言えます。
このように、スプレッドは原則固定ではありますが、状況によって広がることがあることをしっかりと理解しておくようにしてください。初心者のうちは、なるべくこのような状況では取引を控えるようにしましょう。

湊

スプレッドはずっと固定だと思ってた。

FX会社のスプレッド比較一覧

FX会社米ドル円ユーロ円ユーロ米ドル豪ドル円ポンド円トルコ円詳細
トレイダーズ証券0.1
原則固定
(例外あり)
0.4
原則固定
(例外あり)
0.3pips
原則固定
(例外あり)
0.6
原則固定
(例外あり)
0.8
原則固定
(例外あり)
1.7
原則固定
(例外あり)
公式
詳細
LIGHT FX0.1
原則固定
(例外あり)
0.4
原則固定
(例外あり)
0.3pips
原則固定
(例外あり)
0.6
原則固定
(例外あり)
0.8
原則固定
(例外あり)
1.7
原則固定
(例外あり)
公式
詳細
GMOクリック証券0.2
原則固定
(例外あり)
0.5
原則固定
(例外あり)
0.4pips
原則固定
(例外あり)
0.7
原則固定
(例外あり)
1.0
原則固定
(例外あり)
1.7
原則固定
(例外あり)
公式
詳細
DMM証券0.2
原則固定
(例外あり)
0.5
原則固定
(例外あり)
0.4pips
原則固定
(例外あり)
0.7
原則固定
(例外あり)
1.0
原則固定
(例外あり)
公式
詳細
外為どっとコム0.2
原則固定
(例外あり)
0.5
原則固定
(例外あり)
0.4pips
原則固定
(例外あり)
0.7
原則固定
(例外あり)
1.0
原則固定
(例外あり)
1.7
原則固定
(例外あり)
公式
詳細
SBI FXトレード0.27銭〜
7.8
0.49銭〜
15.8
0.38pips〜
12.8pips
0.69銭〜
12.8
0.99銭〜
18.8
1.89銭〜
8.8
公式
詳細
FXプライム0.3
原則固定
(例外あり)
0.9
原則固定
(例外あり)
0.6pips
原則固定
(例外あり)
1.3
原則固定
(例外あり)
1.8
原則固定
(例外あり)
4.8
原則固定
(例外あり)
公式
詳細
FXブロードネット0.3
原則固定
(例外あり)
0.5
原則固定
(例外あり)
0.3pips
原則固定
(例外あり)
0.6
原則固定
(例外あり)
1.0
原則固定
(例外あり)
公式
詳細
セントラル短資FX0.3
原則固定
(例外あり)
0.4
原則固定
(例外あり)
0.4pips
原則固定
(例外あり)
0.7
原則固定
(例外あり)
1.0
原則固定
(例外あり)
1.7
原則固定
(例外あり)
公式
詳細
JFX0.3
原則固定
(例外あり)
0.5
原則固定
(例外あり)
0.4pips
原則固定
(例外あり)
0.7
原則固定
(例外あり)
1.0
原則固定
(例外あり)
公式
詳細
外為オンライン1.0
原則固定
(例外あり)
2.0
原則固定
(例外あり)
1.0pips
原則固定
(例外あり)
3.0
原則固定
(例外あり)
3.0
原則固定
(例外あり)
6.0
原則固定
(例外あり)
公式
詳細

2019年10月23日時点

明日香
明日香

各社によって、こんなに違いがあったんですね。

学長がおすすめのFX会社

みんなのFX

  1. 米ドル円スプレッドが0.1銭
  2. 高いスワップポイント
  3. 業界最狭水準のスプレッドを提供
米ドル円 ユーロ円 ユーロ米ドル
0.1
(1万通貨: 10円)
0.4
(1万通貨: 40円)
0.3pips
(1万通貨: 30円)
豪ドル円 ポンド円 トルコ円
0.6
(1万通貨: 60円)
0.8
(1万通貨: 80円)
1.7
(1万通貨: 170円)

トレイダーズ証券のFX取引サービス「みんなのFX」は1,000通貨から取引ができ、スプレッド・スワップポイントともに非常に条件が良く、人気が上昇中です。

特にスワップポイントの水準の高さは非常に魅力的で、中でも高金利通貨のスワップポイントは業界トップレベルとなっており、高金利通貨の取引をするならぜひとも口座を開設しておきたいFX会社です。

また、入門コンテンツやオンラインセミナーなどが充実しており、FXを基礎から学びながら少額で取引を始められるため、初心者のFXデビューにも最適です。

GMOクリック証券

  1. FX年間取引高7年連続世界1位
  2. 評価の高い取引ツール
  3. 業界最狭水準のスプレッドを提供
米ドル円 ユーロ円 ユーロ米ドル
0.2
(1万通貨: 20円)
0.5
(1万通貨: 50円)
0.4pips
(1万通貨: 40円)
豪ドル円 ポンド円 トルコ円
0.7
(1万通貨: 70円)
1.0
(1万通貨: 100円)
1.7
(1万通貨: 170円)

GMOクリック証券はFXの取引高で7年連続世界第1位(※1)を達成したFX会社です。

※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

同社のFX取引サービス「FXネオ」では、業界最狭水準のスプレッドで低コストで取引ができるほか、スワップポイントも高水準で高金利通貨の取引にもおすすめです。

特に人気なのが抜群に使いやすい取引ツールで、GMOグループならではの高い開発力が活かされた高機能な取引ツールで快適かつスピーディーに取引を行うことができます。特に2018年にチャート機能を強化して新たにリリースされたスマホアプリは非常に完成度が高く、一度は使ってみてほしいアプリです。

また、GMOクリック証券はGMOインターネット株式会社のグループ企業であり、運営する会社にしっかりとした信頼性や資金力があることも大きな強みです。

DMM.com証券

  1. FX口座国内第1位
  2. 洗練された取引ツール
  3. 業界最狭水準のスプレッドを提供
米ドル円 ユーロ円 ユーロ米ドル
0.2
(1万通貨: 20円)
0.5
(1万通貨: 50円)
0.4pips
(1万通貨: 40円)
豪ドル円 ポンド円 トルコ円
0.7
(1万通貨: 70円)
1.0
(1万通貨: 100円)

DMM.com証券はFX口座数が70万口座を突破し、国内第1位となっている会社です。

※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)

同社のFX取引サービス「DMM FX」では、業界最狭水準のスプレッドで低コストで取引できるのはもちろんのこと、FX取引でポイントがたまり、たまったポイントの現金化もできる「取引応援ポイントサービス」でお得に取引できる点が特徴です。

また、取引ツールの洗練されたデザインと高い操作性や、PC版にスマホ版、取引をサポートする補助ツールまで、豊富に用意されている点も人気のポイントです。

さらに取引結果をグラフなどでわかりやすく表示してくれる「取引通信簿」の機能も非常に便利で、損益の推移や自分の取引の傾向などが一目でチェックでき、初心者の取引を強力にサポートしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました