FX(エフエックス)とは?初心者でもわかるFX入門

FX入門
湊

そもそもFXって何ですか?

明日香
明日香

聞いたことはあるんだけどね。

さくら
さくら

FXをまだまだ知らない初心者の方向けに、FXの基本をわかりやすく丁寧に解説するわ。

具体的な流れとしては、

  • FXとは?
  • FXの特徴と注意点
  • FXを始める前の準備
  • 初心者におすすめの口座

といったように、解説していきます。

学長
学長

今日の学習では、FXのことを知れるだけではなく、初心者の方にも扱いやすくピッタリの口座を知ることもできるはずだ!

FXとは?

FXはForeign Exchangeを略した言葉です。
日本語にすると外国為替証拠金取引と言います。

証拠金と呼ばれる保証金をFX会社に預け、それを担保に円やドル・ユーロなどの通貨を売買し、価格差による利益を得ていく投資方法です。

以下で、

  • 利益を得る方法
  • 株式や外貨預金との比較

といった、FXに必要な知識をり詳しく紹介します。

FXで利益を得る方法

FXで利益を得る方法は大きく分けて2つあります。

  • 為替差(レート差)による利益
  • スワップポイントによる利益

為替差(レート差)による利益

為替差損益とは、円やドルなどの通貨を売買したことで発生するレート差による損益のこと。

海外旅行に行ったことがある人であれば、空港の両替所などで円をドルなどの外貨に両替した経験はあるのではないでしょうか。

例えば、円をドルに交換する時のレートが1ドル100円だった場合、1万円あれば100ドルに両替できます。

その後、海外旅行を楽しんで日本に帰国した時点で10ドルが余っていたとします。
しばらく海外に行く予定がないため、今度はドルを円に両替します。
その時のレートが101円だった場合、101円×10ドル=1,010円へと両替できます。

円をドルに両替した時は1ドル100円だったのに、ドルを円に両替する時のレートが101円になっていたため、その差額となる1ドルあたり1円の利益が発生したことになります。
これが、為替差により利益を出す仕組みとなります。

実は、レートは常に変動しているため、FXではこのレートの差による利益を得ることができるのです。

スワップポイントによる利益

スワップポイントとは、2か国間の金利差によって得られる収益のことです。
FXでは金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を保有することで、その金利差分を原則的に毎日受け取ることができるのです。

日本の銀行にお金を預けても、得られる利子はごく僅かですが、スワップポイントでは1日数十円の利益を原則毎日受け取ることができるのです。

スワップポイントって何?
FXにはスワップポイントで利益を出すことのできるのです。スワップポイントとは、各国の金利差によって得られる金利差収益のこと。

※通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイント(通貨ペアを構成する両通貨の金利差の調整額)の支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して損失額が大きくなりますのでご注意ください。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受け取り金額が縮小したり、反対に支払いへと転ずる可能性がございます。

株式投資や外貨預金との比較

FXと株式投資や外貨預金との違いは何でしょうか。

項目 FX 株式投資 外貨預金
投資対象 通貨 企業 通貨
銘柄数 約60通貨 約3,000社以上 約18通貨
手数料 無料 約80円 25銭
取引に必要なお金 約4,000円~ 約1万円 約100円前後
取引時間 24時間 9時~15時まで 24時間
レバレッジ 25倍
(個人取引の場合)
3倍 1倍
市場規模 約4,000兆円 約740兆円

FXと株の市場規模は、約5倍の差があります。
約5倍の差があるということは、比べ物にならないくらい巨大な規模ということが分かります。
FXは日本のサラリーマンを中心に爆発的なブームとなり、一気に市場規模が拡大しました。
インターネット系企業を中心に多くの企業がFX事業へ参入しており、取引ツールの充実やサービスの向上などで顧客満足度を上げ、年間取引高は年々増加傾向にあります。
今後のFX市場は、まだまだ拡大傾向にあるといえます。

FXの7つの特徴

FXの7つの特徴を詳しく紹介します。

  • 少額資金でも大きな利益を得られる
  • 株や外貨預金と比べて手数料が安い
  • 売って利益を出すこともできる
  • 24時間いつでも取引することができる
  • 毎日スワップポイントを貰える
  • スマホでいつでもどこでも手軽に取引ができる
  • 取引銘柄が少なく迷わない

少額資金でも大きな利益を得られる

FXは資金が少ない方でもすぐに取引を始めることができます。
FXにはレバレッジというものがあり、保有している資金の最大25倍(個人取引の場合)までの取引ができるのです。

例えば、10万円の資金の場合、レバレッジを使わないと当然10万円分の取引しかできません。
しかしレバレッジ25倍(個人取引の場合)で取引を行うと250万円分の取引が可能です。

FXはレバレッジの仕組みによって、少額投資からでも大きな利益を得ることができるのです。
なお、外貨預金ではレバレッジが使えません。

【FX最大の魅力】レバレッジとは?
FXは最大25倍(個人取引の場合)までのレバレッジが利用できます。適正にレバレッジと付き合うことで、効率的な資産運用が可能となります。

株や外貨預金と比べて取引手数料が安い

FX 外貨預金
取引手数料 約0.3銭(ドル円) 約80円~90円 約1円~2円

FXは株や外貨預金と比べ取引手数料が安いです。
手数料が安ければ、その分引かれる金額も少ないため、より多くの利益を残すことができます。

売って利益を出すこともできる

FXは、外貨を売って利益を出すことができます。
外貨預金の場合、円をドルに替えたとしたら、レートが上昇(円安)しないと利益を出すことができません。
そのため、安いレートで購入しなければならないため、レートが落ちてくるまで待たなければなりません。

一方、FXでは外貨を売ることもできるため、レートが下落(円高)している場面でも利益を出すことができます。
レートの上昇、下落、それぞれで利益を狙えるのが外貨預金と異なるFXの特徴の1つです。

24時間いつでも取引することができる

FXのマーケットは24時間(土日を除く)動いているため、自分の好きな時間に取引することができます。

マーケットは、日本時間の早朝6時からオセアニア市場を皮切りにオープンします。
その後、東京市場→ロンドン市場→ニューヨーク市場と市場がオープンしていくため、24時間休まず市場は動いているのです。

特に、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なった22時前後から、取引が活性化される時間帯となります。
この時間帯は、日中働いているサラリーマンの方でも取引が可能な時間帯ではないでしょうか。

FXが日本のサラリーマンを中心に爆発的なブームになった背景に、24時間いつでも取引できるということが挙げられます。

株式の場合は平日午後3時に取引が終了するため、日中働いている方はなかなか取引することができませんが、FXは日中仕事で忙しい人や、家事で忙しい主婦などの方でも24時間取引ができるため非常に相性の良い投資と言えるのです。

毎日スワップポイントが貰える

FXは、レート差以外にもスワップポイントによる利益を得る方法があります。
スワップポイントとは、2か国間の金利差によって得られる収益のこと。
FXでは金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を保有することで、その金利差分を原則的に毎日受け取ることができるのです。

例えば、今のドル円のスワップポイントの平均は1万通貨あたり約50円前後です。
ドル円を1日持っておけば、毎日50円を受け取ることができます。

日本の銀行に貯金をしていても得られる利子はごく僅かですが、FXの場合では毎日数十円単位のスワップポイントを貰うことができるのです。

スワップポイントって何?
FXにはスワップポイントで利益を出すことのできるのです。スワップポイントとは、各国の金利差によって得られる金利差収益のこと。

※通貨ペアを構成する通貨のうち、相対的に高金利の通貨を売った場合、または相対的に低金利の通貨を買った場合には、その取引数量相当のスワップポイント(通貨ペアを構成する両通貨の金利差の調整額)の支払い額が日々蓄積され、時間の経過に比例して損失額が大きくなりますのでご注意ください。また、現時点でスワップポイントを受け取れるポジションであっても、将来にわたって通貨ペアを構成する両通貨の金利差が縮小または逆転した場合には、その受け取り金額が縮小したり、反対に支払いへと転ずる可能性がございます。

スマホでいつでもどこでも手軽に取引ができる

FXとスマホとの親和性がとても高い投資商品です。

FXは24時間取引が可能のため、いつ何時収益チャンスが訪れるかわかりません。スマホはPCと異なりどこにでも持ち運びが可能です。
そのため、電車やバスの中など24時間いつでもどこでも取引ができるのです。

今ではPCを持たずにスマホのみで多額のトレードをするトレーダーも年々増加しています。

FX各社では、スマホ専用アプリを提供しています。スマホだけあれば、口座開設や入金、取引、マーケット情報の閲覧まで、全ての取引が可能となっています。

取引銘柄が少なく迷わない

FX
取引銘柄数 約150通貨 約2000種類

株と比較すると、一目瞭然です。
FXは150通貨ありますが、ドル・ユーロ・ポンド・円が主要となるため、実際は10通貨くらいです。

投資初心者の方であれば、取引銘柄数が少ないほうが選びやすく迷いません。
株のように2000種類あると、何を取引すればいいのか迷いますよね。

取引銘柄数が少ないほうが、迷わなく投資初心者の方にはおすすめです。

FXの2つの注意点とその対策

FXは、良い点ばかりではありません。当然、注意しなければいけない点も存在します。
ここでは、2つの注意点とその対策を詳しく紹介します。

  • 高いレバレッジは大きく損するリスクもある
  • 急な変動が起こる時がある

高いレバレッジは大きく損するリスクもある

FXでは最大25倍(個人取引の場合)までのレバレッジが利用できますが、レバレッジはメリットだけではありません。
高いレバレッジをかけて予想が当たれば大きく利益を出すことができますが、予測が外れれば大きな損失を出してしまいます。

一昔前は、レバレッジ300倍400倍の時代もありました。
しかし、レバレッジのかけすぎで資産を大きく減少させる投資家が続出したため、法律により規制が入り現在の25倍となりました。

それでも、最大25倍(個人取引の場合)で取引をすれば大きな損失が発生するリスクを生じます。損失を出しても許容できる範囲で、レバレッジを利用するようにしましょう。

急な変動が起こる時がある

重要指標や経済ニュースなどの情報で、相場が急騰急落する場合があります。
最近でいえば、2019年1月に起きたフラッシュクラッシュが有名です。

この時は、1ドル約109円近辺で推移していたドル円が、3日間で約104円まで下落しました。
原因は様々な理由がありますが、多くのストップ注文を巻き込み損切りさせられた投資家が多かったといわれています。

FXではフラッシュクラッシュのような急騰急落が稀におきます。
仮にポジションを持っていた場合、逆方向に行けば一瞬で資産を減らしていまいます。
また、災害や地震といった地政学リスクも、為替レートに大きな影響を与えます。
様々な要因で動くFX相場は、相場変動リスクがたくさんあり細心の注意が必要です。

FXの特徴を理解して効率的な資産運用を心がけよう

初心者の方向けに、FXについて詳しく紹介しました。
FXの特徴をしっかりと理解した上でレバレッジを活用することにより、FXで安全に資産を増やしていくことを目指しましょう。

FXをしっかり理解すれば、資産を増やすことができるはずだ。
【2019年最新】FX初心者におすすめのFX会社はここ
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
FXってどうやるの?実は難しくない取引の流れを説明
FXの取引は新規注文、ポジション保有、決済注文と3つのステップで取引されます。それぞれを解説します。
タイトルとURLをコピーしました