FXは4000円から始めるな!少額から利益を得る5つのステップ

FX入門・初心者
湊

FXは4,000円から始めることができるとネットでよく見ますが、そもそもいくらからFXを始めるのがいいの?

明日香
明日香

FXを4,000円から始めて本当に100万円や200万円という利益を出すことができるのかしら?

というお悩みをお持ちの方も多いのではありませんか?

結論から申し上げると、FXは4,000円から取引を行うことができますが、おすすめしません。

なぜならば、4,000円から取引を行うということは、高いレバレッジで取引を行うからです。

初心者がいきなり高いレバレッジで取引を行うのは、大きな損失を出すリスクが高くなるためおすすめしません。

そこで本記事では、

  • FXを4,000円から始めるのはおすすめしない理由
  • 取引単位別のおすすめ証拠金
  • FX初心者が少額から利益を得ていくためのステップ

という流れで、初心者におすすめの資金を紹介します。

本記事を読んでいただければ、初心者に適切な資金を知ることができ、少額からでもFXで利益を得ていく方法も学べます。

FXを始める資金でお悩みであれば、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次
  1. FXが4,000円から始められる仕組み
    1. 取引単位別の必要証拠金一覧
  2. FXを4,000円から始めるのはおすすめしない理由2つ
    1. 理由①:高いレバレッジでの取引となるから
    2. 理由②:ロスカットリスクが高くなるから
  3. 取引単位別のおすすめ証拠金
    1. 1,000通貨なら「10,000円」がおすすめ
    2. 4,000円から取引したいなら1通貨がおすすめ
    3. 10,000通貨は初心者にはおすすめしない
  4. FX初心者は少額から取引を始めるべき理由3つ
    1. 理由①:低リスクでFXを始めることができる
    2. 理由②:FX取引に早く慣れやすくなる
    3. 理由③:精神的負担が少なく本業に影響がでない
  5. FX初心者が少額から取引を始める際の注意点2つ
    1. 注意点①:少額から始めても証拠金よりも大きな損失を出すこともある
    2. 注意点②:少額取引のため利益に期待しないようにする
  6. FX初心者が少額から利益を得ていくためのステップ5つ
    1. ステップ①:資金に合ったFX会社を選ぶ
    2. ステップ②:テクニカル分析を1つか2つ覚える
    3. ステップ③:通貨ペアはドル円を選ぶ
    4. ステップ④:ストップ注文は必ずいれる
    5. ステップ⑤:取引記録はマイトレードごとにつける
  7. 取引単位別のおすすめFX会社2選
    1. 1,000通貨なら「外為どっとコム」がおすすめ
    2. 1通貨なら「SBI FXトレード」がおすすめ
  8. まとめ:初心者は少額の取引からスタートさせよう

FXが4,000円から始められる仕組み

FXは、4,000円という少額から取引を行うことができます。

なぜならば、FX各社では、最小取引単位というものが決められているからです。

最小取引単位とは、FXで売買をする際の最小単位のこと。

つまり、取引を行うのに最低限必要な証拠金ということになります。

最小取引単位は、1,000通貨・10,000通貨などと表され、以下のような計算式で必要な証拠金を求めることができます。

現在為替レート×1,000(通貨)×保証金率(4%)=必要証拠金

出典:外為どっとコム

例えば、1ドル100円の場合に1,000通貨で取引をするのに必要な証拠金は、以下の通りです。

100×1,000×4%=4,000 つまり、4,000円から取引を行うことができます。

このように、最小取引単位の計算によって、1,000通貨であれば4,000円から始めることができる仕組みとなっているのです。

取引単位別の必要証拠金一覧

上記で紹介した必要証拠金の計算方法で、各最小取引単位の必要証拠金を表でまとめて紹介します。

各最小取引単位では、いくら必要なのかを覚えておきましょう。

最小取引単位 必要証拠金(ドル円)
1通貨 4円
1,000通貨 4,000円
10,000通貨 40,000円

※米ドル円で取引する場合、1ドル100円で換算

FXを4,000円から始めるのはおすすめしない理由2つ

インターネット情報でよく4,000円から始めるのがおすすめと書いてありますが、4,000円からFXを始めるのはおすすめしません。

おすすめしない理由を、以下で詳しく紹介します。

4,000円からFXを始めるのはおすすめしない理由

  • 高いレバレッジでの取引となるから
  • ロスカットリスクが高くなるから

理由①:高いレバレッジでの取引となるから

FXを4,000円から始める場合、1,000通貨の取引だとレバレッジ25倍の取引となるため、大きな損失を出すリスクが高くなります。

高いレバレッジでの取引は、利益も大きくなりますが、その分損失も大きいです。

特に、トレーダーとして精神的に未熟な初心者の方が高いレバレッジ取引を行えば、損益の大きさで冷静な判断が難しくなります。

大きな損失を出すリスクが高くなるため、4,000円から取引を始めることはやめておきましょう。

そもそもレバレッジという方は、こちらの記事をご覧ください。

【FX最大の魅力】レバレッジとは?
FXは最大25倍(個人取引の場合)までのレバレッジが利用できます。適正にレバレッジと付き合うことで、効率的な資産運用が可能となります。

理由②:ロスカットリスクが高くなるから

FXを4,000円で始めると、1,000通貨で取引きする場合、余裕のない証拠金となりロスカットリスクが高くなります。

ロスカットとは、ポジションの損失が一定レベルに達したときに、さらなる損失を防ぐため強制的に決済される制度のこと。

ロスカット基準はFX各社によって異なります。

例えば、ロスカット基準が40%の場合、10万円の証拠金で4万円、4,000円の証拠金で1,600円を下回るとロスカットになり強制的に決済がされます。

つまり、ロスカットされると、大きな損失を出してしまうことになります。

4,000円という証拠金に余裕のない取引は、やめておきましょう。

そもそもロスカットについて詳しく知らない方は、こちらの記事をご覧ください。

FXロスカット計算!対策やFX各社のロスカット・ルールを徹底比較
FXのロスカット計算方法について紹介!そもそもロスカットとは?ロスカットにならないための対策は?FX各社のロスカット・ルールも併せて紹介!

取引単位別のおすすめ証拠金

取引単位によっておすすめの証拠金に決まりはありませんが、ここでは大体の目安としていくらぐらいがおすすめなのかを紹介させていただきます。

最小取引単位別おすすめの証拠金

  • 1,000通貨なら「10,000円」がおすすめ
  • 4,000円から取引したいなら1通貨がおすすめ
  • 10,000通貨は初心者にはおすすめしない

1,000通貨なら「10,000円」がおすすめ

1,000通貨でFX投資を始める場合には、最低でも10,000円を用意しましょう。

お金の価値観は人それぞれですが、10,000円であれば適度な精神的負担を感じて取引を行うことができるからです。

また、1,000通貨を10,000万円の証拠金で取引するなら、1ドル100円のレートで1,000通貨の取引をした場合でもレバレッジを10倍に抑えることができます。

ロスカットの基準額は、FX各社によって異なりますが、有効比率が50%や100%が一般的です。

例えば、最小取引単位が1,000通貨で必要証拠金が4,000円とすると、有効比率が50%の場合は200円、100%の場合は400円がロスカット基準となります。

10,000円を用意すれば、ロスカットリスクも少なくすることができます。

レバレッジやロスカットの観点からも、1,000通貨で取引を行うのであれば、最低でも10,000円は用意しましょう。

FX1,000通貨とは?必要証拠金や利益を上げる正しい始め方5つ
FXの1,000通貨について詳しく紹介!そもそも初心者は、いくらからFXを始めたほうが良いのか?1,000通貨からFXを始める際の注意点は?1,000通貨から取引ができるFX会社も併せて紹介!

4,000円から取引したいなら1通貨がおすすめ

どうしても4,000円から取引をされたい場合には、1通貨からの取引がおすすめです。

通貨単位を下げることによって、ロスカットリスクや大きな損失をだすリスクを抑えることができます。

例えば、1ドル100円の為替レートで取引した場合、1,000通貨の場合だと1円の為替レートの変動によって1,000円ほどの利益変動があります。

そのため、数円の変動によりロスカットされる可能性があるでしょう。

一方で1通貨の場合は1円の為替レートの変動でも1円の利益変動となります。

1通貨であれば、ロスカットリスクや大きな損失を出すリスクを抑えることができます。

どうしても4,000円から取引を行いたいのであれば、最小取引単位を落とし1通貨から始めましょう。

10,000通貨は初心者にはおすすめしない

初心者がFXをする場合には、10,000通貨での取引は避けましょう。

なぜならば、10,000通貨では約40,000円という証拠金が必要であり、大きな損失を出すリスクも上がるからです。

例えば、1ドル100円の為替レートで10,000通貨を取引する場合、為替レートが1円に上下するだけで10,000円分の利益や損失が発生します。

10,000通貨の取引は、FXに慣れた中上級者向けの取引単位です。

そのため、10,000円の資金で始めるときには1,000通貨、4,000円の資金で始めるときには1通貨での取引にしましょう。

FX1万通貨の必要証拠金はいくら?1万通貨で利益を得る7ステップ
FX1万通貨の必要証拠金を紹介!必要証拠金の計算方法は?1万通貨からFXを始める方法は?1万通貨から取引ができるおすすめFX会社も解説!

FX初心者は少額から取引を始めるべき理由3つ

FX初心者の方は少額での取引をおすすめします。ここでは、少額から取引を始めるべき理由を3つ紹介します。

FXの取引を開始するときに参考にしてください。

FX初心者は少額から取引を始めるべき理由

  • 低リスクでFXを始めることができる
  • FX取引に早く慣れやすくなる
  • 精神的負担が少なく本業に影響がでない

理由①:低リスクでFXを始めることができる

少額からFXを始めることにより、低リスクでFXを始めることができます。

投資に100%はなく、プロのトレーダーの方でも損失を出します。

初心者の方が、すぐに利益を出せるほど甘くはありません。

利益を出したいがために高いリスクでの取引は、大きな損失を出すリスクが高くなるだけです。

FXで利益を出していくには、長い年月での勉強が必要になるため、まずは少額で低リスクから始めることをおすすめします。

理由②:FX取引に早く慣れやすくなる

FXで利益を出せるようになるには、まず取引に慣れることが大切です。

注文方法や取引のやり方は、初心者の方にしてみれば少し難しく感じるかもしれません。

取引に慣れていないと、注文ミスや取引するのに時間がかかり機会損失などを起こしてしまいます。

FXで利益を出したいのであれば、まずは低リスクから始めて取引に慣れましょう。

理由③:精神的負担が少なく本業に影響がでない

少額から投資をおすすめするもうひとつの理由は、精神的負担が少ないことです。

大きな証拠金で投資を行っていると、大きな含み損を抱える可能性があります。

そのような場合、常に為替レートが気になってしまい仕事に集中できなくなる危険性があります。

場合によっては、為替レートを常に確認していないと不安に感じて常に集中力を失った状態に陥ることもあります。

少額の取引ならば、為替変動が起きても大きな損失を出す可能性が低くなるので、精神的負担を軽くできます。

そのため、落ち着いた状態でFX投資ができるでしょう。

FX初心者が少額から取引を始める際の注意点2つ

初心者の方がFXを始める場合には、少額からの取引をおすすめしますが、少額の取引の場合でも注意すべき点はあります。

ここでは2つの注意点を紹介します。

FX初心者が少額から取引を始める際の注意点

  • 少額から始めても証拠金よりも大きな損失を出すこともある
  • 少額取引のため利益に期待しないようにする

注意点①:少額から始めても証拠金よりも大きな損失を出すこともある

FXは投資のひとつであるため、少額で運用した場合でも大きな損失を出すことはあります。

例えば、1ドル100円の為替レートのときに1,000通貨でエントリーした場合、10円の為替レートの変動によって10,000円の損失を出す可能性があります。

FX相場は政治や経済状況にも反応するため、テロや戦争などが起きれば急騰急落することもあります。

少額だからと言って、大きな損失は出さないだろうという甘い考えは捨ててください

エントリーする際は、ストップ注文も同時に入れてリスクを許容した取引を心がけましょう。

注意点②:少額取引のため利益に期待しないようにする

少額取引のメリットは、リスクが小さいことです。

リスクが小さいということはリターンも小さくなることを把握しておきましょう。

例えば、1ドル100円のレートのときに、10,000通貨でエントリーした場合には1円の為替変動で10,000円の利益を得られます。

しかし1,000通貨でエントリーした場合には、1円の為替変動があっても1,000円の利益にしかなりません。

利益が少ないと感じるとレバレッジをかけたくなりますが、レバレッジを上げることでリスクを高めてしまいます。

少額で取引を行う際は、利益を上げることを目的とするわけではなく、練習という目的でやるとよいでしょう。

FX初心者が少額から利益を得ていくためのステップ5つ

ここでは、FX初心者が少額から利益を得ていくためのステップを紹介します。

FXの取引を開始する前に覚えておきましょう。

少額から利益を得るためのステップ

  • ステップ①:資金に合ったFX会社を選ぶ
  • ステップ③:通貨ペアはドル円を選ぶ
  • ステップ③:通貨ペアはドル円を選ぶ
  • ステップ④:ストップ注文は必ずいれる
  • ステップ⑤:取引記録はマイトレードごとにつける

ステップ①:資金に合ったFX会社を選ぶ

FXの取引を始める場合、自分が用意できる証拠金に合ったFX会社を選びましょう。

なぜならば、FX各社によって必要な証拠金が異なるからです。

例えば、10,000円以上を用意できるのであれば1,000通貨、10,000円以下の場合は1通貨からが大体の目安といえます。

後程、最小取引単位ごとのおすすめFX会社を紹介させていただきます。

ステップ②:テクニカル分析を1つか2つ覚える

FXで優位性のある取引を行うためには、テクニカル分析を覚える必要があります。

テクニカル分析とは、過去のチャートを分析し、将来の値動きを予測するもの。

ランダムウォークであるFXで安定した利益を残していくには、一定の取引をすることが大切です。

テクニカル分析を使えば、取引タイミング・利確・損切りなどが常に一定となる取引を行うことができます。

FXで利用されるテクニカル分析は様々ですが、まずは移動平均線がおすすめです。

移動平均線の詳しい使い方は、以下の記事を参考にしてください。

移動平均線とは?初心者でも簡単にマスターできる3つの使い方
移動平均線について詳しく紹介!移動平均線の使い方は?移動平均線を使ったおすすめの手法は?移動平均線を使って取引を行う際の注意点も併せて紹介!

ステップ③:通貨ペアはドル円を選ぶ

FXでは様々な通貨ペアがあり、通貨ペア選びも大切です。

なぜならば、各通貨ペアによって特徴があり、ボラティリティが高い通貨ペアやボラティリティが低い通貨ペアなどが存在するからです。

特徴を理解せずに通貨ペア選びを行ってしまうと、大きな損失につながります。

初心者におすすめの通貨ペアは、「ドル円」です。

まず以下の表をご覧ください。

順位 通貨ペア 取引金額
第1位 ドル円 154,359,974
第2位 ポンド円 33,499,746
第3位 ユーロドル 17,535,861
第4位 ユーロ円 17,165,573
第5位 豪ドル円 11,774,388

出典:金融先物取引業界

その他にも、スプレッド狭いや日本人になじみがあり取引を行いやすいといった理由があります。

ドル円がおすすめの理由やおすすめしない通貨ペアなどを詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

FX初心者におすすめ通貨ペアはドル円!おすすめしない通貨ペアも紹介
初心者におすすめの通貨ペアを紹介。初心者が気を付けなければならない通貨ペアは?選び方やおすすめの通貨に合ったFX会社もそれぞれ紹介。

ステップ④:ストップ注文は必ずいれる

FXで実際に取引を行う際に、注文と同時にストップ注文も必ず入れましょう。

ストップ注文は、損切り価格を注文する際に使用します。

ストップ注文は、損失を確定させる行為ですが、同時に証拠金を損失から守ってくれる役割もあります。

FXは利益よりも損失を以下に抑えるかが大切です。

ストップ注文を設定し、リスクを抑えた取引を行いましょう。

ステップ⑤:取引記録はマイトレードごとにつける

FXを専業としているトレーダーでも、FXを始めたころには負けが続くこともあります。

勝率100%とはあり得ないため、当然プロでも損失を出します。

しかし、過去の記録を分析して失敗した原因を理解することで、取引スキルが向上し利益を得られることにつながるのです。

少額のトレードの場合でも、マイトレードの記録をつけておくようにしましょう。

また、定期的に取引記録を分析して、反省点を見つけることも大切です。

取引単位別のおすすめFX会社2選

最後に、取引単位別のおすすめFX会社を紹介します。

口座を開設するときの参考にしてください。

最小取引単位別おすすめFX会社

1,000通貨なら「外為どっとコム」がおすすめ

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
0.1銭 (※3)
(原則固定、例外あり※A)
無料 1千通貨
(ロシアルーブル/円は1万通貨)
通貨ペア数 サポート体制 キャンペーン
30通貨 平日24時間 最大10.9万

※3 「米ドル/円0.1銭!全10種スプレッド縮小キャンペーン」スプレッド(対象期間:2020年7月1日(水)午前9時~2020年9月1日(火)午前3時、提示時間帯:米ドル/円は対象期間中の各営業日正午~翌午前0時、その他9通貨ペアは対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時)
※A 原則固定スプレッドは各営業日午前9時~翌午前3時の時間帯にて提供(例外あり)。国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドを広告表示値よりも拡大する場合があります。なお外為どっとコムのスプレッド表記は、提示率(全取引時間中に占める広告表示値以下のスプレッド提示時間の割合)を基に算出されています。本広告では、1pip=0.0001(米ドル、スイスフラン、豪ドル、英ポンド、カナダドル、NZドル)、1pip=0.001(トルコリラ)として表現されています。提示スプレッドにつきましては、外為どっとコムの都合により予告なく変更または中止する場合があります。

外為どっとコムは、国内の代表的な大手FX会社です。

FX業界では老舗であり、老舗ならではの信頼性やしっかりとした財務基盤と、なんといっても情報コンテンツの充実度が高いことで知られています。

外為どっとコムは独自ツールの開発にも力を入れており、特に「ぴたんこテクニカル」は、初心者の方でもマーケットの方向性を直観的に予測することができます。

さらに、マーケット情報に特化したオウンドメディア「外為情報ナビ」も利用することができるため、情報が重要とされるFXで利益を上げるには最適なFX会社です。

初心者の方はもちろん、上級者の方にもおすすめなFX会社です。

外為どっとコムはこんな方におすすめ

  • FX初心者で何もわからないので、とりあえず全体的な評価が高く安心して取引を行いたい方
  • 資金がないため、少額で取引を始めたい方
  • 充実した取引環境のあるFX会社で取引を始めたい方
外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の評判やデメリットは?気になる点を徹底解説!
外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の評判は?低コストで少額から取引が可能、充実した情報コンテンツが人気の外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の特徴を徹底解説!取引ツールは?デメリットは?口座開設前に気になるポイントをチェック!

外為どっとコムの公式サイトへ

1通貨なら「SBI FXトレード」がおすすめ

「SBI FXトレード」は、1通貨から取引を行うことができます。

ネット銀行や損害保険など、金融サービスを幅広く手掛けるSBIグループの企業ということもあり、安心感と信頼性は抜群です。

スプレッドは、業界最狭水準であり、1通貨~1,000通貨で取引を行う方は、ドル円を0.09銭というスプレッドで取引を行うことができます。

また、新規口座開設後、対象期間内のログインを行うだけで500円の入金特典がもらえます。

1,000円からFXを始めようと思っているのであれば、半分の500円から取引を行うことができるでしょう。

資金は用意できないけどFXはやりたいという方は、「SBI FXトレード」がおすすめです。

SBI FXトレードの評判や特徴は?メリット・デメリットも解説!
SBI FXトレードの評判や特徴は?1通貨から取引可能で約4円からFXを始められるSBI FXトレードのメリット&デメリットを解説!

SBI FXトレードの公式ページ

まとめ:初心者は少額の取引からスタートさせよう

1,000通貨で取引を行う場合は、4,000円からではなく、10,000円を用意して取引を始めましょう。

4,000円だと証拠金に余裕がなく、ロスカットリスクが高まってしまいます。

また、初めに用意する証拠金に合わせて、取引するFX会社を決めることも大切です。

最小取引単位別おすすめFX会社

10,000円を用意しておけば、レバレッジやロスカットリスクを抑えた取引を行うことができるぞ!
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
タイトルとURLをコピーしました