移動平均線のパラメーター設定でもう迷わない!3つの決め方や手法を紹介

FX手法
さくら
さくら

移動平均線のパラメーター設定は何日間がおすすめ?」とお悩みをお持ちの方に向けて、本記事では移動平均線のパラメーター設定について詳しく紹介します!

湊

パラメーター設定はどう決めればいいの?

明日香
明日香

何日間と何日間の組み合わせがおすすめなの?

移動平均線を使い始める際に、パラメーター設定は何日間にするかで悩みますよね。

パラメーター設定によって必ず勝てるようになるわけではありませんが、適当に設定したところで意味がありません。

そこで今回は、

  • 移動平均線のパラメーター設定について
  • 移動平均線のパラメーター設定の決め方
  • 移動平均線の基本的な使い方
  • 移動平均線の実践的な使い方
  • 移動平均線のパラメーター設定を決めるやり方

という流れで詳しく紹介します。

移動平均線のパラメーター設定をどうすればいいのかでお悩みの方は、是非本記事を参考にして下さい。

移動平均線のパラメーター設定は区切りの良い数字を意識しよう

移動平均線のパラメーター設定に正解はありませんが、初心者の方は何日間がいいのかという疑問にぶつかると思います。

結論からお答えすると、移動平均線のパラメータ設定は、区切りの良い数字を意識するのがポイントです。

なぜならば、区切りの良い数字は、多くの投資家たちが意識しているから。

例えば、区切りの良い数字とは、「5」「10」「15」などです。

相場は投資家の心理状態が反映されていくため、多くの投資家が意識していなければあまり意味がありません。

さくら
さくら

移動平均線のパラメーター設定は、区切りの良い数字を意識することを覚えておきましょう。

そもそも移動平均線とは?

移動平均線は、テクニカル分析の1つであり、一定期間の価格の終値を平均しそれを線で結んだものです。

テクニカル分析とは、過去のチャートから未来の為替レートを予測する分析方法のこと。

例えば、5日移動平均線であれば、5日間の終値を平均し線で結んだものを表示していることになります。

移動平均線は、短期移動平均線・中期移動平均線・長期移動平均線に分かれており、短期のトレンドを確認したいときは短期移動平均線、中期のトレンドは中期移動平均線、長期のトレンドは長期移動平均線を確認します。

そもそも移動平均線をまだ理解していないという方は、こちらの記事からご覧ください。

移動平均線とは?初心者でも簡単にマスターできる3つの使い方
移動平均線について詳しく紹介!移動平均線の使い方は?移動平均線を使ったおすすめの手法は?移動平均線を使って取引を行う際の注意点も併せて紹介!

移動平均線のパラメーター設定の3つの決め方

移動平均線のパラーメータ設定は、区切りの良い数字を意識するのがポイントだということがわかりましたね。

ここでは、

  • 短期移動平均線のパラメーター設定
  • 中期移動平均線のパラメーター設定
  • 長期移動平均線のパラメーター設定

に分けて、それぞれのパラメーター設定について詳しく紹介します。

短期移動平均線のパラメーター設定

短期移動平均線のパラメーター設定は、以下の通りです。

  • 「5」「15」「20」「25」

短期移動平均線の場合は、「5」「15」「20」「25」といった期間を選びましょう。

中期移動平均線のパラメーター設定

中期移動平均線のパラメーター設定は、以下の通りです。

  • 「50」「75」

中期移動平均線の場合は、「50」「75」といった期間を選びましょう。

長期移動平均線のパラメーター設定

長期移動平均線のパラメーター設定は、以下の通りです。

  • 「100」「200」

長期移動平均線の場合は、「100」「200」といった期間を選びましょう。

【基本】移動平均線の3つの使い方

移動平均線の基本的な使い方は、以下の通りです。

  • 移動平均線の向きでトレンドを確認する
  • 移動平均線の角度でトレンドを強弱を確認する
  • 乖離率を確認し売られすぎか買われすぎかを確認する

以下で、それぞれ詳しく紹介します。

移動平均線の向きでトレンドを確認する

移動平均線の向きによって、現在のトレンドを確認することができます。

相場は、上昇トレンド・下落トレンド・レンジの3つのトレンドに分けることができます。

基本的に、上昇トレンドの場合は買い、下落トレンドの場合は売り、レンジの場合は様子見です。

以下の画像をご覧ください。

移動平均線に方向感がなく平行であればレンジ、上向きであれば上昇トレンド、下向きであれば下落トレンドということが分かります。

移動平均線を表示させておけば、向きを確認することによりすぐに現在のトレンドを把握することができるようになります。

移動平均線の角度でトレンドを強弱を確認する

移動平均線の角度を見ることにより、現在のトレンドの強弱を確認することができます。

以下の画像をご覧ください。

移動平均線の角度が急であるとトレンドが強く、滑らかになってくるとトレンドが弱くなってくることがわかります。

移動平均線の向きが滑らかということは、トレンドの終わりを予測することができます。

トレンドの強弱を分析することができれば、エントリーや利確の精度を上げ優位性の高い取引が可能となります。

乖離率を確認し売られすぎか買われすぎかを確認する

移動平均線と為替レートの乖離率を見ることにより、現在の相場が売られすぎか買われすぎているかを確認することができます。

以下の画像をご覧ください。

移動平均線と為替レートが離れすぎていると、吸い寄せられるように戻っていることが分かります。

相場は、一時的に買われすぎて急上昇すると、値動きが収縮し元に戻ろうとする傾向にあります。

移動平均線と為替レートの乖離率を確認し、収縮するタイミングを狙って取引をすることもできます。

移動平均線を使った実践的な3つの取引手法

ここでは、異なる3つ(短期・中期・長期)の移動平均線を使った実践的な取引手法を3つ紹介します。

異なる3つ(短期・中期・長期)の移動平均線を表示させることで、より精度の高い取引が可能となります。

だからといって、4つや5つ表示させても逆にチャートが見づらくなってしまうため、短期・中期・長期の3つがおすすめです。

それでは、紹介していきます。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスは、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜ける現象のことです。

直近の価格傾向が上向きに転じたとみられるため、買いサインとなります。

以下の画像をご覧ください。

黄色は短期移動平均線(25日)、赤色は中期移動平均線(75日)、青色は長期移動平均線(100日)です。

黄色の短期移動平均線が青色の長期移動平均線を下から上へ突き抜け上昇していることが分かります。

上昇トレンドが強くなると、上から黄色の短期移動平均線(25日)→赤色の中期移動平均線(75日)→青色の長期移動平均線(100日)という並びになるのです。

ゴールデンクロスは買いのサインと覚えておきましょう。

デッドクロス

デッドクロスは、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へ突き抜ける現象のことです。

直近の価格傾向が下向きに転じたとみられるため、売りサインとなります。

以下の画像をご覧ください。

黄色は短期移動平均線(25日)、赤色は中期移動平均線(75日)、青色は長期移動平均線(100日)です。

黄色の短期移動平均線が青色の長期移動平均線を上から下へ突き抜け下落していることが分かります。

下降トレンドが強くなると、上から青色の長期移動平均線(100日)→赤色の中期移動平均線(75日)→黄色の短期移動平均線(25日)という並びになるのです。

デッドクロスは売りのサインと覚えておきましょう。

グランビルの法則

グランビルの法則は、アメリカのチャート分析家であるジョセフ・E・グランビルが考案した、移動平均線と為替レートの乖離率や方向性を見ることで、為替レートの相場を予測するトレード手法です。

合計で8つのエントリーポイントがあります。

以下の画像をご覧ください。

買い注文の場合は、以下の通りです。

  • ①移動平均線が上向きになり、為替レートが下から上に突き抜けた場合
  • ②移動平均線が上向きの状態で為替レートが一時的に下落し、一旦移動平均線を下向けしたが再度移動平均線を上抜けした場合
  • ③移動平均線が上向きの状態で為替レートが一時的に下落し、移動平均線を下抜けせずに再度上昇を見せた場合
  • ④移動平均線が下向きの状態で、乖離率がある場合

売り注文の場合は、以下の通りです。

  • ⑤移動平均線が下向きになり、為替レートが上から下に突き抜けた場合
  • ⑥移動平均線が下向きになり、為替レートが上から下に突き抜けた後に再度移動平均線に戻ってきた場合
  • ⑦移動平均線が下向きの状態で為替レートが一時的に上昇し、移動平均線の手前で再度下落を見せた場合
  • ⑧移動平均線が上向きの状態で、乖離率がある場合

グランビルの法則は、為替相場以外にも株やゴールドなどの相場の世界でも有名なトレード手法の1つです。

さくら
さくら

少し難しですが、グランビルの法則を使いこなせるようになれば、より優位性の高い取引が可能となります。

移動平均線のパラメーター設定を決めるやり方

ここでは、外為どっとコムの取引ツール「外貨NEXTneo」を使って、移動平均線のパラメーター設定のやり方を手順化し紹介します。

【手順①】チャートの左側の赤枠をクリック

【手順②】単純移動平均線をチェックしそれぞれの期間を設定していく

たった2ステップで行うことができるため、ぜひ参考としてください。

まとめ:移動平均線のパラメーター設定に決まりはない

移動平均線のパラメーター設定をどうすればいいのかでお悩みの方に向けて、本記事では移動平均線のパラメーター設定について詳しく紹介しました。

初心者の方は、「25」「75」「100」など区切りの良い数字で移動平均線のパラメーター設定をすることをおすすめします。

ただし、区切りの良い数字を設定したからと言って、FXで勝てるようになるかといえばそうではありません。

移動平均線のパラメーター設定を決めたら、チャート分析や反復練習をし、自分だけのオリジナル手法を確立することが重要です。

本記事で紹介した移動平均線のパラメーター設定を参考に、是非自分だけのオリジナル手法を確率してくれよな!
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
タイトルとURLをコピーしました