fbpx

FX初心者必見!6つのエントリーポイントと精度を上げる2つのコツ

FX手法
湊

FX初心者におすすめのエントリーポイントってどこ?

明日香
明日香

エントリーポイントの精度を上げる方法も知りたいわ!

さくら
さくら

FXを行っていくうえで、エントリーポイントは勝率に関わってくるほど重要よ!
今日は、FX初心者におすすめのエントリー方法や精度を上げるコツなどを詳しく紹介するわ!

具体的には、

  • エントリーポイントが重要な理由
  • FX初心者におすすめのエントリーポイント
  • エントリーポイントの精度上げるコツ
  • エントリーをする際の注意点
  • エントリーポイントに関するよくある質問

という流れで、重要なところをわかりやすく紹介します。

正しいエントリーポイントを知っていれば、勝率を上げることも可能なため、是非参考にしてください。

FX取引でエントリーポイントが重要な理由とは?

エントリーポイントとは、その名の通りエントリーを行うポイントのことであり、新規で買った価格や売った価格のこと。

エントリーポイントが重要な理由は、「損小利大」の理想的な取引ができるからです。

損小利大とは、損は小さく利益は大きくということ。

FX初心者の多くは、損小利大の反対の「損大利小」の取引を行ってしまう傾向にあります。

損大利小とは、損は大きく利益は小さくのこと。

損大利小の取引を行っていると、勝率は良くても資産が増えていかないという状態に陥ってしまいます。

以下の画像をご覧ください。

上記のチャートは、上昇トレンド中のチャートです。

上昇トレンドとは、為替レートが上昇していること。

エントリー①では、上昇し始めたためエントリーをしています。

一方エントリー②では、上昇トレンドが発生したのを確認してからひきつけてエントリーをしています。

エントリー①でエントリーをしてしまうと、その後の下落に耐えなければなりません。

上昇トレンド中のため、結果的に為替レートは上昇していますが、上昇しなかった場合は大きな損失を抱える恐れがあります。

その点エントリー②では、エントリー後ストレスなく上昇していることが分かりますね。

このように、FX取引で勝率を上げるにはエントリーポイントは適当ではいけないのです。

以下で、チャートを使って具体的なエントリーポイントを紹介していきます。

FX初心者必見!6つのエントリーポイント

FX初心者におすすめのエントリーポイントは、次の通りです。

  • 上昇トレンド中の押し目買い
  • 下落トレンド中の戻り売り
  • ブレイクアウト
  • トレンドの転換
  • 移動平均線を用いたエントリーポイント
  • ボリンジャーバンドを用いたエントリーポイント

それぞれ詳しく紹介します。

上昇トレンド中の押し目買い

為替レートは、上昇トレンド中であっても、上下に動きながら一方方向に動いていきます。

上昇トレンド中の押し目買いとは、上昇トレンド中の一時的に下落した際に買い注文をいれるエントリーとなります。

押し目とは、上昇トレンド中の一時的な下落のこと。

以下の画像をご覧ください。

上記のチャートでは、右肩上がりに上昇トレンドを形成しており、上下に動きながら上昇していることが分かります。

赤丸の部分が、下落した際の押し目買いを発注するエントリーポイントとなります。

押し目買いが成功すれば、すぐに利益がのりストレスなく取引を行うことができるのです。

下落トレンド中の戻り売り

下落トレンド中の戻り売りは、下落トレンド中の一時的に上昇した際に売り注文をいれるエントリーとなります。

戻り売りとは、下落トレンド中の一時的な上昇のこと。

以下の画像をご覧ください。

上記のチャートでは、右肩下がりに下落トレンドを形成しており、上下に動きながら下落していることが分かります。

赤丸の部分が、上昇した際の戻り売りを発注するエントリーポイントとなります。

戻り売りが成功すれば、押し目買いと同様にすぐ利益がのりストレスなく取引を行うことができるのです。

ブレイクアウト(レンジブレイク)

ブレイクアウト(レンジブレイク)は、レンジ相場から為替レートが抜けだした際にエントリーを行います。

以下の画像をご覧ください。

青いラインの中で、為替レートが行ったり来たりしており、レンジ相場ということが分かります。

その後、赤い丸の部分で為替レートがレンジブレイクをし、上昇していることが分かります。

レンジ相場が続いていて、レンジブレイクをした際は、ブレイクした方向に動きやすくなる傾向にあるのです。

トレンドの転換

トレンドの転換は、上昇トレンドから下落トレンドや下落トレンドから上昇トレンドなど、流れが転換する際のエントリーポイントとなります。

以下の画像をご覧ください。

レンジブレイクをし、上昇するかと思われましたが、再びレンジゾーンに戻ってしまいそのまま安値を抜けて下落に転換しています。

トレンドの転換点は、大きく反対方向に伸びる傾向にあるのです。

移動平均線を使ったエントリーポイント

移動平均線というインジケータを利用し、エントリーポイントを探す方法もあります。

移動平均線とは、ある一定の価格の平均値を線で結んだもの。

以下の画像をご覧ください。

黄色の移動平均線は、20日移動平均線であり、赤い色の移動平均線は、75日移動平均線です。

移動平均線の期間は、短期線と中期線を表示しております。

移動平均線を使ったエントリーポイントは、赤丸部分でゴールデンクロスの発生をしたところです。

ゴールデンクロスとは、短期線が中期線を下から上に突き抜けていくこと。

ゴールデンクロスが発生すると、為替レートは上昇しやすい傾向にあります。

ボリンジャーバンドを使ったエントリーポイント

続いて、ボリンジャーバンドというインジケータを利用した、エントリーポイントを紹介します。

ボリンジャーバンドとは、一定期間の価格から、相場のボラティリティを表すもの。

以下の画像をご覧ください。

ボリンジャーバンドが為替レートを覆っていることが分かります。

為替レートのボラティリティと連動するため、レートが動かないときはボリンジャーバンドも収縮(スクイーズ)しており、レートが動き始めると膨張(エクスパンション)します。

ボリンジャーバンドを利用したエントリーポイントでは、膨張(エクスパンション)を狙って行うのです。

上記の画像の赤丸部分では、ボリンジャーバンドが収縮(スクイーズ)してからの膨張(エクスパンション)で、為替レートが動き出していることが分かります。

ボリンジャーバンドが膨張(エクスパンション)し始めると、為替レートが動きやすくなる傾向にあるのです。

FX取引のエントリーポイントの精度を上げる4つのコツ

FX取引のエントリーポイントの精度を上げるコツは、次の通りです。

  • エントリーポイントは厳選する
  • 全体のトレンドを把握する
  • 為替レートがよく動く時間帯を狙う
  • 時にはエントリーをしないというのも重要

それぞれ詳しく紹介します。

エントリーポイントは厳選する

為替レートを見ているとどこでもチャンスに見えてしまいがちですが、エントリーポイントはしっかりと厳選しましょう。

なんとなくチャンスだからという理由でエントリーをしても、損失を出してしまうリスクのほうが高くなります。

エントリーポイントを厳選する方法は、取引ルールを作ることです。

以下で、エントリーポイントを作る一例を紹介します。

  • 取引する通貨ペアを決める
  • 取引する時間帯を決める
  • エントリーポイントとなる根拠を決める

上記のような取引ルールを決めることにより、エントリーぽインtのを厳選した根拠のある取引ができるようになります。

全体のトレンドを把握する

中長期取引の方はもちろんですが、短期取引の方も長期足で全体のトレンドを把握することが重要です。

短い時間ばかりを見ていると、木を見て森を見ず状態となり、長期足のトレンドを把握することができません。

長期足で全体のトレンドを分析することにより、今現在はトレンドの安値圏なのか高値圏なのかなどを把握でき、より優れた戦略で取引を行うことができます。

エントリーポイントを探す際は、必ず長期足から分析をしましょう。

為替レートがよく動く時間帯を狙う

為替レートは、土日を除く24時間動いておりますが、24時間いつも市場のボラティリティが高いわけではありません。

ボラティリティとは、価格変動のこと。

ボラティリティが高ければトレンドが出やすくなり、低ければレンジ相場となりやすい傾向にあります。

  • トレンド相場:一方方向に為替レートが動くこと
  • レンジ相場:為替レートが一定の価格帯を行ったり来たりすること

レンジ相場での取引を行えば、上下に振られてしまい安定した取引を行うことができず、大きな損失を出す恐れがあります。

ボラティリティが高い時間帯で取引を行えば、トレンドが出やすくなり稼ぎやすくなるのです。

トレンドが出やすい時間帯は、以下の通りです。

  • 東京市場:日本時間午前9時~午後15時
  • ロンドン市場:日本時間午後4時~午後12時
  • ニューヨーク市場:日本時間午後10時~午前6時

エントリー をする際は、為替レートが動きやすくな時間帯で取引を行いましょう。

時にはエントリーをしないというのも重要

エントリーポイントがない場合は、エントリーをしないことも重要です。

無理にエントリーをすると、たまには勝つ場合もありますが、長期的にみれば損失のほうが多いと思います。

エントリーをしなければ、勝つことはありませんが負けることもありません。

無理なエントリーで損失を出すよりは、エントリーポイントを厳選し期待値が高い場所でエントリーするようにしましょう。

エントリーをする際の2つの注意点

エントリーをする際の注意点は、次の通りです。

  • たくさん取引を行う「ポジポジ病」は注意
  • ずっとチャートに張り付くのはNG

それぞれ詳しく紹介します。

たくさん取引を行う「ポジポジ病」は注意

FX初心者によくありがちなことは、「ポジポジ病」です。

ポジポジ病とは、無駄にポジションを持ちすぎること。

全体の為替レートの流れを見ておらず、目先の為替レートの動きだけを見ているため、すべてがチャンスに見えてしまい次々とエントリーをしてしまいます。

根拠が十分な場所でたくさんエントリーをしているわけではないため、気が付けば損失が膨らんでいるという状態に陥ってしまいます。

ポジポジ病は、大きな損失を出してしまうリスクがあるため、絶対にやめておきましょう。

ずっとチャートに張り付くのはNG

為替レートは、土日を除く24時間動いておりますが、だからといってずっとチャートに張り付くのはやめておきましょう。

チャンスを逃したくない気持ちもわかりますが、為替レートには動きづらい時間帯というのも存在します。

また、チャートに張り付いていると、上記で紹介したポジポジ病にもなりかねません。

取引時間を決めて、メリハリのある取引を心がけましょう。

エントリーポイントに関するよくある質問

Q1:エントリーした時に、いきなりマイナスから始まるのはなぜですか?

FX取引では、エントリーと同時にスプレッドが引かれる仕組みとなっています。

スプレッドとは、2ヵ国間の金利差のこと。

FX各社では、取引手数料が無料と記載されていますが、スプレッドが実質的なスプレッドといえます。

Q2:どのくらいのペースでエントリーを行いますか?

トレーダーによって、取引スタイルや手法が異なるため、エントリー回数は異なります。

ただし、取引が多いからいいというわけではなく、正しいエントリーポイントでエントリーすることが大切です。

同じ相場が2度続くということはないため、トレード回数にこだわらず正しいエントリーポイントを探しましょう。

まとめ:FXで勝ち続けるにはエントリーポイントが重要

本記事では、FX初心者におすすめのエントリー方法や精度を上げるコツなどを詳しく紹介しました。

FX取引で勝率を上げるためには、エントリーポイントは厳選しなければなりません。

適当な場所でエントリーをすれば、大きな損失を出してしまう可能性もあります。

本記事で紹介したエントリーポイントを参考に、是非自分だけのエントリーポイントを見つけてください。

本記事で紹介したエントリーポイントはあくまで基本的なことだから、参考にしたうえで自分だけのルールを作ることが成長への第一歩だ!
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
タイトルとURLをコピーしました