fbpx

出産の痛み・流れ・準備・費用・補助金など必要知識を徹底解説

出産 出産
出産
湊

出産費用ってどれくらいかかるの?

明日香
明日香

 出産の痛みはどれくらいかしら?

このようなお悩みをお持ちではありませんか。

そんな方に朗報です。

この記事では、下記の流れで、出産の痛みや費用、事前に用意しておきたいものなどを詳しく紹介します。

本記事の流れ

  • 出産とは?
  • 出産の痛みは?
  • 出産前に準備しておきたいベビー用品一覧
  • 出産費用はいくらかかる?
  • 出産費用について事前にしておくべきこと4つ
  • 出産に使える補助金・医療費控除

本記事を参考にしていただければ、出産に使える補助金についても詳しく知ることができます。

では早速、「出産とは?」から紹介しましょう。

貯金方法の悩み一発解消!20代30代から始める資産形成術
確実に貯金を成功させる方法を紹介!そもそも日本人はどのくらい貯金を行っているの?貯金ができない人の特徴は?将来の不安を解消するなら貯金ではなく投資である理由や20代から始めるおすすめの資産運用などについて徹底解説します。

出産とは?

出産とは、分娩とも呼ばれ、母親の体から赤ちゃんが排出されることです。妊娠は出産によって終わり、陣痛が来たり、おしるしが来たり赤ちゃんが生まれる前兆が現れます。

出産にかかる時間は、初めての出産(初産)は平均で約14時間、2回目以降の出産(経産)で約8時間と言われています。

しかし、実際にはすぐ生まれた人もいますし、逆に何日もかかる人もいます。

出産方法にはいくつかの方法があります。

出産方法

  • 経膣分娩(自然分娩)
  • 帝王切開
  • 無痛分娩(和痛分娩)

経膣分娩(自然分娩)

経膣分娩は、赤ちゃんがお母さんの産道を通って、膣から産まれる方法です。陣痛が起こるのを待つので自然分娩とも呼ばれています。

陣痛を促すための陣痛促進剤やバルーンを使っても自然分娩となります。

帝王切開

経膣分娩が困難と判断された場合は帝王切開になります。帝王切開は、お母さんの子宮を切開し、赤ちゃんを取り出す方法です。

赤ちゃんが逆子(骨盤位)や双子以上(多胎妊娠)、前置胎盤などの場合に行われ、38週頃に帝王切開の手術が予定されます。

また、経膣分娩が長引いたり、赤ちゃんの健康に問題が生じる場合は緊急帝王切開を行うこともあります。

以前は、経膣分娩がオーソドックスとされてきましたが、帝王切開をする人が増加傾向にあります。

無痛分娩(和痛分娩)

経膣分娩は陣痛によって痛みが生じます。その痛みを和らげるのが無痛分娩です。

局所に麻酔をして、痛みを軽減していきます。

和痛分娩の方法を取ると、痛みが和らぎ、出産の不安が取り除かれ、出産後の回復も早くなる場合があります。

出産の痛みは?

経膣分娩では、赤ちゃんを産むために陣痛がきます。陣痛はギュッと子宮が収縮して、赤ちゃんを外へ押し出します。

実は陣痛にも以下の3つの種類があります。

陣痛の種類

  • 前駆陣痛
  • 本陣痛
  • 後陣痛

前駆陣痛

出産前に起こる陣痛の種類です。出産日に近いてくるとお腹が張って硬くなることが増えてきます。

本陣痛の準備をしている状態で、子宮頸管を柔らかくしています。

人によって少し痛みを感じたり、全く感じない人がいたりします。

本陣痛との違いは、何回か痛みや張りがきてもいつの間にかそれらを感じなくなることです。

本陣痛

出産に伴う陣痛を本陣痛と呼びます。痛みが起こる間隔が規則的で、徐々にその間隔が短くなり、痛みも大きくなってきます。

よく鼻からスイカを出すような痛み、ハンマーで殴られてるような痛み、などと言われていますがどれも想像しにくいかもしれません。

しかし、かなりの痛みということは伝わってきますね。海外の研究では、手指を切断するような痛みとも言われています。

それを麻酔なしで行うのですから出産は本当に大変なことでしょう。

出産の痛みは男性には耐えることができないとも言われており、欧米では無痛分娩が当たり前に行われている傾向があります。

しかし、日本では麻酔をかけず、自然に行う経膣分娩が普及しており、無痛分娩を行っている病院も少数となっています。

その背景には、「お腹を痛めて産むのが当たり前」「母親なら耐えられる」などの考えが関係しているでしょう。

後陣痛

後陣痛は、出産後に赤ちゃんが入っていたことで大きくなった子宮を元に戻すというはたらきから起こる痛みです。

産後1日〜3日間ほど痛みを感じることがあります。

初産より経産婦さんの方が痛みを感じやすいと言われています。

出産までの流れ

出産までの流れはどのようになっているのでしょうか。

ここでは、経膣分娩の流れを解説していきます。

ステップ①:出産の前兆が現れる

出産が始まる前にはいくつかの前兆が現れます。ひとつは「おしるし」です。

おしるしとは、子宮が収縮することで卵膜がはがれ、出血します。少量の出血が多く、おりもののように粘り気があります。

おしるしは人によってなかったということもあり、鮮血だったという人もいます。そして、おしるしがきてもすぐ出産になるとは限らないので焦らないようにしましょう。

ステップ②:破水

赤ちゃんを包んでいる卵膜が破れ、中に入っていた羊水が流れ出ることです。

陣痛がきてから破水する人が多いですが、破水から陣痛に入る人もいます。

破水が起こるとそこからウイルス感染する場合があるので、すぐに病院に連絡して受診するようにしましょう。

ステップ③:陣痛

陣痛は最初痛みが弱く、お腹が張っているなどの症状から起こります。

そして徐々に間隔が狭まり、痛みもどんどん強くなっていきます。陣痛が10分間隔になってきたら本格的に出産がスタートした、と思って良いでしょう。

ステップ④:病院に連絡・受診する

陣痛が始まったり破水が起こったりしたら病院に連絡しましょう。

痛みや焦りから上手く伝えることができないこともあるので事前に言うことを把握しておきましょう。

  • 名前
  • 予定日
  • 初産か経産か
  • 陣痛はいつから
  • 陣痛の間隔
  • 破水はしたか
  • 病院までの時間

経産婦さんの場合、出産までの時間が短くなる可能性があるので早めに連絡しておくことをおすすめします。

また出産時に付き添いできる人がいるのか、上の子は預けてこれるのか、ご家族と話し合っておきましょう。

ステップ⑤:分娩の経過

分娩の経過は第一期から第二期、第三期に分けられます。

【第一期】

第一期は、分娩開始から子宮口が全開するまでのことを指します。子宮口は最初硬いのですが、ホルモンの影響で徐々に柔らかくなり全開約10cm開きます。

経産婦さんより初産婦さんの方が子宮口が硬いので開くのに時間がかかります。 この第一期が出産の中でも一番時間がかかるところです。

非常に長い時間を痛みを感じながら過ごさなければならないので、不安や恐怖を感じる方もいるでしょう。呼吸法や助産師のサポート、楽な姿勢を取るなどして乗り切っていきましょう。

【第二期】

第二期は、子宮口が開き、胎児が生まれるまでを指します。「いきむ」というのはこの第二期に行われます。

自分の判断でいきんでしまうと会陰部が避けてしまう可能性があるので助産師や医師の判断を仰ぎましょう。スムーズに赤ちゃんを出すために会陰切開する場合があります。

【第三期】

第三期は赤ちゃんが生まれた後、子宮壁から胎盤が剥がれます。医師によって娩出されますが、痛みはありません。また、この時に会陰切開された部分を縫う処置が行われます。

卵膜や臍帯も娩出されて出産は終了です。

出産は長い時間になり、強い痛みも伴うので、不安や恐怖に思うこともあるでしょう。

そのストレスを少しでも減らすために、出産前にイメージトレーニングや呼吸法、エクササイズをしておき、陣痛に備えるという方法があります。

出産前に準備しておきたいママ用品とベビー用品一覧

出産前に準備しておきたいをママ用品とベビー用品を表にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

入院時に必要なもの
前開きのパジャマ 子宮の経過観察や授乳するときに前開きで丈が長めのパジャマがあると良いです。入院日数に合わせて3〜4枚用意しておくのがおすすめ。
産褥ショーツ 股部分が開けるようになっています。入院中の診察時にショーツを脱がずに使用できます。産褥ナプキンも交換しやすくなっています。
産褥ナプキン 産後は子宮から悪露が出ます。産後しばらくは量が多いので、生理用ナプキンではなく産褥ナプキンを使います。産院によっては準備されていることもあります。
授乳用ブラジャー 授乳しやすいように作られています。退院後も使えるのでいくつか準備しておくと良いでしょう。
母乳パッド 母乳で濡れてしまわないように授乳用ブラジャーに取り付けます。洗って使える布製のものや使い捨てのものなど種類があります。
乳頭ケアクリーム 授乳によって乳頭を痛める可能性があるので乳頭ケアクリームを持っていると安心です。赤ちゃんが口にいれても大丈夫なよう専用のものを準備しましょう。
骨盤ベルト 産後は骨盤がゆるんでいる状態です。それを整えるために骨盤ベルトでサポートします。
出産時に役立つ物
テニスボール いきみ逃しをする時、膣に押し当てることで和らげることができます。お産の状況によって助産師やご家族にグッと押してもらいましょう。
うちわ お産は長い時間体力を使うので汗をかくほど暑く感じることがあります。
ペットボトル用・ストローキャップ 寝たままでも水分補給ができる優れもの。100均でも購入できます。
ホッカイロ 陣痛で腰やお腹が痛い場合、ホッカイロを使って温めると痛みが和らぐことがあります。
授乳クッション 授乳時はもちろん出産時に痛みに耐えるためにさまざまな姿勢をとります。その際に授乳クッションがあると姿勢の幅も広がります。
冷えピタ 暑く感じたときにあると便利です。
出産前に準備しておきたいベビー用品
ベビー肌着 ベビー肌着には、短肌着、長肌着、コンビ肌着という種類があります。季節によって重ねて使います。季節に応じてそれぞれ3〜4枚準備しておくと良いでしょう。
ロンパース 肌着の上に着せるロンパース。新生児は首が座っていないので前開きのものを選びます。季節に合った素材のものを2〜3枚選びましょう。
哺乳瓶 完全母乳でという方も哺乳瓶を1本用意しておくと便利です。ガラス製とプラスチック製があり、外出が多い人はプラスチックを選ぶのがおすすめです。
ミルク 入院時はミルクが用意されていることが多いです。ブランドがいくつかありますが、はじめは産院で使用するものから試してみると良いでしょう。
消毒セット 哺乳瓶は毎回使ったら消毒する必要があります。消毒液を使うものから電子レンジ、熱湯消毒で使用するものなどさまざまな種類があります。
おむつ おむつは新生児サイズのものを選びましょう。生後1ヶ月後にはサイズが別のものになるので購入しすぎないようにしましょう。
おしりふき アルコール不使用のおしりふきを用意します。水分が多いものを選ぶと肌に負担がかかりにくいのでおすすめです。
おむつ用ゴミ箱 おむつ用ゴミ箱もさまざまな種類があるので、容量や密閉性があるかどうかで選んでいきましょう。
ベビーバス 産後1ヶ月ほどは大人の入る湯船には入れません。そのため赤ちゃん用のベビーバスを用意します。空気で膨らますタイプや折りたたみタイプなどがあります。
ベビーソープ 泡タイプ、固形タイプ、液体タイプがあります。肌に優しいベビー専用のものを使いましょう。
沐浴ガーゼ 赤ちゃんの体を洗うときに使用します。お湯から出ているときに体を冷やさないためにかけておく役割もあるので大きめのガーゼがおすすめです。
ガーゼ 授乳時や汗をかいたときに必要なアイテムです。何枚も使うので5〜10枚あると便利です。
爪切りハサミ 赤ちゃんは爪が伸びるのが早いので、自分で顔を引っ掻いてしまうことがあります。そうならないためにベビー用爪切りを用意しておきましょう。
ベビー綿棒 お臍や耳周りを清潔にするために使います。大人が使うものより小さい作りになっています。
抱っこ紐 お出かけの時や家事の時に使用する欠かせないアイテムです。新生児から、首が座ってからなど使用開始時期が商品によって異なるので確認してから購入しましょう。
チャイルドシート 車での移動がある場合はチャイルドシートを必ず用意しましょう。車に装備できるものか確認しながら購入してください。
ベビー布団 赤ちゃんは体が未熟なため硬めの布団で寝るようにします。親と一緒に寝るという方法もありますが、重たい布団による窒息もあるので注意しましょう。
ベビーベッド 柵で囲まれたベビーベッドを用意する方法もあります。ペットを飼っていたり、スペースに余裕があったりする方はベビーベッドがあると便利です。
ベビーカー お出かけの際に必要なベビーカー。成長によってA型、B型、AB型の種類があります。成長に応じて使用できるタイプを購入しましょう。

出産費用はいくらかかる?

出産費用はいくらかかるのでしょうか。一般的な内訳を紹介していきましょう。以下、正常分娩による平均的な出産費用です。

項目 平均額
入院日数 6
入院料 112,726
室料差額 16,580
分娩料 254,180
新生児管理保育料 50,621
検査・薬剤料 13,124
処置・手当て料 14,563
産科医療補償制度 15,881
その他 28,085
妊婦合計負担額 501,408

参考:正常分娩分の平均的な出産費用について(平成28年度)

上記の出産費用は、あくまでも何も問題が起きず、経膣分娩で出産した場合です。

帝王切開による出産などは費用が異なってきます。

湊

出産って意外にお金がかかるんですね!

さくら
さくら

出産をするにもお金がかかるから、先を見据えた貯金をすることが大切よ!

貯金方法の悩み一発解消!20代30代から始める資産形成術
確実に貯金を成功させる方法を紹介!そもそも日本人はどのくらい貯金を行っているの?貯金ができない人の特徴は?将来の不安を解消するなら貯金ではなく投資である理由や20代から始めるおすすめの資産運用などについて徹底解説します。

また、出産以外にも子育て費用やマイホーム購入など、いくらかかるのかを知りたい方は以下よりシミュレーションをしてみましょう。

ライフプランシミュレーション

出産費用について事前にしておくべきこと4つ

出産後に困らないように事前に出産費用について考えておきましょう。

出産費用について事前にしておくべきこと

  • 健康保険は適用されない
  • 出産場所によって費用が異なる
  • 都道府県によって出産費用が異なる
  • 出産方法でも費用は異なる

健康保険は適用されない

妊娠や出産に問題がなければ、病気やケガではないので健康保険は適用されません。

全額自己負担になることを頭に入れておきましょう。

出産時は約50万円かかりますが、妊娠時の検診にも毎回費用がかかります。

ただ、市区町村によって検診に補助金が出る場合もあるのでチェックしてみてください。

出産場所によって費用が異なる

出産費用は決められてたものではなく、病院によっても異なります

一般的な産科病院や診療所、助産所などで出産が可能ですが、それぞれ費用が違ってきます。

助産所の方が安い傾向にありますが、医療体制が整っている方を選ぶなら病院が良いかもしれません。

また、個室や大部屋によっても料金が異なります。メリット・デメリット考慮して選んでいってください。

都道府県によって出産費用が異なる

出産費用は、都道府県によっても異なります。

例えば、東京は、平均値が621,814円なのに対し北海道は443,271円になります。

首都圏は高く、地方が安く抑えられる傾向にあります。

正常分娩分の平均的な出産費用について(平成28年度) 

出産方法でも費用は異なる

出産が何の問題もなく正常に終われば約50万円ですが、出産の方法によって費用が異なります。

例えば、痛みを和らげる無痛分娩は魅力的ですが、プラス10〜20万円かかります。

麻酔は医療行為ですが、正常分娩と同様に保険は適用されません。

出産に使える補助金・医療費控除

出産には多くのお金がかかりますが、補助金や医療費控除を利用することができます。

利用できるものを紹介していきましょう。

出産に使える補助金・医療費控除

  • 出産育児一時金
  • 出産手当金
  • 医療費控除

出産育児一時金

健康保険に加入していれば42万円を出産育児一時金として受け取ることができます。

子どもが2人以上の場合は、それぞれ42万円が支給されます。出産費用はこの一時金で補うことができるのでぜひ利用しましょう。

出産育児一時金の受け取り方法には、直接支払制度と受取代理制度、産後申請方式があります。

直接支払制度と受取代理制度は、医療機関などに直接支払われるため、退院時の窓口で全額払う必要がなくなります。差額が出れば差額のみを支払います。

また、一時金より出産費用が少なかった場合は、差額分が被保険者に支給されます。

産後申請方式は、自ら出産一時金を受け取る方法になります。窓口では全額支払い、後に申請を出して受け取ります。

全国健康保険協会協会けんぽ出産育児一時金について

出産手当金

出産手当金は、今まで働いていた人が出産によって収入が減ってしまうことをサポートするためのお金です。

出産手当金は誰もがもらえるわけではなく、3つの条件を満たす必要があります。

一つ目は「勤務先の健康保険に加入している」ことです。正社員だけでなく、被保険者期間が1年以上あれば、アルバイトやパートの人も受け取ることができます。

ただ注意してほしいのが国民健康保険に加入している人は出産手当金を受け取ることができません。

二つ目は「出産のために休業している」ことです。給与がない、給与が出産手当金の日額より少ない方が対象となります。給与がある場合は、出産手当金との差額を受け取ることができます。

三つ目は「妊娠4ヶ月(85日)以降での出産」であることです。

妊娠4ヶ月未満の流産などは出産手当金が支給されません。85日以降であれば流産、人工中絶などでも対象となります。

現在退職している人でも退職日まで継続して1年以上健康保険に加入してることと、出産手当の支給期間となる「出産予定日前42日、出産予定日から遅れた出産日までの日数、産後翌日以降56日まで」の間に退職していることで支給対象になります。

出産を機に退職をしようと思っている人はこの条件を考慮してみてください。

全国健康保険協会協会けんぽ出産手当金について

医療費控除

医療費控除とは、一年間にかかった医療費が一定額を超えた場合に申告すると所得金額から差し引くことができます。

出産費用や妊娠時の健診費、通院退院時の交通費、産後1ヶ月健診などが対象となります。申告できるのは2月16日から3月15日までの確定申告期間になります。

過去5年前まで遡って申請することができますが、医療費の領収書を保存しておく必要があります。

平成29年度より領収書を提出せずとも医療費控除の明細書を提出すれば良くなりましたが、医療費の領収書を自宅で5年保存しておかなくてはなりません。

国税庁確定申告医療費控除を受ける方へ

まとめ:出産には予想外の出費もつきものであり日頃の貯金が大切

今回は、出産の痛みや費用、事前に用意しておきたいものなどを紹介してきました。

出産は、長時間かかり痛みも伴う非常に大変なものです。

ですから出産に臨むときはなるべくストレスを抱えないことが大切です。

出産費用や出産後の子育て費用、休職して減ってしまう収入などお金について悩むこともあるでしょう。

また、予想外の出費もつきものなのが出産です。

そうなったときに焦ったりストレスを抱えたりしないように日頃から貯金をして備えておくことが大切です。

貯金方法の悩み一発解消!20代30代から始める資産形成術
確実に貯金を成功させる方法を紹介!そもそも日本人はどのくらい貯金を行っているの?貯金ができない人の特徴は?将来の不安を解消するなら貯金ではなく投資である理由や20代から始めるおすすめの資産運用などについて徹底解説します。

また、出産以外にも子育て費用やマイホーム購入など、いくらかかるのかを知りたい方は以下よりシミュレーションをしてみましょう。

ライフプランシミュレーション

タイトルとURLをコピーしました