FX初心者によくある失敗9選!対策や失敗談も併せて紹介

FX失敗
湊

FXで失敗する原因って何だろう?

明日香
明日香

失敗する対策も知りたいな!

さくら
さくら

FXを始める前に、失敗と対策を抑えておけば大きな失敗をしにくくなるわね。じゃあ今日は、初心者がFXで失敗する原因や対策、FXで失敗したことのある方のリアルな体験談を詳しく紹介します。

具体的な流れとしては、

  • よくある失敗
  • 対策
  • 失敗経験のある方のリアルな体験談

といった流れで解説していきます。

リアルな失敗体験談を聞くことにより、FXの危険性がわかりより正しくFX取引を行うことの重要性がわかるため、是非参考としてください。

FX初心者がよくやってしまう失敗9選

FX初心者がよくやってしまう失敗は、次の通りです。

  • 損切りができない
  • 高すぎるレバレッジ
  • 情報に流されてしまう
  • ナンピン取引
  • ポジポジ病
  • 経済指標の発表を確認していない
  • 「損大利小」の取引
  • スワップポイント狙い
  • たくさんの通貨ペアを取引する

上記の失敗は、初心者の方は特に多くやってしまいます。
それぞれ詳しく紹介します。

損切りできずに強制ロスカット

FXで勝てない方の大半の原因は、損切りができないことです。
なぜならば、初心者の方ほど損失を嫌う傾向にあるから。

初心者の方は特に含み損のポジションを持つと、「少しでも損を小さくしたい」「できれば±0で終わりたい」などといった適当な理由をつけがちです。

また過去に含み損のポジションを放置していたら、レートが戻ってきて含み益になったという経験から、待っていれば戻ってくるとお祈り取引を行ってしまいます。

損切りができないと、トレンドが発生した際にこれまでの利益を飛ばしてしまうほどの大きな損失を抱えてしまうかもしれません。
FXで勝ちたいのであれば、自分の予想から外れた際はすぐに損切りを行いましょう。

高いレバレッジをかけたギャンブル取引

早くお金を稼ぎたいという思いから、高いレバレッジをかけた取引を行いがちです。

経験がない初心者の方が高いレバレッジをかけた取引を行うと、損切りや分析が出来ていないためただのギャンブル取引になってしまいます。

例えば、証拠金10万円に対しレバレッジ20倍をかけたとしましょう。
1ドル100円の時に買いポジションを保有し、101円になれば2万円の利益ですが、99円になれば証拠金の20%にあたる2万円の損失になります。

高いレバレッジをかけた取引は1度の負けで大きな利益を得るだけではなく、大きな損失を出してしまうこともあります。
初心者の方は、絶対に高いレバレッジをかけて取引を行わないようにしましょう。

TwitterやSNSの情報に流されてしまう

初心者の方ほど、自分で分析した結果を信用できず、TwitterやSNSの情報に流されてしまう傾向にあります。

しかし、情報を知った時点でレートはもう動いており手遅れだったり、失敗しても文句を言えなかったりとリスクも多めです。

そもそもFX取引で勝率100%はあり得ないため、どんな方でも予想は外れます。
FXで勝っていくためには、他人の意見よりも自分の手法や相場観を磨き続けなければいけないのです。

無計画なナンピン取引

自分がエントリーした方向と逆の方向にレートが動いた際に、損失を軽減したいという理由からポジションを追加するナンピン取引を行う傾向にあります。

ナンピン取引とは、買い増しや売り増しをする行為のこと。
本来ナンピン取引は、正しい資金管理のもと行わなければなりません。
正しい資金管理とは、損失が2%を超えたら損切りやレバレッジを抑えた分割エントリーなどのこと。

テクニックが必要になるため、ナンピン取引は上級者向きです。
資金管理や分割エントリーなどまだできない初心者の方は、ナンピン取引を行わないようにしましょう。

ポジポジ病

1クリックで取引を行える手軽さや損失を取り返したいという理由から、FX初心者は何度も取引を行ってしまうポジポジ病に陥りがちです。

1日に数回から数十回取引を行うスキャルピングという手法もありますが、ポジポジ病とは似て非なるものです。
なぜならば、スキャルピングは根拠があり優位性のある取引を繰り返すことに対し、ポジポジ病は根拠のない取引を何回も行うから。

無駄な取引を何度も行えば、負けも増えどんどん証拠金が減ってしまいます。
根拠のないポジポジ病は、証拠金を減らすだけではなく遊び感覚となってしまうため、絶対にやめましょう。

重要な経済指標の発表時間を知らなかった

重要な経済指標が発表されるとレートは激しく上下に動き始めるが、発表時間を知らずに取引を行い大きく損失を出してしまう初心者の方が多い傾向にあります。

重要な経済指標が発表されると相場が急激に変動することがあります。

値動きが活発になれば儲けるチャンスは増えますが、その分損失をするリスクも高まります。
取引の初めには必ず、何の経済指標があるのかや何時にあるのかを確認しましょう。

確認方法は、スマホアプリから行うことができます。

プロスペクト理論による「損大利小」の取引

FX初心者の方は、含み益はすぐに利益確定し含み損はなかなか損切りできない「損大利小」取引を行いがちです。
なぜならば、プロスペクト理論が関係しているから。

プロスペクト理論とは、簡単に説明すると「人の行動は合理的ではなく不合理的」ということです。
例えば、以下2つの質問に答えてください。

質問①

A:無条件で100万円がもらえる
B:コインを投げて表が出れば200万円、裏が出れば0円

質問②

A:無条件で借金を100万円減らしてくれる
B:コインを投げて表が出れば借金は全額完済、裏が出ればそのまま

質問①で最も多かった回答は、Aです。
人間はギャンブル性の高いものよりも、確実にもらえる法を選択することがわかります。

質問②で最も多かった回答は、Bです。
人間は損失を抱えていると一か八かのかけに頼ってしまうことがわかります。

人間は利益が出ているとすぐに確定したくなり、損をしていると一か八かチャラになるかけをします。
損失は大きくなり利益は小さくなるため、「損大利小」取引となってしまうのです。

FX取引で勝つには、利益を大きくし損失を抑える「損小利大」の取引をしなければなりません。
プロスペクト理論という人間の欲求に打ち勝たなければ、FXで勝つことはできないのです。

スワップポイント狙いの失敗

高金利通貨を購入していればスワップポイントが貰えるという簡単な理由で、ポジションを放置するスワップポイント狙いの取引を行っている初心者の方が多い傾向にあります。

スワップポイントは不労所得を狙える取引ですが、失敗すると大きな損失を出してしまうリスクがあります。

高金利通貨は、治安が悪かったり貧富の差が激しかったりと不安定な国が多くリスクのある国ばかりです。
スワップ取引で人気の「トルコリラ」や「メキシコペソ」なども、そういったリスクがあります。

スワップポイントが高いからという理由で購入すると、スワップポイントよりも損失のほうが大きくなってしまうことになりかねません。
高金利狙いの取引は、正しい資金管理と計画性が重要です。

様々な通貨ペアに手を出しすぎてしまう

初心者の方は、どの通貨ペアを取引すればいいのかわからずたくさんの通貨ペアを取引しがちです。
初心者がたくさんの通貨ペアを取引すると、情報が整理できず訳がわからない状況に陥ってしまいます。

また1度にたくさんのポジションを保有してしまうため、レバレッジが高くなってしまいます。
大きな損失を出さないためにも、初心者の方はまず1つの通貨ペアに絞って取引するのがおすすめです。

その際に、通貨ペアはドル円を選ぶのがおすすめです。理由は次の通りです。

  • 日本の店頭市場で断トツ1位
  • スプレッドが狭い

ドル円は、情報が頻繁に入り日本人に馴染みがあることやスプレッドが狭いことからも、初心者におすすめの通貨ペアといえます。

初心者がFXで失敗(=大きな損失)をしないための5つの対策

FX初心者の方が陥りやすいよくある失敗は、理解しましたか?
これからFXで勝ち続けるためにはやってはいけないことのため、よく理解してくださいね。

ここでは、FX初心者が失敗しないための5つの対策を紹介します。

  • 予想が外れた際はすぐに損切りを行う
  • 少額取引から始める
  • 少ないレバレッジから行う
  • テクニカル分析を覚える
  • 周りの情報を鵜呑みにしない

予想が外れたらすぐに損切りを行う

自分の思惑通りではないと思ったのであれば、すぐに損切りを行いましょう。
損切りは、損失を抑えるだけではなく、資金効率が上がり機会損失を防ぐこともできます。

例えば、現在含み損のポジションを持っている状態としましょう。
優位性のある通貨ペアを発見した際に、含み損のポジションを持っているのといないのとでは、リスクの取り方が大きく異なってきます。

含み損のポジションを持っていたら、取引を行えず機会損失となってしまうかもしれません。
予想が外れたらすぐに損切りを行い、次の取引に切り替えましょう。

初心者の方は少額取引から始める

FX初心者の方は、まずは1,000通貨単位の少額取引から始めましょう。
少額取引から始めれば、リスクの少ない取引ができるだけではなく、より多くの取引経験ができ上達スピードも速まります。

FX各社によって取引単位は異なり、1,000通貨や10,000通貨、また通貨ペアによっては100,000通貨と設定しております。

まずは、1,000通貨から取引できるFX会社を選び取引を行いましょう。

FX初心者向けの入門講座!適正な資金や失敗しないFXの始め方
FX初心者の方におすすめのやり方・始め方を徹底解説!FX会社の選び方は?少額取引ができて初心者におすすめのFX会社は?初心者がFXでよくする失敗と対策も要チェック!

少ないレバレッジから取引を行う

法律により日本では最大25倍(個人取引の場合)のレバレッジが認められていますが、初心者は最大5倍までの少ないレバレッジで取引を始めてみましょう。

例えば、証拠金10万円に対しレバレッジ25倍で取引を行うとします。
1ドル100円でレバレッジ25倍分買いポジションを入れると、101円になった際の利益は2万円です。

しかし、99円になってしまうと、2万円分の損失となってしまいます。
証拠金の20%の損失となってしまい、あっという間に証拠金を失ってしまうでしょう。

まだFX取引に慣れていない初心者の方は、レバレッジ10倍でも多いと思うため、まずは少ない5倍から取引を行うようにしましょう。

自分の適性レバレッジについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考としてください。

FX初心者の適正なレバレッジとは?初心者が誤解しがちなレバレッジの仕組みも解説
FX初心者の適正なレバレッジはどれくらい?初心者が誤解しがちなレバレッジの仕組みや適正なレバレッジで取引するためのポイントを解説!

テクニカル分析を身に付ける

初心者の方は、テクニカル分析を身につけましょう。代表的な分析方法は、次の通りです。

  • ローソク足の分析
  • トレンドの分析

それぞれ詳しく紹介します。

ローソク足の分析方法

ローソク足とは、値動きをローソク足の形にしてチャートに表示する分析方法です。
高値・安値・終値・始値から出来ており、始値より終値が高ければ陽線、始値より終値が低ければ陰線となります。

陽線は上昇が優勢で、陰線は下落が優勢と分析することができます。
ローソク足をチャート上に表示させれば、陰線と陽線で色分けされているため、今の値動きの強弱を一目で確認できる便利な分析方法です。

トレンドの分析方法

トレンド分析を行うことにより、為替レートの方向性やトレンドの終わりを視覚的に判断することができます。

上昇トレンドの場合は、ローソク足の安値同士を結びサポートラインを引きます。
サポートラインをローソク足が下回らなければ、上昇トレンドは続くと考えられるのです。


逆に下降トレンドの場合は、ローソク足の高値同士を結びレジスタンスラインを引きます。
レジスタンスラインをローソク足が上抜けしなければ、下降トレンドは続くと考えられるのです。

周りの情報に左右されない

TwitterやFacebookなどのSNSではFXに関する情報がたくさん溢れていますが、情報に惑わされて真似をする取引はやめましょう。

FX取引はすべて自己責任のため、真似をして取引をして失敗しても他人のせいにはできません。
また情報ばかりを気にして取引を行うと、スキルUPにも繋がりません。

情報はあくまで参考程度とし、自分の分析した方法で取引を行っていきましょう。
失敗しても反省し、失敗した理由を明確にしておけば、FXスキルはどんどんUPしていきます。

経験者は語る!FXでのリアルな失敗談

ここでは、FXで失敗したことのある方のリアルな体験談をまとめました。

体験談①会社員 30代 男性

10万円でFX取引を初めて短期間で100万円にすることができました。
「これはいける」と確信していたのですが、3日後100万円をすべて溶かしてしまいました。

ハイレバレッジ取引を行うと、利益が高くすぐに証拠金が増えるが、すぐに証拠金が減ることもわかりました。

体験談②主婦 40代 女性

ネットや金融雑誌で、主婦でも100万円が1億円にできると目にしFXに参戦。自分がポジションを持つと、必ず逆方向に動き出しまるで自分の注文を誰かに見られているような錯覚を起こしました。

やけになって、逆方向にいったらナンピンを繰り返し気がついたら大きな損失を出していました。

体験談③自営業 30代 男性

お小遣い稼ぎにFXをやり始めました。
含み損のポジションを持っていたが、放置していたら大きな利益を残すことができました。

味を占めてしまい、含み損のポジションを持つたびに「いつか戻る」と期待するようになったのです。
しかし1カ月以上も前に持ったポジションが今も含み損であり、次の取引ができない状態です。損切りしようか迷っています。

まとめ:初心者の方はFXで儲けようと考えてはいけない

FXのよくある失敗や対策について紹介しました。

初心者の方に言えることは、まず FXで稼ぐことを目的とせず、取引の中で損切りの重要性やレバレッジの正しい使い方を覚えていきましょう。

  • 予想が外れた際はすぐに損切りを行う
  • 少額取引から始める
  • 少ないレバレッジから行う
  • テクニカル分析を覚える
  • 周りの情報を鵜呑みにしない
失敗の対策をして取引を行っていけば、スキルがUPしFXで稼げる確率も上がるぞ!
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
タイトルとURLをコピーしました