インヴァスト証券「トライオートFX」の特徴は?シストレ24との違いやメリット・デメリットを解説

トライオートFX FX会社
本記事の情報は、2020年6月10日時点のものです。最新情報や詳細については、各社の公式サイト等でご確認ください。

インヴァスト証券のトライオートFXは、FXの自動売買と裁量取引(自分の判断で取引を行う)の両方が行えるハイスペックなFX取引サービスです。

本記事では、トライオートFXの特徴を紹介します。

トライオートFXとシストレ24の違い

インヴァスト証券では「トライオートFX」「トライオートETF」「シストレ24」の3種類のサービスを主に提供しています。

このうちFX取引が行えるのは「トライオートFX」と「シストレ24」です。

さくら
さくら

ちなみにETFとは日本語で「上場投資信託」と言い、ある指数に連動する形で運用される投資信託の一種です。例えば日本の代表的なETFとして「日経225」に連動するETFなどがあります。

トライオートFXとシストレ24には次のような違いがあります。

トライオートFX シストレ24
取引画面
取引タイプ 自動売買FX
裁量FX
自動売買FX
自動売買のタイプ
  • 設定を選ぶだけで始められる「自動売買セレクト」
  • 自分で設定を作成する「ビルダー」機能も
あらかじめ用意された設定から好きなものを選ぶだけでOK
通貨ペア数 17通貨ペア 27通貨ペア
最低取引数量 1,000通貨 5,000通貨
強み
  • 少額から低コストでFXを始められる
  • 裁量取引(自分で判断して売買を行う)も可能
  • 自動売買では用意された設定から選ぶほか、設定を自分で作ることもできる
設定を選ぶだけで自動売買FXを始められ、状況に応じた設定の入れ替えも自動で行ってくれる「フルオート」機能を搭載

初心者には少額から取引を始められ、自動売買FXと裁量FXの両方が体験できる「トライオートFX」がおすすめです。

それでは、トライオートFXの特徴を見ていきましょう。

トライオートFXの特徴

設定を選ぶだけ!「自動売買セレクト」

トライオートFXの自動売買では、あらかじめ用意された設定済みのプログラム「自動売買セレクト」のリストから好きなものを選ぶだけで、簡単に自動売買を始めることができます。

それぞれの「自動売買セレクト」は通貨ペアとロジック(どのように取引していくかという戦略のようなもの)の組み合わせで設定されており、トレーダーは収益率などを参考に稼働させる「自動売買セレクト」を選ぶだけです。

また、稼働させる前にバックテストによるシミュレーション結果を確認することもできます。

さくら
さくら

バックテストとは、過去の値動きのデータを使って取引戦略などのパフォーマンスをテストすることです。

学長
学長

上記は「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」という自動売買セレクトを2018年1月からの期間で稼働した場合のシミュレーションだ。過去のデータに基づいたシミュレーションが未来にも必ず当てはまるとは限らないが、大いに参考になるぞ!

2種類のロジックで自在に取引

トライオートFXでは、通貨ペアごとに「コアレンジャー」と「スワッパー」という2つの自動売買ロジックが用意されています。

コアレンジャー」は、レンジ帯を2つに分け、中心のコアレンジで細かく売買し、サブレンジでは大きな利幅で取引を行うロジックです。主にレンジ相場で効果を発揮しやすい戦略となっています。

さくら
さくら

相場の大部分はレンジ相場(一定の変動幅の中で上がったり下がったりを繰り返す相場)であると言われているので、活用シーンの多い戦略です。

スワッパー」は高金利通貨の値動きを想定してデザインされたロジックで、買い注文のみを行います。徐々に買い下がる取引を行い、スワップポイントを得ながら短期の反発を狙う設計になっています。

レンジ相場での取引に「コアレンジャー」、高金利通貨の取引に「スワッパー」と使い分けることで、効果的に利益を狙うことができます。

ビルダー機能で自分だけの自動売買設定の作成も

トライオートFXでは、自分だけのロジックを作成する「ビルダー」機能を使ってさらに自由自在な自動売買を行うことも可能です。

エントリー価格(初回注文を出す価格)、利確幅(どれくらい利益が出たら確定するか)、損切り幅などを設定して、自分好みの自動売買設定を作っていきます。

自分で作成した自動売買ロジックも、シミュレーションを行うことが可能です。

湊

ビルダー機能を使って自分で作成した自動売買ロジックも、事前にパフォーマンスのシミュレーションができるんですね!

少額から自動売買が可能

トライオートFXでは1,000通貨から自動売買が可能です。

約4,000円の証拠金から自動売買を始めることができる(※1)ため、少額から取引を始めたい人におすすめです。

※1:米ドル/円の取引でレバレッジ25倍、1米ドル=100円の場合。南アランド/円のみ10,000通貨単位から取引可能。

明日香
明日香

約4,000円からなら始めやすいですね!

トライオートFXの要注意ポイント

ここからはトライオートFXの要注意ポイントもチェックしていきましょう。

初心者には少しハードルが高い部分も

トライオートFXの自動売買は最初にプログラムを選びさえすればあとは24時間自動で利益を狙って取引を繰り返してくれる超強力なサービスですが、高機能ゆえに全くのFX初心者には少し使いこなすのが難しいかもしれません。

これからFXを学びながら取引を始めたいという初心者の場合は、外為どっとコムやみんなのFXなどの、少額から取引でき、かつ初心者向けのコンテンツやサポートが充実した会社でFXに慣れることから始めるのが良いかもしれません。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の評判やデメリットは?気になる点を徹底解説!
外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の評判は?低コストで少額から取引が可能、充実した情報コンテンツが人気の外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の特徴を徹底解説!取引ツールは?デメリットは?口座開設前に気になるポイントをチェック!
みんなのFXの評判・口コミ!特徴10つとデメリット3つも徹底解説!
スプレッド・スワップポイントともに好条件で人気上昇中のみんなのFXについて解説!少額から取引可能など初心者必見の注目ポイントを総まとめ&口座開設前にチェックしたい要注意ポイントもご紹介!

通貨ペアが少ない

トライオートFXで自動売買ができる通貨ペアは17種類となっており、若干少なめです。

米ドル/円やユーロ/円といった人気の通貨ペアは一通り揃っており、高金利通貨ペアとして人気のトルコリラ/円も取り扱っているため十分かもしれませんが、取り扱い通貨ペア数が多い方がいいという人は、27通貨ペアで自動売買ができるトレイダーズ証券の「みんなのシストレ」がおすすめです。

「みんなのシストレ」は、トレイダーズ証券の「みんなのFX」の口座を開設すると、自動的に同時開設されます。

みんなのFXの評判・口コミ!特徴10つとデメリット3つも徹底解説!
スプレッド・スワップポイントともに好条件で人気上昇中のみんなのFXについて解説!少額から取引可能など初心者必見の注目ポイントを総まとめ&口座開設前にチェックしたい要注意ポイントもご紹介!

50通貨未満の取引は手数料がかかる

トライオートFXでは下記の通り、50万通貨未満の取引には「マークアップ手数料」が適用されます。

取引数量 新規 決済 1,000通貨あたり
1万通貨未満 2.0pips 2.0pips 片道20円(対外貨は0.2外貨)
1万通貨以上10万通貨未満 1.0pips 1.0pips 片道10円(対外貨は0.1外貨)
10万通貨以上50万通貨未満 0.5pips 0.5pips 片道5円(対外貨は0.05外貨)
50万通貨以上 無料

ただし、トライオートFXの「マークアップ手数料」は約定価格に上記の手数料を加味した価格が取引価格となるということであり、別途手数料の支払いが発生するわけではありません

マークアップ手数料について、詳しくは後述します。

トライオートFXに関する質問

トライオートFXのスワップポイントはどうですか?

トライオートFXのスワップポイントは特に高水準とは言えず、平均的といったところです。

また、トルコリラ/円や南アランド/円は取引できますがメキシコペソ/円の取り扱いはないため、幅広く高金利通貨の取引を行ってスワップポイント収益を狙いたいという場合は外為どっとコムみんなのFXなど高金利通貨に力を入れているFX会社を利用するのがおすすめです。

自動売買ではどれくらい手数料がかかるのですか?

前述の通り、トライオートFXでは50万通貨未満の取引の場合、手数料が発生します。

取引数量 新規 決済 1,000通貨あたり
1万通貨未満 2.0pips 2.0pips 片道20円(対外貨は0.2外貨)
1万通貨以上10万通貨未満 1.0pips 1.0pips 片道10円(対外貨は0.1外貨)
10万通貨以上50万通貨未満 0.5pips 0.5pips 片道5円(対外貨は0.05外貨)
50万通貨以上 無料

ただし上記の手数料を加味した価格が取引価格となるということであり、別途手数料の支払いが発生するわけではありません。

例えば米ドル/円を5万通貨取引した場合の例を見てみましょう。

115円の指値で新規に買注文を出し、利益確定幅(これくらい利益が出たら確定するという値)を+100pipsとしてAP注文を発注したとします。

さくら
さくら

AP注文とはオートパイロット注文のことで、トライオートFXで自由に設定を決めて発注できる自動売買の機能です。

指値は115円ですが、1pips(0.01円)の手数料がかかるため、手数料が加味されて115.01円での買注文となります。

利益確定幅は+100pips(1円)なので本来なら115.01円+1円=116.01円で利益確定となるはずですが、決済時にも1pips(0.01円)の手数料がかかるため、手数料が加味されて116.02円で決済注文が発注されることになります。

最終的には設定通り100pipsの利益が確定し、別途手数料が徴収されることはありません。

トライオートFXはこんな人におすすめ

トライオートFXは下記のような人におすすめです。

  • FXの自動売買で24時間利益を狙いたい人
  • 1,000通貨から自動売買を始めたい人
  • 自分でオリジナルの設定を作って自動売買を行いたい人

口座開設と取引で最大50,000円キャッシュバック実施中!

現在トライオートFXでは、口座開設と取引で最大120,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

トライオートFXの公式ページ

タイトルとURLをコピーしました