【FX最大の魅力】レバレッジとは?

レバレッジ FX入門
さくら
さくら

FX最大の魅力といえるレバレッジを教えるわね。

明日香
明日香

最大の魅力!?気になるわ。

湊

教えてください!(早く儲かりたい)

レバレッジとは?

FXの最大の魅力であるレバレッジ。レバレッジは別名「てこの原理」と呼ばれています。
FXではレバレッジを使うことで、最大で自分の資金の25倍までの取引(個人取引の場合)が可能となっています。

例えば、10万円の資金でFXを始めようとした場合、FXではレバレッジを使うことで最大250万円分の取引ができるのです。
FXとよく似た投資に外貨預金が挙げられますが、外貨預金ではレバレッジは使えません。
外貨預金の場合だと、1ドル100円の時に1万ドルを保有する場合、100円×1万=100万円の資金が必要となります。

これがFXの場合だと、最大25倍のレバレッジが使えるため(個人取引の場合)、100万円÷25=4万円の資金があれば1万ドルを保有することができるのです。

レバレッジを使った効率的な資産運用

FXではレートの変動を利用して利益を出します。

例えば、1ドル100円の時に米ドル円を1万ドル保有した場合、1ドルが110円になると10万円の利益が発生します。
100円×1万=100万円だったのが、110円×1万=110万円になったため、10万円の利益となったのです。

この考え方は外貨預金でも全く同じです。

外貨預金では1万ドルを保有するために必要な資金は100万円なので、投資資金100万円に対して10万円の利益となります。
一方、FXでは1万ドルを保有するために必要な資金は4万円なので、投資資金4万円に対して10万円の利益となります。

このように、FXでは少ない資金でもレバレッジを使うことで効率的に利益を出すことができるのです。

現物株や外貨預金では、それなりの投資資金がないと取引ができませんが、FXではレバレッジを使うことで少額から取引が可能です。

これがFXが日本で爆発的なブームとなった大きな理由の1つなのです。

湊

お金に余裕がない俺でも、これならやれそうだ。

なぜレバレッジが使えるの?

FXの取引は証拠金と呼ばれるお金をFX会社に預けることで、取引ができるようになります。
例えばドル円が1ドル100円の場合、1千ドルを保有するのに必要な証拠金は4,000円程度です。
証拠金はFX各社ごとで定められており、各通貨ペアのレートから算出されているため、日々変更されるので注意しましょう。
また、基本的に、レートの水準が高い通貨ペアの方が必要な証拠金は多くなります。

ドル円だと1千ドルを保有するの4,000円程度が必要ですが、メキシコペソ円(1ペソ=5円台)などのレートが低い通貨ペアの場合だと、証拠金は300円程度で取引ができます。

通貨ペア 取引に必要な証拠金
ドル/円 4,000円
ユーロ/円 4,800円
南アフリカランド/円 300円
メキシコペソ/円 300円

出典:外為どっとコム

このように各通貨ペアによって定められている証拠金をFX会社に預けることで、FXではレバレッジを使った取引が可能となります。

ただし、この証拠金はあくまで取引をするために最低限必要な資金であり、実際はこの金額だけで安全にFX取引が行える訳ではありません

それはFXにはロスカットと言うルールがあるためです。

さくら
さくら

初心者は勘違いしがちなので、注意してくださいね。

ロスカットという名のゲームオーバー

FXでは証拠金を預けることでレバレッジを使った取引が可能となりますが、一定の損失を出した時点でロスカットと言われるルールが適用されます。
これは、保有しているポジションを全て強制的に決済させる注文です。つまり、ゲームオーバーです。

ロスカットの基準は各社によって異なりますが、基本的には証拠金を維持していることが条件となります。つまり、定められた証拠金額のみだけで取引をしてしまうと、即時ロスカットになってしまうのです。
そのため、証拠金よりも余裕を持った資金で取引することが求められるのです。

もし、ロスカットのルールがなければ損失を出し続けることになり、預けた資産以上の損失を出してしまうリスクがあります。こうならないように、FXではロスカットというルールを設けることが法律で義務付けられているのです。ただし、相場の急激な変動や評価対象データの量などの影響により、ロスカットが正常に処理されているにも関わらずロスカット判定のための評価や反対売買の執行に遅延が生じ、その結果として預けた資産以上の損失が発生する可能性がありますので注意が必要です。

FXでは、損失金額を一定の範囲で抑えることを目的としてロスカットが設けていますが、相場の急激な変動や評価対象データの量などの影響によりロスカットが正常に処理されているにも関わらず、ロスカット判定のための評価や反対売買の執行に遅延が生じ、その結果として預けた資産以上の損失が発生する可能性があるので注意してください。

初心者におすすめのレバレッジ

レバレッジは、安全で且つ効率的に資産運用できる水準で取引するのが理想的です。

レバレッジをかけて、少ない元手で大きなお金を動かせば、利益も大きくなりますが、損失も同様に大きくなります。レバレッジ10倍なら利益は10倍ですが、損失も10倍となります。
つまり、レバレッジはハイリスク・ハイリターンなのです。

そのため、初心者の方であれば、まずは5〜10倍程度のレバレッジで取引するのが良いでしょう。

以下はドル円が1ドル100円の時に1千ドルのポジションを保有した場合、いくらの資金で取引すれば、レバレッジが何倍になるのかを示しています。

(例)1ドル100円の時に1千ドルを保有した場合

通貨ペア 取引に必要な証拠金 レバレッジ5倍 レバレッジ10倍
ドル/円 4,000円 2万円 1万円

出典:外為どっとコム

レバレッジの計算方法:取引額÷口座内資金=レバレッジ
10万円(取引額)÷2万円(口座内資金)=5(レバレッジ5倍)
10万円(取引額)÷1万円(取口座内資金)=10(レバレッジ10倍)

ロスカットになるまでの計算方法

ポジションを保有してから、どれくらいレートが動いて損失を出すとロスカットされてしまうのかを見てみましょう。

1千ドルのポジションを保有した場合、レートが0.1銭動くと1円の損益、1銭動くと10円の損益、10銭動くと100円の損益、1円(100銭)動くと1,000円の損益が発生します。

これが1万ドルになると、全て10倍となります。
つまり、レートが0.1銭動くと10円の損益、1銭動くと100円の損益、10銭動くと1,000円の損益、1円(100銭)動くと10,000円の損益が発生します。

この考え方は、どの通貨ペアに対しても同じなので、きちんと理解しておくようにしましょう。

1ドル100円の時に1千ドルを保有した場合、必要な証拠金は4,000円です。
レバレッジ10倍となる1万円の資金で取引すると、10,000円-4,000円=6,000円となり、ロスカットまでの余裕資金は6,000円となります。

1千ドルと保有した場合、1円動くと1,000円の損益が発生するため、ポジションを保有した時点から6円下がるとロスカットになると考えます。

また、レバレッジ5倍となる2万円の資金で取引すると、20,000円-4,000円=16,000円となり、ロスカットまでの余裕資金は16,000円となります。

1千ドルと保有した場合、1円動くと1,000円の損益が発生するため、ポジションを保有した時点から16円下がるとロスカットになると考えます。

・レバレッジが低ければ低いほど、ロスカットになりにくい

ロスカットを理解して、レバレッジとうまく付き合おう

ロスカットまでの算出方法が理解できれば、レバレッジとうまく付き合うことができるようになります。
初心者のうちはなるべく5〜10倍程度のレバレッジで取引を行い、取引に慣れて来たら徐々にレバレッジを上げても良いでしょう。

FXでは、外貨預金や現物株にはないレバレッジを有効活用することで、効率的な資産運用が可能となる金融商品と言えるのです。

レバレッジを活用して効率的な資産運用を目指そう。
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!

タイトルとURLをコピーしました