FX初心者の適正なレバレッジとは?初心者が誤解しがちなレバレッジの仕組みも解説

FX入門・初心者
湊

FXにレバレッジというものがあることはわかったけど、初心者の適正レバレッジって何倍ぐらいだろう?

明日香
明日香

レバレッジってトレーダーが選べるものなのかしら?

さくら
さくら

それでは、レバレッジの仕組みや初心者に適したレバレッジについて見ていきましょう。

レバレッジはFXの基本中の基本ですが、初心者はその仕組みを誤解しがちでもあるので注意が必要です。

本記事では次のような内容について解説します。

  • レバレッジの仕組み
  • 初心者に適したレバレッジは何倍か?
  • 初心者に適したレバレッジで取引するために気をつけたいこと

レバレッジについて正しく理解し、安全な取引に役立てましょう。

初心者によくあるレバレッジの誤解

FXの初心者によくある誤解として「トレーダーは取引する際にレバレッジを選ぶことができる」というものがありますが、この認識は正しくありません。

レバレッジとは「口座に預け入れた証拠金に対して何倍くらいの取引をしているか」を表すもので、証拠金や取引数量、そしてその時々の取引通貨ペアのレートによって変わってきます。

従ってレバレッジはトレーダーがあらかじめ設定するようなものではなく、証拠金の額や取引数量、通貨ペアのレートから導き出されるものです。

ちなみに「レバレッジ◯倍コース」などのコースを選択できるFX会社もありますが、通常これらは「最大で◯倍までのレバレッジでの取引が可能」ということであり、常にそのレバレッジで取引することができるというわけではありません(詳しくは利用するFX会社の取引ルールをご確認ください)。

レバレッジの算出方法

レバレッジは次のような計算式で算出されます。

レバレッジ =(取引する通貨ペアの現在レート × 取引数量)÷ 有効証拠金額

例えば米ドル/円が「1米ドル=100円」のときに、証拠金10万円で米ドル/円1万通貨の取引を行っている場合、レバレッジは次の通りになります。

(100円 × 1万通貨)÷ 10万円 = 10倍

10万円の証拠金で100円×1万通貨=100万円分の取引を行っていることになるため、レバレッジは10倍というわけです。

このようにレバレッジには取引する通貨ペアのレートが関わってきますが、レートは常に変動しています。従って、レバレッジも為替レートの変動に伴って変化していきます。

はじめはレバレッジ10倍で取引を始めたとしても、その後、ポジションを保有している間に為替レートが思惑と逆の方向に推移していけば、どんどんレバレッジが高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

レバレッジはあらかじめ決めて取引するようなものではなく、その時々のレートや証拠金の額などによって決まり、レートの変動とともに変わっていくものだということをしっかりと理解しておきましょう。

レバレッジは証拠金の額や取引する通貨ペアの現在レートなどによって決まり、レートの変動に伴って変化する。

初心者の適正レバレッジとは?

国内のFX会社では、最大で25倍までのレバレッジでの取引が可能です(個人の場合)。

しかし初心者の場合、始めのうちはなるべく低レバレッジで取引するのがおすすめです。

初心者の「適正レバレッジ」というものは何倍とはっきりと決まっているわけではなく、短期取引か長期取引かといったトレードスタイルによっても適したレバレッジは変わってきますが、全くの初心者の場合、目安としては2〜3倍程度から始めるのがおすすめです。

低レバレッジだと勝った場合に得られる利益も小さくなりますが、初心者の場合、まずは慎重・安全にトレードの経験を積んで感覚をつかむことが大切です。

最初の取引では2〜3倍程度のごく低いレバレッジに抑えることを心がけ、取引に慣れるまでのしばらくの間は、最大でも5〜10倍を超えないようにするのが良いでしょう。

最初の取引では2〜3倍程度、初心者のうちは最大でも5〜10倍を超えないレバレッジで取引するのがおすすめ。

低レバレッジで取引するには?

それでは、低レバレッジで取引するためにはどうすれば良いのでしょうか?

前述のようにレバレッジはあらかじめ設定しておけるようなものではないため、意図した水準のレバレッジを保つためには証拠金の額、取引数量、取引通貨ペアのレートに気を配る必要があります。

低レバレッジで取引するためには、次のポイントを意識しましょう。

  • 有効証拠金の額に対して取引額が大きくなりすぎないよう、余裕のある取引をする
  • 為替レートの変動に注意する

先ほど説明した通り、レバレッジとは証拠金の額に対する取引金額の倍率ですから、(1)預け入れる証拠金の額を多くする、または(2)取引金額を少なくすることによってレバレッジを低く抑えることができます。

意図したレバレッジにするためにどれくらいの証拠金を用意すればよいのか知りたい場合は、次の計算式で算出することができます。

必要な有効証拠金額 =(取引する通貨ペアの現在レート × 取引数量)÷ 目標とするレバレッジ

例えば米ドル/円が「1米ドル=100円」のときに、2倍のレバレッジで米ドル/円1,000通貨の取引を行いたい場合、必要な有効証拠金額は次の通り、5万円となります。

(100円 × 1,000通貨)÷ 2倍 = 5万円

取引金額は100円×1,000通貨=10万円分となるため、2倍のレバレッジで10万円分の取引を行うためには5万円の証拠金が必要ということです。

また、低レバレッジで取引するためには、証拠金の管理のほかに為替レートに気を配っておくことも大切です。

為替レートが予想と逆の方向に推移した場合、損失が発生し、その分有効証拠金額が減るため、結果的にレバレッジが高くなってしまいます。そのまま不利な方向への値動きが続いた場合、損失が膨らみ、ロスカットされてしまうことにもなりかねません。

各FX会社が提供している取引ツールには、あらかじめ設定しておくと為替レートの動きを通知してくれる機能を搭載しているものもあるので、そのような機能を活用するなどしてレートの変動に注意しておくと良いでしょう。

もし「はじめは低レバレッジで取引を始めたけれど、その後の為替レートの変動でレバレッジが高くなってしまった」という場合は、証拠金を追加で入金してレバレッジを低くするか、ポジションを決済して損切りするなどの対応を検討する必要があります。

しばらく待てばレートが戻ってレバレッジも低い水準に戻るという可能性もありますが、様子見を続けているうちにさらに状況が悪化してしまうというのは初心者にありがちな失敗パターンなので注意が必要です。

そのような失敗を避けるために、どのような状況になったら証拠金を追加するか、あるいは損切りを実行するかといったルールを事前に考えておきましょう。

低レバレッジで取引するために気をつけたいポイント: 

  • 証拠金の額に対して取引額が大きくなりすぎないよう、余裕のある取引をする
  • 為替レートの変動に注意する

まとめ:ポイントをおさえて適正レバレッジでの取引を心がけよう

レバレッジの仕組みはFXの最大の魅力とも言われますが、高すぎるレバレッジは大きな損失につながるリスクもあるため、初心者は特に注意が必要です。

レバレッジの仕組みを正しく理解し、証拠金額や取引額の管理、為替レートのチェックなどを行って、低レバレッジで余裕のある取引を行うように心がけましょう。

初心者は低レバレッジでの取引がおすすめ。レバレッジのポイントをおさえて余裕のある取引を心がけよう。
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
タイトルとURLをコピーしました