fbpx

ハネムーン(新婚旅行)の超定番!人気おすすめ旅行先15選

結婚
湊

ハネムーン(新婚旅行)で人気の旅行先ってどこ?

明日香
明日香

ハネムーン(新婚旅行)の予算や費用はどのくらい用意すればよいのかしら?

このようなお悩みをお持ちではありませんか。

そんな方に朗報です。

この記事では、下記の流れで、国内や海外のハネムーン(新婚旅行)に人気の旅行先やその予算・費用などを詳しく紹介します。

  • ハネムーン(新婚旅行)とは
  • ハネムーン(新婚旅行)の人気おすすめ旅行先の予算・費用相場【海外編】
  • ハネムーン(新婚旅行)の人気おすすめ旅行先の予算・費用相場【国内編】
  • ハネムーン(新婚旅行)に行く平均日数
  • ハネムーン(新婚旅行)でかかる費用の内訳
  • ハネムーン(新婚旅行)に行く前に準備するもの

本記事を参考にしていただければ、ハネムーン(新婚旅行)費用を事前に準備する具体的な方法などについても詳しく知ることができます。

では早速、「ハネムーン(新婚旅行)とは?」から紹介しましょう。

貯金方法の悩み一発解消!20代30代から始める資産形成術
確実に貯金を成功させる方法を紹介!そもそも日本人はどのくらい貯金を行っているの?貯金ができない人の特徴は?将来の不安を解消するなら貯金ではなく投資である理由や20代から始めるおすすめの資産運用などについて徹底解説します。

ハネムーン(新婚旅行)とは?

結婚すると「新婚旅行はどこに行く?」と聞かれること多いですよね。

今では当たり前の新婚旅行は明治時代から始まった新婚のカップルが旅行に行くという風習です。

元々欧米文化の「honeymoon(ハネムーン)」が日本に広まったと言われています。

「honey」は蜂蜜という意味ですが、蜂蜜には強壮効果があると言われ、ミツバチがたくさん子を産むことにあやかって新婦が蜂蜜酒を飲んでいたことからとられています。

結婚から1ヶ月がハネムーンと呼ばれていましたが、それが旅行になり、いつ行くのかタイミングもさまざまになりました。

結婚式の前からハネムーンに行く方もいますし、ハネムーン先で結婚式をする方もいます。

ハネムーン(新婚旅行)の人気おすすめ旅行先の予算・費用相場【海外編】

それでは、ハネムーンの人気おすすめ旅行先の予算や費用相場を見ていきましょう。

まずは、海外編です。

さくら
さくら

ここでは、ツアーでのハネムーンを想定しています!

【ヨーロッパ】イタリア

イタリアはヨーロッパの中でも特に人気の高い国です。ミラノやフィレンツェ、ローマ、ベネチア、ナポリなど有名な都市がたくさんあります。

世界最大級のゴシック建築と謳われるミラノ大聖堂や世界遺産として貴重なサン・マルコ大聖堂などの建築物はイタリアに行ったら見ておきたいもの。

また、色鮮やかな街並みがかわいいブラーノ島は写真撮影に欠かせません。他にも映画によく登場するトレビの泉やスペイン広場など観光名所が多いのがイタリアの魅力です。

そんなイタリア旅行の予算は、二人分で40万円〜60万円ほどです。旅行日数は7日〜10日間ほどで、有名都市を楽しむよりリゾート地に行く方が高くなる傾向にあります。

この予算はツアー代金なので、それ以外にもお金はかかります。買い物や食事、入場料なども用意する必要があります。そうなれば二人で60万円〜120万円ほどになるでしょう。

イタリアの物価は日本より少し高く、観光地は値上がりが激しくなります。食事はカジュアルなお店で1500〜4000円ほど。

教会などは入場料がかからないことがありますが、美術館や博物館は500円〜2500円ほど。 食事を軽食で済ましたり美術館や博物館を回れる共通券を使ったりすることでお得にすることもできます。

ツアー代にどのくらいかかるのか計算して少し多めに持っていくのがおすすめです。

項目 イタリア旅行の予算(2人分)
ツアー代 約40~60万円
食事代 約10万円~
観光費・交通費 約10万円~
合計 約60万円~

【ヨーロッパ】フランス

フランスは、エッフェル塔やルーブル美術館のあるパリや世界遺産に登録されたモンサンミッシェル、リゾート地のニース、かわいい街並みのアルザス地方、港のある都市マルセイユなど一度は訪れてみたい素敵な国です。

期間を7日〜8日間とすると、二人でツアー代30万円〜60万円ほどで訪れることができます。フランスの物価は高めで、外食をすれば2000円〜ですがスーパーで買うと日本より安いものもあるのでチェックしてみると良いかもしれませんね。

ツアー代とプラスして予算は50万円〜120万円ほど用意しておきましょう。

項目 フランス旅行の予算(2人分)
ツアー代 約30~60万円
食事代 約10万円~
観光費・交通費 約6万円~
合計 約46万円~

【ヨーロッパ】ギリシャ

ギリシャの魅力は、なんと言っても絶景が楽しめるというところ。

世界一美しい島と言われるサントリーニ島や白を貴重とした絵本のようなミコナス島、ブルーが輝くビーチが有名なザキントス島、パルテノン神殿のあるアテネなど絶景を見ることができます。

また、海の幸が美味しく、チーズやヨーグルトも有名ですよね。綺麗な絶景を見ながらの食事は格別でしょう。 そんなギリシャでのツアー予算は、二人で40万円ほどから。

そこに滞在費を合わせると、80万円〜200万円ほどになります。サントリーニ島など観光地のホテルを選ぶと高くなるので安くしたいなら別のホテルを選ぶのがおすすめです。

サントリーニ島は日本から直行で行くことは少ないので、経由地で観光しても良いかもしれませんね。

項目 ギリシャ旅行の予算(2人分)
ツアー代 約40万円~
食事代 約10万円~
観光費・交通費 約6万円~
合計 約56万円~

【ヨーロッパ】マルタ

マルタは地中海に囲まれた小さな島です。絵本から出てきたような街並みや世界遺産となっている巨石神殿など魅力的な場所です。

治安も悪くなく、マルタとイタリアやフランスなど他国周遊できるのも人気の理由です。 そんなマルタへハネムーンすると二人分で40〜70万円ほど。

そこに滞在費をプラスすると50万円ほどからになります。

マルタは物価が安いので 冬はオフシーズンなので費用も安くなりがち。お得にしたいのならシーズンで選んでも良いかもしれません。

項目 マルタ旅行の予算(2人分)
ツアー代 約40万円~
食事代 約8万円~
観光費・交通費 約2万円~
合計 約50万円~

【ヨーロッパ】ニューカレドニア

ニューカレドニアは、青い海と白い砂浜の絶景が魅力のリゾート地です。天国に一番近い島とも呼ばれ、水上コテージやジャングルなど日本ではなかなか見られない魅力があります。

ニューカレドニアは二人で30万円〜60万円ほど。島をいくつか周遊すると費用も高くなります。滞在費を合わせると50万円〜120万円ほどです。

ツアー代は比較的安めですが、物価が高いので食事代などは余裕を持って計画を立ててください。

項目 ニューカレドニア旅行の予算(2人分)
ツアー代 約30万円~
食事代 約10万円~
観光費・交通費 約2万円~
合計 約42万円~

【アメリカ】ニューヨーク

ニューヨークはカルチャーの発信地として人気の街。日本と同じように春夏秋冬があるのでいつ行ってもイベントが行われていて楽しむことができるでしょう。

ニューヨークは数えきれないほど海外ドラマの舞台になっているので憧れる人もたくさんいますね。旅行にいく前に鑑賞しておくともっと楽しめますよ。

ブランドショップで買い物をしたり、映画に登場する美術館や博物館を回ったりと楽しめる場所がたくさんあります。 また食事も人気で新しいものが魅力的。

のちのち日本へ来るお店も多く、いち早く味わうことができるでしょう。スイーツ店やハンバーガーショップなど最新のグルメをチェックしておくのがおすすめです。

そんなニューヨークは、ツアーがふたりで30万円〜70万円ほどとなり、滞在費を合わせると50万円〜150万円ほどになります。

ホテルの中には日系ホテルがあり、サービスが充実しているのが魅力です。またどこへ行くにも困らないマンハッタンのホテルなどがあります。

項目 ニューヨーク旅行の予算(2人分)
ツアー代 約30万円~
食事代 約10万円~
観光費・交通費 約5万円~
合計 約45万円~

【アメリカ】ラスベガス

ラスベガスといえばカジノですが、周りは砂漠が広がり、アメリカらしい大自然を楽しむこともできます。カジノを楽しむのもよし、グランドキャニオンで大自然を楽しむのもよしです。

治安の悪さが心配…という方が多いですが、危険な場所や時間に気をつけることで安心して過ごすことができるでしょう。

ラスベガスからサンフランシスコへ、ロサンゼルスなど都市周遊が可能なので行きたい場所をピックアップしてツアーを決めていきましょう。

そんなラスベガスは、ふたりで30万円〜ほど。ホテルによって価格が大きく変動します。ラスベガスはやはり観光地価格ですが、物価は安め。

コーヒーは300円〜600円、カジュアルなレストランなら2000円〜3000円で食事をすることができます。

チップが20%かかることを頭に入れておくと予算も立てやすくなります。 ラスベガスといえばカジノですから思った以上のお金を使うことも。

遊ぶのには大体1回20ドルはかかり、最初にどれぐらい使うのか予算をしっかり立ててから遊ぶことをおすすめします。

項目 ラスベガス旅行の予算(2人分)
ツアー代 約30万円~
食事代 約10万円~
観光費・交通費 約10万円~
合計 約50万円~

【アメリカ】ロサンゼルス

ロサンゼルスにはハリウッドやダウンタウン、ビバリーヒルズ、サンタモニカなど映画やドラマなどでよく見る観光地がたくさんあります。

ハリウッドといえば歩道に埋められた世界スターの名前が刻まれた敷石。そしてLAストリートはファッションの街としても有名で、ハイブランドショップからアウトレットモールまであり買い物に困ることはありません。

西海岸が好きな方はサンタモニカがおすすめ。イメージ通りの光景が広がっていますよ。 ロサンゼルスのハネムーンは、40万円から70万円ほど。

ラスベガスやサンフランシスコ、ニューヨークなど都市を周遊するプランが多いです。70万円ほどは用意しておきましょう。

また、チップの習慣があるのがアメリカ。20%ほどのチップを渡す必要があるので、小銭を用意しておくのがおすすめです。

項目 ロサンゼルス旅行の予算(2人分)
ツアー代 約40万円~
食事代 約12万円~
観光費・交通費 約10万円~
合計 約62万円~

【アメリカ】ハワイ

ハワイは昔から新婚旅行の定番となっていて、ゼクシィ結婚トレンド調査2019の人気旅行先でも一位になっています。

鮮やかなブルーのビーチ、常夏の気候、日本語が通じる安心感などが魅力的ですよね。

中でもホノルルのあるオアフ島が人気で、自然の美しさと高層ビルが並ぶ都会的な部分両方楽しむことができます。 ふたりでのハネムーンならおよそ50万円〜70万円かかります。

そこに現地でかかる費用をプラスすると70万円〜140万円ほどになります。 ハワイに新婚旅行に行くならウエディング撮影がおすすめ。

美しいビーチを背景に思い出の写真を撮ることができます。

項目 ハワイ旅行の予算(2人分)
ツアー代 約50万円~
食事代 約9万円~
観光費・交通費 約5万円~
合計 約64万円~

【モルディブ共和国】モルディブ

モルディブは、たくさんの島が集まっていて、それぞれの島で美しい海と砂浜が楽しめるリゾート地です。

モルディブの景色は、いつどこをとっても美しく、自撮りでも最高の一枚が撮れるでしょう。水上また、マリンスポーツをふたりで楽しむのもおすすめ。

シュノーケルやダイビングにチャレンジしてみてくださいね。

そんなモルディブのハネムーンは、60万円〜120万円ほどです。島を周遊するツアーが人気ですが、ひとつの島でゆったり過ごすのも良いでしょう。

項目 モルディブ旅行の予算(2人分)
ツアー代 約60万円~
食事代 約10万円~
観光費・交通費 約5万円~
合計 約75万円~

ハネムーン(新婚旅行)の人気おすすめ旅行先の予算・費用相場【国内編】

ハネムーンといえば海外ですが、国内旅行もおすすめです。国内旅行の中でも人気の場所をまとめてみました。

沖縄県

沖縄といえば暖かい気候と透明度の高い美しい海が人気の理由です。そして沖縄独自の文化も魅力的。赤瓦の古民家が立ち並ぶ景色は日常を忘れさせてくれます。

沖縄本島や宮古島など行きたい場所をチェックしてみましょう。 そんな沖縄のハネムーンは、2人で15万円〜30万円ほどです。国内旅行なので三泊四日ほどがおすすめ。

海外へ行くよりずっとお得に行くことができますね。ツアーの中にはレンタカーがついているものもありますよ。 そこに食事代やお土産代をプラスします。

物価が気にならないのも国内旅行の良いところ。観光地は高めに設定されているので少し多めの気持ちで用意しましょう。

北海道

北海道の人気の秘密はやはりグルメ。海で獲れる新鮮な海鮮や牧場で育てられた牛乳やバターなどで作られる料理は北海道ならではでしょう。

また、札幌、室蘭、釧路、知床など有名都市がたくさんあります。 北海道の新婚旅行の予算は、30万円〜40万円ほど

温泉が楽しめる和風な旅館や都会的でリッチなホテルなど泊まる場所は多彩で悩んでしまいますね。

東京都

新婚旅行の定番は、沖縄や北海道ですが東京都もおすすめです。さすが日本の首都ですから、話題のお店やグルメがたくさん集まっています。

スカイツリーや浅草、東京ディズニーリゾートなど観光スポットもさまざまです。 ツアー2人分でも10万円〜楽しめるのも魅力のひとつ

せっかくのハネムーンですからちょっと高級なホテルを選んでみるのもおすすめです。

大阪府

大阪らしいグルメが楽しめる食いだおれの新婚旅行はいかがでしょうか。赴きが感じられる法善寺横丁ではお好み焼きや串カツ、居酒屋など大阪らしさを思いっきり感じられる場所。

黒門市場は歩き食べのできる活気あふれる商店街。なかなか他ではみないクジラ肉なんかも楽しむことができますよ。 そんな大阪は7万円〜楽しむことができます。

人気のテーマパーク、ユニバーサルスタジオジャパンのオフィシャルホテルに泊まれるツアーもあります。

福岡県

福岡県は、都会的な部分と歴史的な部分を両方合わせ持つ人気の場所です。特にグルメは美味しいことが有名で、とんこつラーメンや新鮮な魚、明太子などを味わうことができます。

福岡県は7万円〜が相場になります。福岡の春はさくらまつり、夏は山笠、秋は紅葉、冬はイルミネーションを見ながらもつ鍋などどのシーズンも楽しむことができるでしょう。

ハネムーン(新婚旅行)に行く平均日数

せっかくのハネムーン 、できれば長く行きたいですよね。

しかし、仕事や用事の兼ね合いでなかなか日数が取れない人も。ハネムーンはどのくらい行くのか、平均日数を紹介します。

ゼクシィ結婚トレンド調査2019によると、7日間が一番多くなっていて、次いで8日、6日、5日となっています。

土日や祝日を利用して平日で休みを取る、というパターンが多い傾向にあります。一週間ほどのハネムーンなら仕事への影響も少ないでしょう。

また、国内への新婚旅行の場合は3〜4日間が多いです。移動時間も少ないので短い日数でも思う存分楽しめます。

ハネムーン(新婚旅行)でかかる費用の内訳

ハネムーンかかる費用にはどんなものがあるのでしょうか。詳しい内訳を見ていきましょう。

上記で紹介してきた費用はパッケージツアーの料金で、飛行機+宿泊施設、飛行機+宿泊施設+オプションが内訳となります。

以下、主な内訳を紹介しています。

【海外旅行の費用内訳】

  • パッケージツアー
  • 飛行機+宿泊施設
  • 空港利用税
  • ビザ取得代
  • パスポート取得代
  • 旅行保険代
  • 交通費
  • 食事代
  • お土産代
【国内旅行の費用内訳】

  • パッケージツアー
  • 飛行機+宿泊施設
  • 交通費
  • 食事代
  • お土産代

では、イタリアのツアーに行った場合、実際にどのくらいかかるのか詳しい内訳を見ていきましょう。

今回は東京発の7日間ツアーを想定しています。

項目 イタリア旅行の予算(2人分)
ツアー代 50万円
食事代 8万円
観光費 5万円
交通費 3万円
お土産代 5万円
空港利用税など 2万5千円
イタリア宿泊税 千円
海外旅行保険代 6千円
合計 74万2千円

食事を簡単に済ませたり、お土産が少なかったりすればもっとお得にすることもできます。

ハネムーンでは行く場所にもよりますが約60万円~の費用が掛かってくることが分かったと思います。

人によってはかなり大きな費用となるため、ハネムーンを楽しむためには事前に貯金でお金をしっかりと貯めておきましょう

貯金方法の悩み一発解消!20代30代から始める資産形成術
確実に貯金を成功させる方法を紹介!そもそも日本人はどのくらい貯金を行っているの?貯金ができない人の特徴は?将来の不安を解消するなら貯金ではなく投資である理由や20代から始めるおすすめの資産運用などについて徹底解説します。

また、将来にかかる様々な費用を把握しておくためにも、事前にシミュレーションをしてみましょう。

ライフプランシミュレーション

ハネムーン(新婚旅行)に行く前に準備するもの

ハネムーンは滞在期間が長いので行く前にしっかり準備したいもの。

国内なら旅行先でもすぐ揃えられますが、海外なら困ることもあります。

新婚旅行に行く前に準備しておきたいものをまとめたので参考にしてみてください。

【必需品・貴重品はしっかり管理】

  • パスポート
  • ビザ
  • 現金(日本円・外貨)
  • クレジットカード
  • ツアー日程表
  • 航空券
  • 海外旅行保険賞
  • 宿泊施設予約券
  • パスポートのコピー
  • 証明写真
【衣類・現地の気候を調べておこう】

  • トップス
  • ワンピース
  • ジャケット
  • パジャマ
  • 下着
  • 靴下
  • 帽子
  • 水着
【洗面用具・自分に合うものを】

  • シャンプー・リンス
  • 歯磨き粉・歯ブラシ
  • 剃刀・髭剃り
  • ヘアブラシ
  • 爪切り・綿棒
  • メガネ・コンタクトレンズ
  • 化粧品
  • 常備薬
  • 虫除けグッズ
  • 洗濯用洗剤
  • 生理用品
  • ティッシュ
【その他・できれば持っておきたい】

  • 折り畳み傘
  • 電子機器
  • スマートフォン、携帯電話
  • カメラ
  • 充電器
  • パソコン 変圧器
  • 電卓
  • 筆記用具
  • ガイドブック
  • スリッパ
  • 予備の財布
  • バッグ ビニール袋

まとめ:ハネムーン(新婚旅行)を楽しむためには日頃から貯金をすることが大切

この記事では国内や海外のハネムーン(新婚旅行)に人気の旅行先やその予算・費用などを紹介してきました。

せっかくの新婚旅行ですから、費用を気にせず楽しみたいもの。

そのためには事前に予算をしっかり決めておき、多めに計算しておくことが大切です。

決して安くない新婚旅行ですから日頃から貯金をしておきましょう

貯金方法の悩み一発解消!20代30代から始める資産形成術
確実に貯金を成功させる方法を紹介!そもそも日本人はどのくらい貯金を行っているの?貯金ができない人の特徴は?将来の不安を解消するなら貯金ではなく投資である理由や20代から始めるおすすめの資産運用などについて徹底解説します。

また、新婚旅行だけではなくマイホームの購入や子供を育てる費用など、お金はたくさんかかります。

何にいくらかかるのかを把握しておくことで、今後のライフプランをより充実したものとなるでしょう。

ライフプランシミュレーション

タイトルとURLをコピーしました