SBI FXトレードの口座開設の流れ

FX会社
記事中の情報や画像は、2019年11月13日時点のものです。最新情報や詳細については、公式サイト等でご確認ください。

SBI FXトレードは1通貨から取引が可能で少額からFXを始められ、取引コストも低いため初心者に人気のFX会社です。

本記事ではSBI FXトレードの口座開設方法を紹介します。

SBI FXトレードの口座開設申し込みはスマホからでも簡単に、最短5分で行うことができます。

申し込みには運転免許証などの本人確認書類とマイナンバー確認書類が必要なので、事前に準備して始めましょう。

口座開設申し込み画面を開く

SBI FXトレードのページを開き、「無料口座開設はこちら」をタップします
SBI FXトレードの口座開設申し込み画面が開きます。

申し込みサービスの確認

FX取引、オプション取引、積立FX取引のうち申し込むサービスを選択します。FX取引のみ行いたい場合は、「FX取引口座」のみにチェックを入れればOKです。

重要事項の確認・承諾

「電子交付について」「契約締結前交付書面等」などの確認・承諾を行っていきます。

本人確認書類等の提出

「マイナンバー通知書類」および「本人確認書類」の提出方法を選びます。WEBアップロードまたはメール・郵送を選ぶことができます。スマートフォンでその場で提出を完了できるWEBアップロードの利用がおすすめです。
マイナンバー通知書類の種類を選び、書類の画像をアップロードします。その場でスマートフォンのカメラで書類を撮影し、アップロードすることができます。
続けて本人確認書類をアップロードします。こちらも、運転免許証などの画像をスマホで撮影してアップロードすればOKです。

基本情報の入力

続いて、性別や氏名、生年月日、住所等の基本情報を入力します。

投資経験等に関する質問への回答

年収や自己資産、投資経験等に関する質問に答えていきます。選択肢から選ぶだけで簡単に回答を進めることができます。
FXや株などの投資経験についてもタップして回答していきます。

注意事項の確認

最後に、FX取引に関する注意事項を確認していきます。オプション取引も申し込む場合は、オプション取引に関する注意事項の確認が続きます。
すべての入力が完了したら、「次画面へ」をタップします。
入力内容の確認画面が表示されます。内容に間違いがないか確認していきます。
入力内容に間違いがなければ、「この内容で申し込む」をタップします。以上で口座開設申し込みは完了です。
この後SBI FXトレードで審査が行われ、審査が完了するとログインIDやパスワードなどが記載された書類が登録した住所宛に簡易書留で郵送されます。口座にログイン・入金後、取引を開始することができます。

SBI FXトレードの公式ページ

タイトルとURLをコピーしました