FX50万通貨での取引はいくら必要?おすすめの証拠金も紹介

FX入門・初心者
湊

FXの最大取引通貨って50万通貨ですか?

明日香
明日香

 50万通貨から取引を行うにはいくら必要

こんなお悩みをお持ちではありませんか。

50万通貨とは、FX各社が定める取引単位のことです。

国内FX会社では、一般的に1,000通貨や10,000通貨が採用されているため、50万通貨と聞いてもいくら必要なのかやいくらの損益があるのかなど、イメージをしづらいでしょう。

そこで本記事では、

  • FX各社の最大取引通貨
  • FX50万通貨に必要な証拠金
  • FX50万通貨の特徴や注意点

という流れで、FXの取引単位である50万通貨について詳しく紹介します。

本記事を読んで理解すれば、50万通貨からの適正証拠金を知ることができるため、リスクを抑えた取引を始めることができます。

50万通貨についてお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

FX各社によって最大取引通貨は異なる

FX各社によって、最大取引通貨というものが決められています。

最大取引通貨とは、一度の発注上限のことです。

FX各社によって最大取引通貨が異なり、一般的に100万通貨から1000万通貨まで取り扱っているところが多く、中には無制限というFX会社まであります。

しかし、最大取引通貨が50万通貨以下の場合、50万通貨での取引を行えないので、事前にFX会社の最大取引通貨を把握しておく必要があります。

FX50万通貨に必要な証拠金

さて、それでは実際にFXを50万通貨で取引するためには、どれくらいの証拠金が必要になってくるのでしょうか。

以下に、50万通貨でFXの取引を行う場合の各通貨ペアの必要証拠金を一覧にしてまとめてみました。

各通貨ペア毎の必要証拠金一覧

通貨ペア 1倍 10倍 20倍 25倍
ドル/円
(1ドル100円)
5,0000万円 500万円 250万円 200万円
ユーロ/円
(1ユーロ120円)
6,000万円 600万円 300万円 240万円
ポンド/円
(1ポンド135円)
6,750万円 675万円 337,5万円 270万円
豪ドル/円
(1豪ドル75円)
3,750円 375万円 187,5万円 150万円
カナダ/円
(1カナダドル80円)
4,000万円 400万円 200万円 160万円
スイスフラン/円
1フラン110円
5,500万円 550万円 275万円 220万円
ユーロ/ドル
(1ユーロ1.2ドル)
6,000万円 600万円 300万円 240万円
ポンド/ドル
(1ポンド1,35ドル)
6,750万円 675万円 337,5万円 270万円

必要証拠金のやり方は、こちらの記事を参考にしてください。

FX必要証拠金の計算方法!初心者におすすめの証拠金は10,000円
FX必要証拠金の計算方法を紹介!有効証拠金や証拠金維持率とは?ロスカットされないための対策は?FX初心者におすすめの必要証拠金も併せて解説!

FX50万通貨の特徴

FXを50万通貨で取引する場合に必要となる証拠金がわかったところで、50万通貨でFX取引を行うことの特徴を見ていきましょう。

特徴①:大きな利益を得ることができる

FXの50万通貨の特徴は、大きな利益を得ることができるということです。

当然のことながら、取引にかける金額が上がれば上がるほど収益は大きくなります。

個人トレーダーの間では一般的と言われる10,000通貨での取引より、50万通貨での取引の方が利益は多くあげられます。

例えば、1ドルが100円から101円に上がった時、10,000通貨での取引であれば1万円の利益となりますが、50万通貨での取引であれば50万円の利益を上げることができます。

取引通貨単位が大きくなる分だけ大きな利益を上げることができるというのが、50万通貨でFX取引を行うことの特徴であると言えます。

FX50万通貨で取引を行う際の注意点2つ

大きな利益を得ることができる50万通貨でのFX取引ですが、注意しなければならない点もあります。

50万通貨でFXの取引を行う際は、以下の注意点に気をつけるようにしましょう。

注意点①:利益も大きいが損失も大きくなる

FXを50万通貨で取引をするということは、大きな利益を得ることもできますが、損失が大きくなる可能性もあるということを、しっかりと理解しておかなければなりません。

相場が読み通りに動けば、大きな利益を得ることができますが、思惑とは逆の方向に相場が動いてしまった場合は、大きな損失となってしまうということです。

例えば、先述した例とは逆に、1ドル100円から99円に下がった場合、10,000通貨で取引をしていれば1万円の損失のところが、50万通貨での取引の場合は50万円もの損失になってしまいます。

このように、50万通貨でのFX取引はうまくいけばハイリターンであると同時に、ハイリスクを伴っているということをしっかりと理解して、取引を行わなければなりません。

注意点②:精神的負担が大きく初心者には向いてない

FXを50万通貨で取引することは精神的な負担が大きく、初心者にはあまり向いていないということです。

個人のトレーダーであれば10,000通貨での取引が一般的なFXにおいて、50万通貨でFXの取引を行うということは、その50倍もの金額を扱うということになります。

FXの初心者がいきなりそうした大金を動かすというのは、メンタル的負担が大きくなってしまう恐れがあります。

精神的に追い詰められてしまった状態では、冷静な判断ができなくなってしまい、間違った対処をしてしまうということもあり得ます。

FXの世界では損小利大が鉄則とされており、利益は伸ばせるところまで伸ばし、損失はなるべく小さく抑えることが基本です。

含み益を抱えている場合でも、含み損を抱えている場合でも、決済するタイミングというのは非常に重要になりますが、冷静な判断を欠いては上手く対処できなくなってしまいます。

こういったことから、50万通貨でのFX取引は初心者にとっては精神的にきつくなってしまうことも多く、向いているとは言えないのです。

FX50万通貨で取引するおすすめの証拠金

FXを50万通貨で取引する際には、レバレッジを5倍~10倍程度の証拠金で取引を行いましょう。

ドル円(1ドル100円)であれば250万円~500万円の証拠金で行うのがおすすめです。

レバレッジを10倍にして取引をするということは、資金の10倍の金額の取引をすることができるということです。

500万円の証拠金で、その10倍となる50万通貨のドル円を取引したとすると、価格変動が1円だったとしても50万円もの利益をあげることができます。

レバレッジを10倍に設定すれば、レバレッジ1倍の場合の10倍の収益を得ることができるのです。

しかし、レバレッジは高ければ高いほど良いというわけではありません。

個人のトレーダーであれば、最大で25倍までのレバレッジをかけることができますが、レバレッジを10倍に押さえておけば、ロスカットになる可能性を低くすることができます。

レバレッジを高くかけるほど、為替の変動が小さくてもロスカットになる可能性が高くなり、思惑とは逆方向に相場が動き、ロスカット水準に達してしまうと、損失が確定してしまいます。

例えば、1ドル=100円で50万通貨分のドルを買うと仮定します。

ロスカット水準が50%とし、25倍のレバレッジにしていた場合、1ドルが98円になったときロスカット水準に達してしまいます。

10倍であれば、1ドルが95円になるとロスカット水準です。

ドル円で2円の急変動が1日のうちに起こることは度々ありますが、1日のうちに5円の変動というのは滅多なことでは起こりません。

また、ロスカットになってしまうほどの局面でなくとも、思惑とは逆方向に相場が動いてしまうことは多々あるでしょう。

そういった時でも、レバレッジを10倍に押さえておけば、リスクを抑えた取引が可能です。

例えば、1円相場が予想の逆方向に動いたとしても50万円の損失で、証拠金の10%だけの損失で済みます。

この程度の損失であれば、すぐにカバーすることができるでしょう。

以上のことからわかるように、50万通貨でFXの取引する際には、ドル円ではレバレッジを10倍にし、500万円の証拠金で行うというのがおすすめであると言えます。

まとめ:FX50万通貨は上級者向けの取引単位

50万通貨でFXを始める際の証拠金は、250万~500万円程度がおすすめです。

適正証拠金を守ることでリスクを抑えつつも、大きな収益を見込んだ取引をすることができるということがお分かりいただけたと思います。

50万通貨でのFX取引をしようと考えている方は、この記事を参考にして、しっかりとリスク管理をした上で始めてみてはいかがでしょうか。

ただし、初心者の方がいきなり50万通貨で取引を行うのは、大きな損失を出すリスクが高いぞ!
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
タイトルとURLをコピーしました