FXおすすめチャートソフト5選!おすすめスマホアプリも併せて紹介

FX会社を比較
湊

FX取引を行う際に見やすくて使いやすいおすすめのチャートはありますか?

明日香
明日香

機能が充実したハイスペックなFXチャートはどこのFX会社が扱っているのかしら?

FX各社によってチャート機能が異なるため、チャート選びでお悩みの方も多いのではありませんか。

チャートによって、使えるテクニカル分析ツールや発注の種類などが異なるため、チャート選びは慎重に行わなければなりません。

使いにくいチャートを選んでしまうと、取引がやりづらく優位性のある取引を行いづらくなってしまいます。

そこで本記事では、

  • FXチャートソフトの選び方
  • FXおすすめのチャートソフト
  • FXおすすめのチャートアプリ

という流れで、おすすめのFXチャートを紹介します。

本記事を参考にしていただければ、失敗しないチャート選びができ、優位性のある取引を行えるようになるでしょう。

チャート選びでお悩みの方は、ぜひ本記事を参考に取引を始めてみてください。

FXチャートソフト・アプリの選び方3つ

FXのおすすめチャートを紹介する前に、失敗しないためにもまず選び方を覚えてください。

おすすめされたからといって選んでしまうと、使いたい機能がなかったり情報量が少なかったりという様々な理由からチャート選びに失敗してしまう可能性があります。

ここで紹介する選び方を参考に、後程紹介するおすすめチャートを選んでください。

FXチャートソフト・アプリの選び方 

  • チャートが見やすいか確認する
  • 使いたい機能があるか確認する
  • 情報量が豊富なのかを確認する

選び方①:チャートが見やすいか確認する

まず、取引に使用するチャートが見やすいのかを確認しましょう。

チャートのデザインや色などはFX各社によって異なります。

自分が見づらいと思うチャートを利用していると、判断を誤ってしまう可能性があります。

デザインの見やすさや見づらさは個人差にもよりますが、自分が見やすいと思ったチャートを選ぶことが大切です。

FX各社のホームページに、チャート詳細が載っているので、口座開設をする前に事前に確認しておきましょう。

選び方②:使いたい機能があるか確認する

FX各社によって、使えるインジケーターや描写ツールなどが異なるため、自分が使いたいものがあるかを確認しましょう。

例えば、移動平均線が使いたいのに口座開設をしたら移動平均線がなかったとします。

この場合、自分の取引が出来ず、なかなか利益を上げることができないとなってしまいます。

使いたいツールや機能がないと優位性のある取引を行うことができなくなってしまうため、口座開設前にどんな機能やツールがあるのかを確認しましょう。

選び方③:情報量が豊富なのかを確認する

FX各社によって提携している配信会社が異なるため、情報量の豊富さに差があります。

FXでは、相場の流れを把握するためにも、情報収集は非常に大切です。

例えば、世界的に有名な配信会社は、ロイターやフィスコなどがあります。

そういった世界的に有名な配信会社と提携しているFX会社を選べば、安心性がある情報を取集することが可能です。

口座開設前に、どこの配信会社と提携をしているかも確認しましょう。

FX各社の配信会社が知りたい方は、こちらの記事をご参考としてください。

FXニュースを徹底比較!初心者が情報を取得すべきFX会社5選
FX初心者におすすめのニュースを紹介!そもそも有名なニュース配信会社は?初心者向けのおすすめのサイトやTwitterは?ニュースの失敗しない読み方や始め方も併せて解説!

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

外為どっとコムが提供するFX取引サービスである、「外貨ネクストネオ」。

外為どっとコムはFX業界では老舗であり、老舗ならではの信頼性やしっかりとした財政基盤を誇ります。

総合力の高さも多くのトレーダーから支持されており、2018年の「みんかぶFX」FX会社比較ランキングで総合第1位(※注1)の評価を獲得。

(※注1:『みんかぶFX』の同サイト運営者が定める指標に基づく各FX会社のサービス等の調査。調査期間:2018年12月1日~2018年12月14日 調査機関:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド)

また、1,000通貨からの取引が可能なため、約4,000円という少額から取引を行えるのも魅力的です。

総合力の高さを誇り多くのトレーダーから指示を集めている、外貨ネクストネオのチャートソフトを以下で詳しく紹介しましょう。

「外貨ネクストネオ」チャートソフト

外為どっとコムは、スプレッドの狭さやスワップポイントの高さなどの総合力の高さに加えて、取引ツールの開発にも力を入れております。

パソコン版・スマホ版・iPad版など、どのデバイスにも対応した取引ツールを揃えており、あらゆる取引スタイルに合わせて使い分けが可能です。

特に、パソコン版の「リッチアプリ版」は、多機能なチャートや豊富な注文方法などがあり、取引環境としては申し分ありません。

リッチアプリ版で使用できるテクニカル指標や描画ツールは、以下の通りです。

テクニカル指標
単純移動平均線・指数平滑移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラボリック・エンベロープ・ストキャスティクス・RSI・乖離率・サイコロジカルライン・DMI・RCI・ROC・MACD・ウィリアムズ%R・アルティメットオシレーター・平均足
描画ツール
直線・水平線・垂直線・円・三角形・四角形・ペンタゴン・フィボナッチリトレースメント・フィボナッチファン・フィボナッチアーク・フィボナッチタイムゾーン・フィボナッチエクスパンション・計測ツール・トレンドラインマグネット・トレンドライン選択モード・トレンドライン消去モード・線の太さ・線の種類

また、1画面で最大20通貨ペアを確認することができるため、複数のチャート画面を見ながら、通貨の強弱やトレンド分析などが行いやすいのも特徴的です。

外為どっとコムでは高機能なチャートソフト以外にも、初心者でもFX相場の方向性を直観的に予想できる「ぴたんこテクニカル」やFX相場に特化した「外為情報ナビ」など、独自ツールも充実しております。

外為どっとコムなら、多機能な取引ツールだけではなく、相場を予測するツールでより優位性のある取引を行うこともできます。

初心者の方がFXを始めるのであれば、まず初めに口座開設しておきたいFX会社といえます。

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の評判やデメリットは?気になる点を徹底解説!
外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の評判は?低コストで1,000通貨から取引が可能、充実した情報コンテンツが人気の外為どっとコム(外貨ネクストネオ)の特徴を徹底解説!取引ツールは?デメリットは?口座開設前に気になるポイントをチェック!

外為どっとコムの公式サイトへ

DMM.com証券「DMM FX」

DMM.com証券が提供するFX取引サービス、「DMM FX」。

DMM.com証券は、2020年1月時点でFXの口座数が、国内第1位(※1)となっているFX会社です。

※1:2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月口座数調査報告書)。

DMM FXと外為ジャパンFXを合算した口座数にて調査 取引ツールの使いやすさや取引コストが低いことなど、FXを行うのに最高の取引環境といえます。

また、口座数だけではなく、2010年にはFX年間取引高第1位という実績も誇ります。

(2011年2月時点、(株)矢野経済研究所『2010年1~12月度 有力FX企業10社における月間取引高』より)。

以下で、多くのトレーダーから人気を得ているDMM FXのチャートソフトを詳しく紹介します。

「DMM FX」チャートソフト

DMM FXが多くのトレーダーから人気がある理由の1つは、高機能なチャートソフトや初心者にも扱いやすい取引ツールが充実していることです。

PC版取引ツールでは、初心者向けの「DMMFX STANDARD」、上級者向けの「DMMFX PLUS」があります。

「DMMFX STANDARD」は、シンプルなインターフェースが特徴的であるため、初心者の方でも簡単に使いこなすことができます。

新規注文時にワンクリックで「決済同時注文」ができる機能を搭載しており、利確や損切りを同時に発注することや値幅設定もしておけるため、初心者の方でも戦略的な取引を行うことができます。

「DMMFX PLUS」は、取引スタイルによって自由にカスタマイズができるため、トレードに慣れた上級者向きの取引ツールです。

レイアウトや自分用にカスタマイズしたチャートを最大5種類まで保存することができるため、自分仕様のチャートで快適にトレードをすることができます。

複数通貨の強弱を確認できる「比較チャート」も使えるため、複数通貨を取引する上級者にはピッタリの取引ツールです。

また、補助ツールとして、「プレミアチャート」や「取引通信簿」も提供しています。

「プレミアチャート」では、29種類のテクニカル指標を利用することができるため、テクニカル指標に困ることもありません。

「取引通信簿」では、自分のトレード結果をグラフや表などでわかりやすくビジュアル化してくれます。

損益の推移や売りや買いの比率などを確認することができるため、簡単に取引の振り返りを行うことも可能です。

DMM.com証券(DMM FX)の評判や注目ポイントは?初心者要注意のポイントとともに解説!
FX口座数国内第1位のDMM FXの人気の理由を徹底解説!取引ツールの使いやすさは?独自のポイントサービスって?初心者が知っておきたい要注意ポイントもチェック!

DMM FXの公式ページ

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券が提供するFX取引サービス、「FXネオ」。

トレーダーから非常に高い人気を誇り、FXの取引高が7年連続第1位(※1)となっています。

※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

GMOインターネット株式会社のグループ企業ということもあり、しっかりとした運営基盤を持っており、安心して取引を行うことができます。

取引ツールの完成度も高く、初心者以外にも中上級者の方からも信頼が厚いFX会社です。

早速、FXネオが扱っているチャートソフトを紹介しましょう。

「FXネオ」チャートソフト

FXの取引高が7年連続第1位というのは、言い換えれば多くのトレーダーが実際に取引をするのに使っているFX会社といえます。

つまり、アクティブユーザーが多いFX会社ということができ、トレーダーにとって使いやすい取引ツールということが分かります。

FXネオでは、注文方法に定評のある「はっちゅう君FXプラス」や、チャート分析に強い「プラチナチャートプラス」などがあります。

「はっちゅう君FXプラス」は、自社開発であるため、高い操作性とスピーディーな取引を行ことができます。

取引に必要な為替レートや保有ポジション、証拠金維持率など、すべて1つの画面に表示され、各パネルのレイアウトを自分好みにカスタマイズすることも可能です。

1クリック注文も対応しているため、タイミングを逃さずに取引を行うことができます。

「プラチナチャートプラス」は、38種類のテクニカル指標や最大16画面のチャートを表示することができる、チャート分析専用ツールです。

洗練されたデザインで、プライスボードやニュース、経済指標などを確認できるため、チャート分析に必要な情報を全て確認できます。

比較チャート機能では、最大4種類の通貨ペアを同時に確認できるため、複数通貨を扱う上級者の方でも最適な取引が可能。

これだけの高機能が無料で使えるGMOクリック証券「FXネオ」は、初心者から中上級者まですべてのFXトレーダーに必須といえます。

GMOクリック証券(FXネオ)の特徴や気になる点を総まとめ!
抜群に使いやすい取引ツールが人気のGMOクリック証券の特徴を徹底紹介!初心者でも使いやすい?気になる点は?要注意ポイントと対策も詳しく解説!

GMOクリック証券の公式ページ

YJFX!「外貨ex」

YJFX!は、ヤフーグループのFX会社であり、「外貨ex」というFXサービスを提供しています。

ヤフーといえば知らない人はいないくらいの知名度を誇るため、信頼性は抜群です。

その他にも、低スプレッド・高スワップポイントを提供しております。

さらに、1,000通貨からの取引にも対応しているため、少額から取引を始めることも可能です。

早速、「外貨ex」が扱っているチャートソフトを紹介します。

「外貨ex」チャートソフト

「外貨ex」では、チャート分析に特化した「Exチャート」や、高機能分析ツール「MT4チャート」を使うことができます。

「Exチャート」では、ボリンジャーバンドやGMMAなど全36種類の豊富なテクニカル指標を利用できます。

チャートも最大6画面表示をすることができるため、1画面で複数通貨ペアの値動きを確認することも可能。

「MT4チャート」は、発注はできませんが、多くの分析ツールが備わっています。

また、カスタマイズ性にも優れており、独自言語によるEAを用いて分析チャートをを作成できる非常に高機能なツールです。

YJFX!の評判や特徴は?メリット・デメリットを徹底分析!
ヤフーグループのYJFX!の特徴を徹底解説!知名度だけじゃない!ヤフーグループのFXサービスならではの魅力とは?初心者へのおすすめポイントとデメリットも詳しく解説!

YJFX!の公式ページ

トレイダーズ証券「みんなのFX」

トレイダーズ証券が提供するFX取引サービス「みんなのFX」。

スプレッドやスワップポイントともに業界トップクラスを誇り、最小取引単位が1,000通貨からとFX初心者がデビューするには最適です。

外為どっとコムやDMM.com証券などに比べると実績という面では劣っておりますが、2020年1月10日時点で口座数36万件を突破しているため、近年では非常に人気を伸ばしております。

早速、みんなのFXが扱っているチャートソフトについて紹介します。

「みんなのFX」チャートソフト

「みんなのFX」では、初心者向けの「Webトレーダー」や中上級者向けの「FXトレーダー」などの取引ツールを利用することができます。

「Webトレーダー」は、初心者向けのシンプルなデザインとなっており、文字やボタンが大きく表示され操作しやすいのが特徴的です。

トレードパネルや注文パネルなど、1画面にすべて集約されていおり迷わず操作をすることも可能。

「FXトレーダー」は、多数のテクニカル分析や描画ツールも豊富にあり、プロ並みの本格的なチャート分析をすることができます。

注文パネルやニュースなど、自分好みにレイアウトすることができるため、自分のやり方が決まっている中上級者には取引しやすい取引ツールです。

トレイダーズ証券「みんなのFX」の評判や特徴は?
スプレッド・スワップポイントともに好条件で人気上昇中のみんなのFXについて解説!少額から取引可能など初心者必見の注目ポイントを総まとめ&口座開設前にチェックしたい要注意ポイントもご紹介!

みんなのFXの公式ページ

FXおすすめチャートアプリ5選

FX取引は24時間行えますが、言い換えればチャンスがいつ来るかわからないとも言えます。

エントリータイミングを逃さないためにも、いつでもどこでも取引が行えるスマホアプリを利用することも大切です。

ここでは、上記で紹介したFX会社のスマホアプリを紹介します。

おすすめのFXチャートソフト 

  • 外為どっとコム「外貨ネクストネオ・スマートフォン版」
  • DMM.com証券「スマホアプリ DMM FX」
  • GMOクリック証券「GMOクリック FX」
  • YJFX!「Cymo」
  • トレイダーズ証券・みんなのFX「FXトレーダーアプリ版」

外為どっとコム「外貨ネクストネオ・スマートフォン版」

外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」のスマートフォン版は、黒を基調としたシンプルな取引画面となっており、初心者の方でも迷わず使いやすい画面となっています。

取引画面・チャート画面ともに、常に大きいサイズのレートボタンが表示されタップしやすくなっているため、スムーズな取引が可能です。

また、チャートを表示しながら取引を行えるスピード注文画面では、横画面対応でより大きな画面で取引を行うこともできます。

チャート機能も充実しており、12種類のテクニカルチャートを搭載し、最大3つまでテクニカル指標を同時に表示させることも可能。

外出先で快適に取引を行いたいという方にはおすすめのスマホアプリです。

外為どっとコムの公式サイトへ

DMM.com証券「スマホアプリ DMM FX」

DMM.com証券のスマホアプリ「スマホアプリ DMM FX」は、洗練されたスタイリッシュなデザインでクールな仕上がりとなっています。

テーマカラーがダークとライトの2種類あるため、お好みのデザインを選ぶことも可能です。

チャート機能は、11種類のテクニカル指標を使え、最大2つ同時に表示することができます。

さらに、縦画面のみの機能ですが、4分割チャートにすることができることや、「売買比率」を確認することも可能。

複数通貨ペアを監視して取引を行う方には、おすすめのスマホアプリです。

DMM FXの公式ページ

GMOクリック証券「GMOクリック FX」

GMOクリック証券のスマホアプリ「GMOクリック FX」は、多彩な機能が多く組み込まれたも取引画面となります。

チャート機能は、12種類のテクニカル指標を使え、最大3つ同時に表示することが可能。

トレンドラインや描画機能も豊富にあり、パソコンど同等のチャート分析を行うこともできます。

最大4つのチャートを同時に表示できる分割チャートは、横画面にも対応しており、最大16個のチャートを保存しておくことができます。

スマホでもパソコンと同等の取引環境で取引を行いたい方には、おすすめのスマホアプリです。

GMOクリック証券の公式ページ

YJFX!「Cymo」

YJFX!のスマホアプリ「Cymo」は、総ダウンロード数40万件を突破した実績と人気を誇る取引ツールです。

パソコンにも引けを取らない充実した機能と、スピーディーな取引を行うことができます。

チャート機能は、11種類のテクニカル指標が利用でき、最大2つ同時にチャートに表示させることができます。

ライン描画機能も充実しており、トレンドラインや平行ラインはもちろん、「マグネットモード」というローソク足の安値や高値に自動で張り付く機能も搭載。

パソコンと同等のチャート分析を行って取引をしたいという方には、おすすめのスマホアプリです。

YJFX!の公式ページ

トレイダーズ証券・みんなのFX「FXトレーダーアプリ版」

トレイダーズ証券・みんなのFXのスマホアプリ「FXトレーダーアプリ版」は、シンプルなデザインが特徴的です。

取引画面には、情報が限定されており初心者の方でも迷わず操作することができます。

レート一覧や経済指標などの画面もシンプルです。

チャート機能は、8種類のテクニカル指標を揃えますが、同時に表示できるテクニカル指標は1つと少なめなのが若干の弱点とも言えます。

しかし、情報が限定されたシンプルな取引画面は、操作のやり方に慣れていない初心者の方には取引が行いやすくおすすめです。

みんなのFXの公式ページ

まとめ:FXチャート選びは大切

本記事の「FXチャートソフト・アプリの選び方」を理解し、FX会社を選べば自分にピッタリのFX会社を見つけることができます。

最後にもう一度、おすすめのチャートソフトを紹介します。

チャートの見やすさ・機能の豊富さ・情報力の多さをしっかりと確認したうえで、自分にピッタリのFX会社を選ぼうな!
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
タイトルとURLをコピーしました