fbpx

【漫画で学ぶFX】第8話 ロスカットを理解しよう!

漫画で学ぶFX

今回は取引を行う上でとっても大事な「ロスカット」について説明するよ ロスカットとはポジションの評価損、いわゆる「含み損」が一定のレベルに達したときに… さらなる損失の拡大を防ぐためにそのポジションを強制的に決済する仕組みのことなの たしかポジションの損益は決済注文を出すまでは確定してないんだよね ロスカットされると損失が確定するってこと? そういうこと! せっかく持ってたポジション強制決済されちゃうのか〜 これから挽回できるかもしれないのに残念だな 気持ちはわかるけどロスカットルールが設けられていないと預け入れた資金を全額失ったり… もっと悪い場合預けた資金以上の損失が出て不足金を支払うことにもなりかねないんだよ えーっ 大変だ!! それらのリスクを避けて最低限の資金が守られるための仕組みがロスカットなんだよ! ただし相場があまりにも急激に動いた場合は預けた資金以上の損失が発生する可能性もあるから注意が必要だよ ロスカットの執行基準は各社がそれぞれ定めていて 含み損が一定のレベル以上になるとメールなどで知らせてくれるマージンコールと呼ばれる仕組みがある会社もあるよ もしマージンコールがかかったらどうしたらいいの? そのままだとロスカットの可能性があるということだから… その場合は追加の資金を入金するかポジションの一部を決済するなどの対応が必要になるよ まずはロスカットにならないように気をつけるのが一番だね ロスカットを防ぐにはどうしたらいいんだろう? ロスカットは「保証金(証拠金)維持率」によって決まるからこの数字に注意が必要だよ 保証金維持率の計算式はポジションが多くなると複雑だけど通常 取引画面に表示されているからチェックしてみてね ロスカットされてしまうということは相場が不利な状況になっている中で預け入れた資金の大部分を使った取引…つまり高レバレッジでの取引をしてしまっているということなの ロスカットを防ぐためにはレバレッジが25倍ギリギリまで高くなるようなポジションを持たないことが大事だよ また損失が小さいうちに確定させる「損切り」の判断もうまく使ってね 保証金維持率に注意して無理に高レバレッジの取引をしないようポジション管理に気をつけていれば必要以上にロスカットを怖がることはないよ 利用する会社のロスカットルールをしっかり理解した上で無理せず余裕を持った取引を心がけてね

ロスカットとは

  • ロスカットとはポジションの評価損(含み損)が一定のレベルに達したときに、さらなる損失の拡大を防ぐためにそのポジションを強制的に決済する仕組み
  • ロスカットになりそうな場合は、追加の資金を入金するかポジションの一部を決済するなどの対応が必要になる
  • ロスカットを防ぐためには「保証金(証拠金)維持率」に注意が必要
  • 高レバレッジでの取引をしないこと、損失が小さいうちに確定させる「損切り」の判断をうまく使うことが重要

FX漫画 一覧へ

タイトルとURLをコピーしました