YJFX!の評判や特徴は?メリット・デメリットを徹底分析!

FX会社
記事中の情報や画像は、2020年1月30日時点のものです。最新情報や詳細については、公式サイト等でご確認ください。

YJFX!はヤフーグループのFX会社で、FX取引サービス「外貨ex」を提供しています。

天下のヤフーグループ企業とあって、知名度や信頼性は抜群です。

またそれだけでなく、スプレッドや取引ツールといった取引環境の面でも非常に条件が良く、1,000通貨からの取引に対応しているため少額からの取引も可能と、初心者へのおすすめポイントが揃ったFXデビューに最適な会社です。

本記事では、YJFX!の「外貨ex」の特徴について紹介します。

YJFX!のおすすめポイント

低スプレッド&高スワップポイント

YJFX!では、米ドル円0.2銭(原則固定、例外あり)など、業界最狭水準スプレッドとなっています。

さらにスワップポイントも高水準で中長期トレードにも適しており、取引条件の面では文句なしと言えます。

少額から取引が可能

YJFX!は最小取引単位が1,000通貨であるという点も、初心者にとっては大きなメリットです。

最小取引単位とは「この数量から取引が可能」という単位のことで、FX各社がそれぞれ定めています。

下記は主なFX会社の最小取引単位の一覧です。国内のFX会社の多くは最小取引単位を10,000通貨または1,000通貨としています。

FX会社 最小取引単位
YJFX! 1,000通貨
DMM.com証券 10,000通貨
GMOクリック証券 10,000通貨

2大人気FX会社であるDMM.com証券やGMOクリック証券でも最小取引単位は10,000通貨となっていますが、初心者は最小取引単位が1,000通貨の会社で取引を始めるのがおすすめです。

なぜなら、最小取引単位が10,000通貨の会社に比べて1,000通貨の会社では、取引に必要となる最低資金が10分の1で済むからです。

例えば1米ドル=100円の場合、最小取引単位が10,000通貨の会社で米ドル/円を取引するためには最低4万円が必要(※1)ですが、1,000通貨の会社では4,000円から取引できます。

※1:国内のFX会社では法律により、個人の場合のレバレッジは最高で25倍となっているため、10,000 × 100 ÷ 25 = 40,000 となります。

YJFX!の最小取引単位は1,000通貨となっているため、最初はなるべく少額から取引を始めたいという初心者におすすめです。

トレードツール「Cymo(サイモ)」が使いやすい

YJFX!では各種デバイスに対応した取引ツール「Cymo(サイモ)」を提供しており、その使いやすさは業界でも抜群と高く評価されています。特にスマートフォンアプリはカスタマイズ性の高さとスムーズな操作性で好評を博しており、40万ダウンロードを突破しています。

スマホアプリ版「Cymo」では、iPhone版/Android版ともにチャートを見ながらスピーディーな注文が可能。

また通貨ごとの全決済を行える「ワンタッチ全決済」機能もあり、公式サイトでは「スピーディーにスキャルピングを行う事も可能」とされています。

ちなみに、スキャルピングとは数秒から数分といった超短期売買を何度も行って小さな利幅を積み上げるトレード手法のことです。

スキャルピングはFXの代表的なトレードスタイルの一つですが、システムに負担をかけるおそれがあるといった理由から、このようなトレードを禁止としているFX会社も多くなっています。

ところがYJFX!では、大々的に打ち出してはいないためあまり知られていませんが、事実上スキャルピングを認めていることになります。短期売買を行いたい人にとっては、スキャルピングができるという点もYJFX!の見逃せないメリットの一つです。

そのほか、スマホアプリ版「Cymo」には初心者にやさしい様々な機能があります。

例えば、様々な複合注文を直感的に発注できるようになっています。複合注文にはOCO注文、IFD注文、IFO注文などがありますが、初心者にとってそれぞれの名称と意味を覚えるのはなかなか大変なものです。

「Cymo」では初心者でも直感的にこれらの注文を出せるように、注文名を意識しなくても新規注文の指値/逆指値、決済注文の指値/逆指値の組み合わせによって全ての複合注文の発注ができるようになっています。

チャートも高機能ながらシンプルでわかりやすい画面になっており、テクニカル分析のための指標は基本的なものから熟練トレーダー向けの本格的なものまで幅広くカバーされていて、初心者から上級者まであらゆるレベルのトレーダーが愛用しています。

さらにYJFX!では、ユーザーからの要望に応えてツールのアップデートを頻繁に行っています。公式サイトに対応済みの項目だけでなく「検討中」の項目も記載されている点からも、ユーザーの声にできる限り応えようとしている姿勢が感じられます。

このように徹底したトレーダー目線、そして初心者にやさしいことを重視していることが、スマホアプリ40万ダウンロード突破という快挙につながっているのでしょう。

またiPhone版/Android版のスマホアプリのほかにも、YJFX!では非常に豊富な取引ツールのラインナップを揃えています。

  • Windows、Mac両対応のPC用取引アプリ「Cymo NEXT」
  • スペックの低いノートパソコン等でも活用できるWindowsPC用デスクトップガジェット「Desktop Cymo」
  • iPad専用の「iPad Cymo」
  • Androidタブレット専用の「Tablet Cymo」

iPad用の取引ツールを提供しているFX会社はいくつかありますが、iPad以外のタブレットでも使える専用ツールを提供する会社はそうありません。また、PCツールがWindowsだけでなくMacにも対応しているのも、一部の会社のみです。

あらゆるデバイスに対応した業界トップクラスの豊富なツールを取り揃えている点からも、YJFX!は非常にユーザー思いの会社だと言えます。

安心と信頼のヤフーグループのFX!

YJFX!は正式名称をワイジェイFX株式会社といい、ヤフー株式会社の100%子会社です。

日本を代表する一大グループの企業とあって抜群の資金力や知名度・信頼性があり、FX初心者にとって安心と信頼のヤフーグループでFXを始められるというのは大きな魅力です。

FXをこれから始めようと思って色々調べている初心者の中には、他のFX会社はこれまで知らなかったけれど、ヤフーグループなら知っている!という方も多いのではないでしょうか。

YJFX!は単に知名度が高くて安心感があるというだけでなく、実際に会社の財務状況も非常に良いことが示されています。FX会社の財務状況は、各社の「自己資本規制比率」を見るとわかります。

「自己資本規制比率」とは会社の財務状況の健全性を測る指標で、日本国内のFX会社は120%以上を保つことが法律によって義務付けられています。

下記は国内の代表的なFX会社の自己資本規制比率です。

FX会社 自己資本規制比率
YJFX! 1390.9%
(2019年11月末時点)
外為どっとコム 1192.6%
(2019年6月末時点)
GMOクリック証券 405.7%
(2019年6月末時点)
DMM.com証券 531.9%
(2019年6月末時点)
トレイダーズ証券 353.3%
(2019年6月末時点)
ヒロセ通商 561.8%
(2019年6月末時点)
外為オンライン 851.2%
(2019年7月末時点)

法律で定められた最低ラインである120%をはるかに超えて、1000%を超える自己資本規制比率となっているのは現時点でYJFX!と外為どっとコムのみです。桁違いの自己資本規制比率を誇るこの2社は業界でも信頼性の高い会社として人気で、「安心・安全・誠実」を重視するトレーダーであればぜひ口座開設しておきたい会社です。

またYJFX!ではFX取引「外貨ex」のほかにバイナリーオプション取引の「オプトレ!」や投資信託のサービスも提供しているため、FX以外の投資にも興味が出てきた場合も、安心できる大手グループの会社で様々な投資に挑戦できるのもメリットです。

外部調査で三つ星獲得の充実したサポート

YJFX!がトレーダー思いの会社であることは取引ツールの項目で説明した通りですが、トレーダーの疑問やトラブルを解決するサポートの体制も非常に充実しています。

YJFX!では24時間体制で電話でのサポートを行っており、夜間に取引を行っていて困りごとやトラブルがあった場合でも、すぐに相談することができます。日中に時間がとれないサラリーマントレーダーには非常にありがたいサービスです。

この手厚いサポート体制が評価され、2018年HDI格付けベンチマークでは「問合せ窓口(電話)」において最高評価の「三つ星」を獲得しています。

この格付けでYJFX!の電話サポートは、

  • 「保留にされることなくスムーズな対応」
  • 「音声選択なくすぐに担当者につながり、時間的な長さを感じさせず、何度もやり取りすることなく解決できる」
  • 「なんでも聞いてくださいという前向きな雰囲気があり頼もしい」
  • 「必要に応じて補足説明や代替案の提示もあり、こちらの疑問や困りごとに対して、終始協力的」

などと、非常に高く評価されています。

サポートへの問い合わせで長時間待たされたり満足のいく対応を受けられなかったりした経験を持つ方も多いかもしれませんが、YJFX!の三つ星を獲得した電話サポートなら安心して利用することができます。

取引でPayPayまたは現金がもらえる!

YJFX!では、取引量に応じてPayPayまたは現金がもらえます

Yahoo! JAPAN IDとの連携設定を行えば、取引量に応じてPayPayまたは現金のいずれかを特典として受け取ることができ、どちらの特典付与とするかはトレーダーが好きな方を選択することができます。

さらに直近4週間の新規約定数量に応じて各トレーダーの「ランク」が判定され、ランクに応じて特典の付与率がアップします。

毎月最大80万円!YJFX!での取引でPayPayか現金がもらえるサービスがスタート!
YJFX!での取引でPayPayか現金がもらえるサービスがスタート!毎月最大80万円分もらえる特典の受け取り方を詳しく紹介!

またYJFX!では各種キャンペーンを実施する際に、Yahoo! JAPAN IDとの連携設定を行っていれば応募口数が増えるなど、連携設定済みのユーザーを対象にお得な特典を用意しています。

連携設定はIDとパスワードを入力するだけで簡単に行えるので、Yahoo! JAPAN IDを持っている人は口座を開設したらぜひ連携しておきましょう。

YJFX!の要注意ポイント

取引ツールの使いやすさや運営会社の信頼性などから高い人気を誇り、ユーザーの満足度も非常に高いYJFX!ですが、注意すべきポイントもあります。一つずつ見ていきましょう。

高金利通貨の取り扱いが少ない

YJFX!では高金利通貨の代名詞であるトルコリラやメキシコペソの取り扱いがありません。そのため、スワップポイント収益狙いで高金利通貨のトレードを行いたいというトレーダーには向きません。

YJFX!の使いやすいツールで高金利通貨の取引が行えないのは残念ですが、初心者の場合は難易度の高い高金利通貨よりも米ドル/円やユーロ/円といった人気の通貨ペアから取引を始めるのが定石なので、それほど大きなデメリットではないかもしれません。

それでも高金利通貨の取引を行いたいという場合は、同じく会社の信頼性・財務健全性が高く高金利通貨を豊富に取り扱う外為どっとコムの口座を同時に開設しておくのがおすすめです。

前述のように外為どっとコムはYJFX!と並んで非常に高い自己資本規制比率を誇る会社で安全性が高く、最小取引単位も1,000通貨で少額から取引が可能です。外為どっとコムではトルコリラ/円やメキシコペソ/円も取引することができ、これまでに高金利通貨の取引でキャッシュバックが受けられるキャンペーンを実施していたり特設ページを用意するなど、高金利通貨の取り扱いに力を入れている会社として知られています。

情報量が少ない

YJFX!は、取引するうえで参考になるニュースの配信や専門家によるレポートなどといったマーケット情報の点ではあまり充実しているとは言えません。

この点を補うためにおすすめなのも外為どっとコムになります。

外為どっとコムの情報量は業界トップクラスと言われており、ニュース配信数やレポートの数が非常に多く中身も充実しています。さらに2019年1月にはマーケット情報に特化したオウンドメディア「外為情報ナビ」もリリースされており、マーケット情報から統計データや取引データまで、取引するうえで役立つ情報が凝縮されたトレーダー必見の内容となっています。

情報量を補いたい場合は、抜群の情報力を持つ外為どっとコムで口座を開設しておけば安心でしょう。

YJFX!はこんな人におすすめ

少額から取引できて取引ツールの評判が良く、会社の信頼性や非常に手厚いサポート体制も高く評価されているYJFX!は、次のような人におすすめです。

  • しっかりとした財務基盤や信頼性を持つ会社で安心して取引したい人
  • サポートが手厚く少額から取引できる初心者に最適な会社でFXを始めたい人
  • とにかく使いやすく高機能な取引ツールで取引したい人
  • どうせ取引するなら付加サービスのある会社でお得に取引したい人

最大27,000円キャッシュバック実施中!

現在YJFX!では、口座開設と取引で最大27,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施しています。

YJFX!の新規口座開設と取引で最大27,000円キャッシュバック実施中!
YJFX!の新規口座開設と取引で最大27,000円キャッシュバック実施中!キャッシュバックを受け取る流れを詳しく解説!

お得なこの機会にYJFX!で口座開設し、40万ダウンロード突破の大人気の取引ツールで快適なトレードを体験してみてはいかがでしょうか。

YJFX!の公式ページ

タイトルとURLをコピーしました