FXチャートの見方!初心者が絶対に抑えておきたい2つの基礎知識

FXチャート
湊

FXチャートの見方ってどうすればいいの?

明日香
明日香

 FX初心者にもできるおすすめのチャート分析って何かしら?

さくら
さくら

チャート分析は、FX取引で成功するためには絶対に欠かせないものよ!
じゃあ今日は、FX初心者の方向けに、FXチャートの見方や分析方法などについて詳しく紹介するわ!

具体的には、

  • FXチャートの見方を知らなければいけない理由
  • FXチャートの見方
  • FXチャート見る際に抑えておきたい基礎知識
  • FXチャートのおすすめの分析方法
  • FXチャートを開いたらまずやるべきこと
  • FXチャートの見方を覚えたらやるべきこと

という流れで詳しく紹介します。

FXチャートを開いたらまずやるべきことや覚えた後にやるべきことも紹介しているため、本記事を読めばFXのチャートに関することを詳しく知ることができます。

是非、参考にしてください。

FX初心者がチャートの見方を知らないといけない理由

FX取引では、チャートの見方を制する者がトレードを制するといっても過言ではありません。

なぜならば、過去の値動きを分析できるようになれば、未来の値動きを予測できるようになるから。

FXチャートは、FX各社によって表示されている期間が異なりますが、過去から現在までの為替レートが記録されています。

過去チャートを分析することにより、過去にどんなパターンが出たらどう動いたのか?やどんなパターンが出たら危険なのか?などの情報を事前に予測することができます。

例えば、「ここの価格まで来たら反発し上昇していくだろう」や「ここを抜けたら一気にトレンドが発生するだろう」など。

チャートの見方を知っていれば、チャンスだけではなく危険な場所も発見でき、リスク管理がしっかりした正しい取引を行うことができます。

FXチャートの基本的な3つの見方

FXチャートの基本的な見方は、次の通りです。

  • ローソク足チャート
  • バーチャート
  • ラインチャート

それぞれ詳しく紹介します。

ローソク足チャート

ローソク足チャートは、その名の通り蝋燭(ろうそく)に似ている時間足が何本も連続して表示されるチャートです。

ロウソク足一本にたくさんの情報が詰め込まれており、一本で始値・終値・安値・高値のすべてを知ることができます。

始値よりも終値のほうが高ければ「陽線」、始値よりも終値のほうが低ければ「陰線」と表します。

また、チャートの期間の違いによって様々な種類があります。

例えば、1本のローソク足で1日分の値動きを表した「日足(日足)」、1週間分を表した「週足(しゅうあし)」、1ヶ月分を表した「月足(つきあし)」など。

より短い期間で表示されていく「5分足」や「1分足」であれば短期取引、「日足」や「週足」であれば中長期取引というように、取引スタイルに併せていくとより効果を発揮します。

  • 始値:その日(週・月)の最初に提示されたレート
  • 終値:その日(週・月)の最後に提示されたレート
  • 安値:その日(週・月)の中で最も高い値段で提示されたレート
  • 高値:その日(週・月)の中で最も安い値段で提示されたレート

バーチャート

バーチャートは、始値・終値・安値・高値の四本値をバーで表示させたチャートのことです。

日本ではローソク足を使用している方が多いですが、欧米ではバーチャートも非常に多く使われています。

棒(バー)のみのチャートのため、ローソク足よりもシンプルなチャートであることが特徴的です。

ラインチャート

ラインチャートは、時間ごとの終値を繋げた線を表示させているチャートです。

始値・高値・安値がなく、線のみのシンプルなチャートとなっています。

窓開けや髭がないため、相場の流れを視覚的に判断しやすく、値動きに惑わされにくい特徴があります。

  • 窓開け:隣り合うローソク足の間に、ぽっかりと穴が開いてしまうこと
  • 髭:ローソク足の線部の部分

FX初心者がチャートを見る際に抑えておきたい2つの基礎知識

FX初心者がチャートを見る際の抑えておきたい基礎知識は、次の通りです。

  • チャートは大きな時間足から見ていく
  • 縦軸は為替レートを表し横軸は時間を表している

それぞれ詳しく紹介します。

チャートは長期足から見ていく

FXチャートの分析は、必ず長期足から行いましょう。

チャートは、5分足や日足、週足など様々であり、週足→日足→4時間足という長期足から短期足の流れで分析をしていきます。

長期足から分析することにより、大きな流れやトレンドを把握することができます。

短期足だけしか見なければ、木を見て森を見ずという状態に陥ってしまい、トレンドが出た際に大きな損失を出してしまう恐れがあるのです。

まずは、長期足から分析を行い、全体の流れやトレンドを確認するようにしましょう。

縦軸は為替レートを表し横軸は時間を表している

チャートの基本的な見方としては、縦軸は為替レートで横軸は時間を表しているということを覚えておきましょう。

以下の画像をご覧下さい。

右側の縦軸には、109.050などの数字があります。

縦軸では為替レートを表しており、現在の価格は109.055付近ということが分かります。続いて、横軸の画像をご覧ください。

チャート上では、左から右へ時間が進んでいきます。

左側に行けばより過去のチャートを見れ、右側に行けばより左記のチャートを見ることができます。

FX取引では、右側のチャートを予測し取引を行っていきます。

FX初心者におすすめの2つのチャート分析方法

FX初心者におすすめの最も基本的なチャート分析方法は、次の通りです。

  • トレンドライン(サポートライン・レジスタンスライン)
  • 移動平均線

それぞれ詳しく紹介します。

トレンドライン(サポートライン・レジスタンスライン)

トレンドラインは、サポートライン(下値支持線)とレジスタンスライン(上値支持線)の2種類があります。

サポートラインは、多くのトレーダーが意識しているポイントであり、反発が多くそれ以上為替レートが下がりづらくなっているポイントです。

一方レジスタンスラインは、サポートラインと同様多くのトレーダーが意識しており、為替レートがそれ以上上がりづらくなっているポイントです。

以下の画像をご覧ください。

チャートにサポートラインを引いてみました。

為替レートがサポートラインに何度も当たって、跳ね返されていることが分かります。

つまりサポートライン付近では、買い注文が多く入っていることがわかります。

このようにトレンドラインを引くことにより、どの価格帯で売りや買いが入りやすいのかを分析することができるのです。

移動平均線

移動平均線は、ある一定の価格の平均を線で結んだものです。

移動平均線を使用すれば、相場のトレンドを分析しやすくなります。

以下の画像をご覧ください。

為替レートが下落すれば、移動平均線も一緒に下落していることが分かります。

移動平均背が上向きであれば上昇が強く、下向きであれば下落が強いと分析することができるのです。

また、移動平均線から為替レートが大きく離れると、為替レートは移動平均線に戻ってくる傾向もあります。

移動平均線を表示させれば、視覚的にトレンドを分析することができ、様々なタイミングで売買することもできるのです。

FXチャートを開いたらまずやるべきこと

FXチャートを開いたらまずやるべきことは、次の通りです。

  • チャート上に図やラインを書いてみる
  • 過去チャートを分析したくさん練習する

それぞれ詳しく紹介します。

チャート上に図やラインを書いてみる

チャートを開いたら、まずは図やラインを書き相場の流れを分析する癖をつけましょう。

相場の流れは、主に3つあります。

  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • レンジ

チャートを開いたら、現在上昇トレンドなのか?レンジなのか?下降トレンドなのか?などを、図やラインを書いて分析しましょう。

図やラインを書かずに見ただけで分析しても、忘れてしまい何回も分析し直すという手間がかかります。

また、過去チャートを分析しなければ、今後の値動きも予測しづらくなるため、トレードの勝率も落ちてきてしまいます。

チャートを開いたら必ず、図やラインを用いてチャート分析を行いましょう。

過去チャートを分析したくさん練習する

チャートの見方を上達させるには、過去チャートで何度も練習を行いましょう。

利益を出したいからといって取引を行うと、失敗をする確率が高まります。

為替レートは、全く同じパターンがでることはありませんが、似たようなパターンなら出ることがあります。

「このパターンは見たことがある」というくらい、徹底して過去チャートを分析しましょう。

たくさんのパターンを知っていれば、それだけ勝つ確率も高まります。

過去チャートで分析の練習を行い、より多くのパターンを見つけましょう。

FXチャートの見方を覚えたらやるべき2つのこと

FXチャートの見方を覚えた後にやるべきことは、次の通りです。

  • エントリー根拠が正しいと判断すれば取引を行う
  • エントリー前には損切りと利確を決めておく

それぞれ詳しく紹介します。

エントリー根拠が正しいと判断すれば取引を行う

チャートの見方に自信がついてきたのであれば、エントリーポイントを厳選し取引を行いましょう。

チャート分析を行いトレンドの流れを把握しても、適当なところでエントリーをしていては勝てるようになりません。

上記でも紹介したトレンドラインや移動平均線などのテクニカル分析を利用し、エントリーポイントを厳選しましょう。

ポジションを持つ際はストップ注文も必ず出す

エントリーをしポジションを持つ際は、必ずストップ注文(損切り)も同時に発注しておきましょう。

ストップ注文を出すことにより、損失を限定することができます。

例えば、100円で買い注文を発注した場合、99円に逆指値注文を発注することで損失拡大を防ぎます。

逆指値注文をいれておかなければレートは下がり続けさらに大きな損失を出していたかもしれません。

逆指値注文(ストップ注文)をいれておくことで損失を限定することができるのです。

証拠金を守りながら長くFXで勝ち続けたいのであれば、エントリー時に必ずストップ注文も同時に発注しましょう。

まとめ:FXチャートの見方を覚えることが成功への第一歩

本記事では、初心者の方向けにFXチャートの見方や分析方法などを詳しく紹介しました。

FX取引で勝ち続けるためには、チャートの見方は必ず覚えなければなりません。

チャートの見方を覚えることにより、未来の値動きを予測できリスク管理ができた正しい取引を行うことができます。

毎日チャート分析の練習をしていけば、より精度の高い分析が行えるようになるでしょう。

チャートを開いたら必ず分析をする癖をつけろよ!
スポーツの練習と同じように、コツコツと反復練習をすることでチャート分析のスキルが上がっていくからな!
【厳選】初心者におすすめのFX会社
FX初心者におすすめのFX会社をご紹介!FXを始めたいけど、どこの会社が良いの?初心者に最適なFX会社はどこ?そんなFXの初心者の方の不安や疑問を解決します。これだけ見ればあなたにピッタリのFX会社がきっと見つかる!
タイトルとURLをコピーしました