【2019年最新版】FX会社を会社情報で比較

会社情報で比較 FX会社を比較
さくら
さくら

大切な資産を預ける会社が、信頼できる会社なのかも重要よ。
スペックやキャンペーンだけではなく、会社の規模も考慮してFX会社を選択しましょう。

明日香
明日香

お金は信頼できる会社に預けないといけませんね。

湊

確かにそうですね。キャンペーンしか見てなかった。

FX会社の信頼性を図る指標

口座数

口座数が多いということは、それだけトレーダーから人気が高いということです。

FXの口座数が国内第1位(※1)となっている会社はDMM.com証券となり70万件を突破しています。これは、国内のFX業界で初となる快挙です。
※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

資本金

資本金は会社の規模や体力を表しており、事業を円滑に進めるために株主から出資を受けた額になります。

自己資本規制比率

自己資本規制比率とは会社の財務状況の健全性を測る指標で、国内のFX会社は120%以上を維持しなければならず、四半期ごとにその値を公表することが義務付けられています。

自己資本規制比率は次のような計算式によって算出されます。

自己資本規制比率 = 固定化されていない自己資本 ÷ リスク相当額 × 100

「固定化されていない自己資本」とは、自己資本から固定的な資産を控除した額です。
自己資本規制比率は、そのFX会社に各種リスクに対応できるだけの支払い能力があるかどうかを示すものであるとも言え、値が高いほどそのFX会社の財務状況は健全で、安全であると言えます。

FX会社の会社情報を比較

FX会社口座数資本金自己資本
規制比率
詳細
外為どっとコム498,028
2019年8月末時点
7億7,850万円
2019年8月末時点
1,192.6%公式
詳細
DMM証券734,636
2019年8月末時点
98億531.9%公式
詳細
GMOクリック証券630,812
2019年8月末時点
43億4,666万3,925405.7%公式
詳細
SBI FXトレード234,937
2018年3月末時点
9億6,000万円1563.7%公式
詳細
外為オンライン547,3253億879.5%公式
詳細
トレイダーズ証券361,679
2019年8月末時点
23億2,482.5
万円
353.3%公式
詳細
FXプライム195,620
2019年6月末時点
1億852.2%公式
詳細
FXブロードネット193,677
2018年12月末時点
3億391.6%公式
詳細
JFX176,7283億1,700万円813.1%公式
詳細
セントラル短資FX181,159
2019年6月末時点
13億1,965万円903.6%公式
詳細

学長がおすすめのFX会社

外為どっとコム

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
0.2
(原則固定)
無料 1千通貨
通貨ペア数 サポート体制 キャンペーン
30通貨 平日24時間 最大10.2万

Point11千通貨から取引が可能

1,000通貨単位で取引ができるということは、最小取引単位が10,000通貨の場合と比べて少ない資金から取引を始めることができるため、まずは少額から始めたいというFXの初心者にはよりおすすめできる会社と言えます。

Point2情報量やサービスが豊富

「外為どっとコムといえば情報コンテンツ」と言ってもいいほど、外為どっとコムの情報量の豊富さは際立っています。

外為どっとコムは以前より情報コンテンツの発信に力を入れていましたが、2019年1月にマーケット情報に特化したオウンドメディア「外為情報ナビ」をリリースし、トレーダーはさらに便利にFX関連の情報にアクセスできるようになりました。

「外為情報ナビ」は、為替レートやチャートはもちろん、マーケットの重要ニュースや経済指標、統計データや取引データまで、取引するうえで欠かせない情報が凝縮されたトレーダー必見のサイトとなっています。

特に、外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」で取引するトレーダーがどのような取引を行っているかを確認できる「取引データ」の項目は非常に有用で一見の価値ありです。

Point3業界最狭水準のスプレッド

外為どっとコムでは米ドル円のほかにも、ユーロ円やポンド円など人気の通貨ペアを業界最狭水準のスプレッドで取引することができます。

そのほか、入門コンテンツやオンラインセミナーなどが充実しており、FXを基礎から学びながら少額で取引を始められるため、初心者のFXデビューにも最適です。

さくら
さくら
業界最大手であり、FX初心者に最適な会社と言えるわ。
スプレッドも狭く、情報コンテンツも豊富でオススメよ。

DMM.com証券

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
0.2
(原則固定)
無料 1万通貨
通貨ペア数 サポート体制 キャンペーン
20通貨 平日24時間 最大2.4万

Point1FX口座数国内第1位

DMM.com証券はFX口座数が70万口座を突破し、国内第1位となっている会社です。
※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)

同社のFX取引サービス「DMM FX」では、業界最狭水準のスプレッドで低コストで取引できるのはもちろんのこと、FX取引でポイントがたまり、たまったポイントの現金化もできる「取引応援ポイントサービス」でお得に取引できる点が特徴です。

Point2洗練された取引ツール

取引ツールの洗練されたデザインと高い操作性や、PC版にスマホ版、取引をサポートする補助ツールまで、豊富に用意されている点も人気のポイントです。

さらに取引結果をグラフなどでわかりやすく表示してくれる「取引通信簿」の機能も非常に便利で、損益の推移や自分の取引の傾向などが一目でチェックでき、初心者の取引を強力にサポートしてくれます。

Point3業界最狭水準のスプレッド

DMM FXのスプレッドは業界最狭水準となっています。
2019年10月にFX各社が一斉にドル円のスプレッドを0.2銭に狭小化を図りましたが、DMM FXも追随して0.2銭で提供しています。

さくら
さくら
スプレッドも狭く「取引通信簿」はとても役立つ機能と言えるわ。
FX取引でポイントが貯まるのも嬉しいわね。

GMOクリック証券

スプレッド(ドル円) 手数料 取引単位
0.2
(原則固定)
無料 1万通貨
通貨ペア数 サポート体制 キャンペーン
20通貨 平日24時間 最大3.4万

Point1FX年間取引高7年連続世界1位

GMOクリック証券はFXの取引高で7年連続世界第1位(※1)を達成したFX会社です。
同社のFX取引サービス「FXネオ」では、業界最狭水準のスプレッドで低コストで取引ができるほか、スワップポイントも高水準で高金利通貨の取引にもおすすめです。
※1:ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

Point2評価の高い取引ツール

特に人気なのが抜群に使いやすい取引ツールで、GMOグループならではの高い開発力が活かされた高機能な取引ツールで快適かつスピーディーに取引を行うことができます。特に2018年にチャート機能を強化して新たにリリースされたスマホアプリは非常に完成度が高く、一度は使ってみてほしいアプリです。
また、GMOクリック証券はGMOインターネット株式会社のグループ企業であり、運営する会社にしっかりとした信頼性や資金力があることも大きな強みです。

Point3業界最狭水準のスプレッド

スプレッドは業界最狭水準となっています。
2019年10月にFX各社が一斉にドル円のスプレッドを0.2銭に狭小化を図りましたが、GMOクリック証券も追随して0.2銭で提供しています。

さくら
さくら
取引ツールの使いやすさは文句なし。
トレーダーに最も支持されているFX会社と言っても良いでしょう。
タイトルとURLをコピーしました